ライブ配信のチケット購入から視聴まで楽しめる「FANYオンラインチケット」で、2021年上半期の「販売枚数ランキング」と「公演終了後にバズったランキング」が発表になりました。まさに、いま勢いのある公演のバロメータともいえるこのランキング。そこで今回は、上位のマヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)とすゑひろがりず(南條庄助、三島達矢)を緊急招集し、自ら“バズった理由”を分析してもらいました!

吉本興業が8月に発表した2021年上半期(1月1日~6月30日実施公演)の「FANYオンラインチケット」の総販売枚数は603,961枚。2020年下半期から約4割増となり、オンラインイベント視聴の需要の高まりを如実に表しました。さらに、その60万枚のうち36%がライブ配信後に購入されたもので、公演が終わった後の評判がSNSで拡散され、チケットの販売枚数をさらに伸ばすケースが増えています。

ネットがあってよかった…

――今年の元旦に配信された無観客ライブ『マヂカルラブリーno寄席』が、FANYオンラインチケットで17,555枚を売り上げて「販売枚数ランキング」で2位、「公演終了後にバズったランキング」で1位を記録しました。おふたりは結果を見て率直にどう思いましたか?

野田 FANYオンラインチケットがボロ儲けしたな、っていう。

――(笑)

村上 『マヂカルラブリーno寄席』をやったころはまだ、何枚売れたらすごいとかよくわかっていなかったんですけど、改めてランキングを見ると、17,555枚で2位ってすごかったんだなって思います。

【販売枚数ランキング】

――すゑひろがりずさんは、公演終了後にバズったランキングに、配信ライブ『Re:すゑ同期芸人会』や配信トークライブ『幕張末話(まくはりすゑばなし)』など5公演がランクインしています。

三島 ありがたいですねー。マヂラブさんとすゑひろがりずが、むっちゃ多いんですね。みなさん調べて買ってくださって……ネットがあってよかったなって思います。

南條 このおかげで収入が激増しましたので、営業がないぶん、配信で生活を助けていただいています(笑)。

【公演終了後にバズったランキング】


――東京・よしもと幕張イオンモール劇場での公演が、公演終了後にバズったランキングに5つもランクインしているんですね。

南條 劇場によって配信が伸びる・伸びないの差があるのかなって思います。出る人もそうですけど、劇場側の仕掛けも大事なんかなと思います。

――出演者としても、公演の告知などは意識していますか? SNSなどで心がけたことがあれば教えてください。

村上 (告知しすぎると)「コイツ、カネのことばっかり考えてるわ」って見えそうで(笑)、自分からはあまり「買ってね!」とは言わないようにしています。とくに、幕張の公演ではSNS用の告知動画を撮るので、そこで「今回のはヤバいです」「とんでもないことが起きました!」とか、あおったりはしていますね。

南條 そういうの絶対言うよな(笑)。

村上 そんなことは起きていないんですけどね(笑)。「面白かった」というよりも「何かが起きた」っていう感じにしています。面白いのは当然なんで、もうひと要素という感じで。

野田 『マヂカルラブリーno寄席』(の売れ方)までいくと、僕らの手から離れているので、何を告知しようが別に変わらなかったですね。Twitterでどんどん広まってくれた感じなので、SNSがあってよかったなと思います。SNSがなかったらこうはなっていないので。

――お客さんの口コミの影響力が大きいんですね。

村上 自分たちが言うより説得力がありますから。

野田 面白かったライブのあと、SNSでどれだけ告知しても、バズるライブってこちらが意図していないものだったりするんですよ。いくら俺らが「見てください」と言っても、「じゃあ、買います」とはならない。バズるってことは、本当に面白かったんだなって改めて思います。

――すゑひろがりずさんも、告知で気をつけていることはありますか?

三島 逆に、幕張のSNS告知動画で失敗することも多々あって(笑)。スベっている感じになることもあるので気をつけたいですね。

村上 見ている人が「この公演つまらなさそ~」と思うというかね。

三島 だらだら長いだけとか(笑)。あれで効果出てるんかな?

南條 幕張のSNSの使い方がうまいなって思うのは、ライブ中に起こった最大瞬間風速の笑いを動画で切り取って、Instagramに上げているんですよ。それを見ると、めちゃくちゃ面白そうって思うので、迷っている人はチケット買うやろなって思います。

バズったのは南條の子どものおかげ?

――『マヂカルラブリーno寄席』は、無人の客席に出演者たちが座って、ネタをやる芸人にヤジを飛ばすやりとりが話題となりました。チケットが売れた理由について、自分たちでどう分析していますか?

村上 こちらから「ガヤ入れてください」とは言っていないんですよ。スベっている空気を感じたみんなが、勝手に助けようとしてできあがったものだと思います(笑)。(売れたのは)単純に珍しかったからじゃないですかね。それがあまりライブを見たことない層まで、「ヤバかったよ」って口コミで広がったんじゃないかなって。

野田 メンバーがよかったのが、いちばんデカかったと思います。最近はあまり一緒にやれていないですけど、むかしはよく一緒にライブをやっていた芸人たちだったので、スーパー内輪になった感じです。(当日の出演者はマヂカルラブリー、モダンタイムス、永野、ザ・ギース、脳みそ夫、ランジャタイ)

――その内輪な感じが、お客さんにもハマったということですかね。

野田 そうですね。内輪がいちばん面白いですから。

――すゑひろがりずさんの出演公演がバズった理由は、何だと思いますか?

三島 なんでしょうね……。

南條 4位の『幕張末話(まくはりすゑばなし)』は、オレの子どもが生まれるって発表したからちゃう? 告知動画で(含みを持たせつつ)「発表まで内緒にしてくださいね」って言ったので、その内容を知りたい方が買ってくださったんかなと思います。双子の女の子やったんで、(双子漫才師の)ゲストのDr.ハインリッヒ(山内幸、山内彩)さんに報告させていただきました。

――誕生の発表前に、ライブを観た人のみに報告したんですね。

三島 (ランキングを見ながら)『Re:すゑ同期芸人会』なんて、泣いていただけですからね。これが2位なんですか!?

南條 『幕張末話』の4日後なんですけど、僕に子どもが生まれたからって、急遽、企画が変わったんですよ。配信チケットを買っているお客さんにも企画内容を隠して。(出演者の)みんなが僕に手紙を読むという企画だったんですが、その衝撃や仕掛けによってバズったんだと思います。内容も、お笑いを超越した、ただただオッサンが泣くだけの映像だったんで、話題性はあるのかなと(笑)。この2公演は、子どもが稼いだといっても過言ではないですね。

“思い出”のオンライン公演を語る

――ランクインした公演について、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

村上 バズったランキング10位の『大宮セブンツアー大阪公演中止緊急企画!幻の大阪公演をみんなで語ろう~そして福岡へ、そして、、、、~』は、大阪のNGK(なんばグランド花月)でやった配信公演なんですけど、ジェラードン・アタック西本の“大阪をナメきっている感じ”がめちゃくちゃ面白かったんですよね。これは、人生でもトップいくつに入るくらい笑いました。

三島 オレも、めちゃめちゃ笑いました。

村上 関東の芸人が、吉本でいちばん格式が高い劇場に行って「ほんまうれしいわ~」「めっちゃオモロいや~ん」とか言うんですよ。あまり勉強もせずに、新喜劇のギャグをマネするとか……むちゃくちゃ面白かったです。

野田 『マヂカルラブリーno寄席』では、すごくヤジが飛んだランジャタイ(伊藤幸司、国崎和也)のあとのザ・ギース(高佐一慈、尾関高文)さんが、舞台袖でやりづらそうにしていたらしいんですよ。しかも、ザ・ギースさんはちゃんとしたコントなので、僕らもあんまり言うことがない。だから、ヤジが飛ばしづらい空気になって。

南條 (笑)

野田 そのコントは、尾関さんの「負けたよ」という台詞で笑いを生むコントだったんで、みんなで「お前、どうせ『負けたよ』って言うんだろ?」ってヤジを飛ばしていたんですけど、たぶん「負けたよ」じゃない台詞の場面だったっぽくて……。それでもヤジを飛ばされちゃっているから、尾関さんが急遽、「負けたよ」に変えたっていう(笑)。めちゃくちゃ面白かったですね。高佐さんに関しては、本当にイライラしていたと思います(笑)。

村上 「ちゃんとネタをやりたかった」って怒っていたらしいね(笑)。

――すゑひろがりずさんは、いかがですか?

南條 同期のみんなが僕に手紙を読んでくれた『Re:すゑ同期芸人会』のチケットの売れ行きが好調だったんで、タモンズの安部(浩章)ちゃんは、その後のライブでも「今日は手紙を読まんでいいんか?」って、スキがあったら手紙を読もうとするフシがあります。それくらい恩恵があったみたいで、「涙一粒1万円」という名言も生まれました(笑)。

三島 『幕張末話』で、子どもが生まれる話を南條がしたんですけど、正式な発表は3日後だったんですよ。それまで皆さんには「黙っておいてくださいね」ってお願いはしたんですけど、じつは漏れるんじゃないかって思っていたんです。でも、みなさんの協力でまったく漏れなくて……。改めて、いいお客さんが買ってくれているんだなって思いました。

――自身でオンラインチケットを利用したことがあれば、おすすめの購入方法を教えてください。

南條 シソンヌ(じろう、長谷川忍)の単独ライブとか、オンラインチケットはちょこちょこ買ってますよ。見た人の熱量ってわかりやすくSNSに出るので、それを参考にすれば確かやと思います。安いのは1,000円を切るライブもあるので、時間や余裕があるなら買ってみてもいいと思います。

――マヂラブさんは、テレビ東京で放送していた冠番組『マヂカルクリエーター』発のイベント『マヂカルクリエイターズ オズワルドにこれ以上売れてほしくないよ~!』が9月12日(日)に生配信されますね。

村上 配信だからっていうのは思っていなくて。ふつうに番組でやっていたことを面白おかしくできればなと思います。

野田 『マヂカルクリエイターズ』でやっていたことを、配信でも変わらずやっていきます!

マヂカルラブリー公演概要

『マヂカルクリエイターズ オズワルドにこれ以上売れてほしくないよ~!』

配信日時:9月12日(日) 配信開始20:00 配信終了21:30
※見逃し視聴は9月19日(日)23:59まで(チケット販売は同日12:00まで)
出演者:マヂカルラブリー、オズワルド、ママタルト、ダイヤモンド、真空ジェシカ 他
チケット:配信1,600円(税込)

FANYオンラインチケットはこちらから。

すゑひろがりず関連グッズ概要

単独DVD『すゑひろがりずの結成拾周年全国行脚~諸国漫遊記~』
<初回生産限定版>
価格:8,888円(税込)
内容:本編+豪華BOX仕様 オリジナル鼓型ショルダーバッグ付き+さらに応募者全員に特典映像DVDプレゼント
特典映像:
1「マネージャーが密着撮影!赤裸々すゑひろがりず(全国編)」
2「東京公演反省会IN観世能楽堂」
3「結成十周年記念 すゑひろがりずの歩み」
<通常版>
価格:4,180円(税込)
内容:本編+特典映像
特典映像:「マネージャーが密着撮影!赤裸々すゑひろがりず(大阪編)」
詳細はこちらから。

デビュー・デジタルシングル『雅ーMIYABI-』
各ダウンロード配信サービス、聴き放題配信サービスで視聴可能
詳細はこちらから。

書籍『すゑひろがりずのをかしな和風会話』(ヨシモトブックス)も9月15日(水)に発売


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」