9月22日(水)に発売されるFUNKY MONKEY BΛBY’S再始動後初のニューシングル『エール』の顔ジャケットに千鳥・大悟が決定したというニュースが届きました。

MVにも千鳥・大悟の出演決定!

2013年6月東京ドームの舞台を最後に惜しまれつつ解散。今年3月11日の音楽特番でDJケミカルを含めたフルメンバーで一夜限りの復活を遂げ、その人気の高さを改めて証明。そして先日、ファンキー加藤、モン吉の2人で活動を再開、10月1日(金)に日本武道館にて初のワンマンライブ『WE ARE FUNKY MONKEY BΛBY’S in 日本武道館 -2021-』の開催を発表したFUNKY MONKEY BΛBY’S。

そんな彼らが9月22日(水)に、再始動後初のニューシングル『エール』を発売します。表題曲となる『エール』は、“ 頑張れ ” の言葉を伝えにくい今の世の中に、ど直球のタイトルから溢れる渾身の “ 応援歌 ”に仕上がっています。

そして、そのまんま東、戸田恵梨香、田中将大、羽鳥慎一、明石家さんまなど、お笑い芸人、女優、アナウンサー、スポーツ選手と、各界の様々な著名人を起用し、ファンモンの代名詞ともなっている<顔ジャケ>シリーズ。今回、再始動 第一弾の<顔ジャケ>は、千鳥・大悟に決定しました。

FUNKY MONKEY BΛBY’Sは、「ファンモン再始動にあたっての顔ジャケット写真を誰にお願いしようかというミーティング。趣味も好みもてんでばらばらの2人が(なんならスタッフさんも込みで)満場一致の千鳥・大悟さんでした」と話し、続けて「新曲『エール』のメッセージでもある「日々苦しくとも生きる」を体現してくださったとても素晴らしいジャケ写となりました。心から感謝してます」と御礼のコメントも残しています。

なお、「エール」のミュージックビデオにも千鳥・大悟が出演することも決定しており、どのようなMVになるのか、乞うご期待!

千鳥・大悟とFUNKY MONKEY BΛBY’Sからコメントが届いています。

千鳥・大悟から皆さんへ


大丈夫なんかな? わしみたいので。今までの人は凄い方たちで、僕の前が(明石家)さんまさんですから……。大丈夫なのか? いいの?って思ってます。

FUNKY MONKEY BΛBY’Sから皆さんへ

新たなファンモンとして再始動した一発目のシングル。そのテーマについて、かなり悩みました。
解散から8年。日々音楽シーンは先鋭化されています。各サブスクのチャートから暑苦しい応援ソングは聞こえず、ましてや「がんばれ」なんて押しつけがましいメッセージは……
ファンモンだからこそ歌うべきと思いました。こういう時代だからこそ、夢のほうに響く歌を。
きっと自分たちにしか歌えない言葉がある。きっとその言葉を受け止めてくれる人がいる。そしてきっとプラスに変わっていく日々もある。
タイトルは『エール』。ド真ん中へのド直球です。退路を断つ思いで決めました。
あなたの中心で、心で受け止めてもらえると幸いです。

恒例の顔ジャケット写真とMVは趣味も好みもてんでばらばらの2人が(なんならスタッフさんも込みで)満場一致で千鳥・大悟さんでした。単純にファンだから、ということもありますが、この楽曲の泥臭いメッセージをしっかり体現してくれると思いました。
想像をはるかに超えていました。
本当に素晴らしかったです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

リリース情報

FUNKY MONKEY BΛBY’S ニューシングル
『エール』

発売日:9月22日(水)
収録楽曲
1.エール
2.今だってI LOVE YOU

【通常盤CD】
MUCD-5395
1,100円(税抜き価格1,000円)

CDショップ各店舗購入者特典あり
・タワーレコード各店
・HMV各店
・TSUTAYA RECORDS各店
・楽天ブックス
・Amazon.co.jp(メガジャケ:約24㎝×24㎝のジャケットシート:ジャケット表紙と同柄)

*特典内容等詳細決まり次第お知らせ

ライブ情報

WE ARE FUNKY MONKEY BΛBY’S in 日本武道館 -2021-

公演日時:10月1日 (金)開場17:00/開演18:00
会場:日本武道館
チケット:9,800円(税込)

プロフィール

FUNKY MONKEY BΛBY’S
東京八王子出身、「ファンキー加藤」「モン吉」の2人で再始動した2MCグループ。
前身のグループであるFUNKY MONKEY BABYSは「DJケミカル」を加えた2MC1DJの3人組グループで、’04年元旦に結成。
06年1月、CDジャケットに東国原英夫元宮崎県知事(当時そのまんま東氏)を起用したシングル『そのまんま東へ』でメジャーデビューし、07年1月リリースの『Lovin’ Life』の大ヒットを皮切りに『告白』『ヒーロー』『あとひとつ』など、数々のヒット曲を送り出し、アルバムではオリコンウィークリーランキング3作連続1位を獲得。
NHK「紅白歌合戦」に4年間連続出場。TBS「輝く!日本レコード大賞」にも3年連続出演し、作曲賞、優秀作品賞、優秀アルバム賞の各賞を獲得するなど、国民的大人気アーティストの仲間入りをするも、2013年6月人気絶頂の中、夢の舞台でもあった「東京ドーム」にて同グループを解散し、結成から約10年間の活動に幕を閉じた。60万件もの申し込みが殺到した解散ライブには2日間で超満員10万人の動員を記録した。
解散から約8年の時を経て、2021年3月11日TBS『音楽の日』にて1夜限りの3名フルメンバーでの再結成を果たす。
同月、ソロ活動と並行してファンキー加藤、モン吉の2人での”ファンキーモンキーベイビーズ”の活動を発表。
“FUNKY MONKEY BΛBY’S”と改名して再始動する。
9月22日にはニューシングル「エール」のリリースも決定し、 10月1日にはFUNKY MONKEY BΛBY’Sとして初のワンマンライブ「WE ARE FUNKY MONKEY BΛBY’S in 日本武道館 -2021-」の開催が決定している。

FUNKY MONKEY BΛBY’Sオフィシャルサイトはこちら
「FUNKY MONKEY BΛBY’S in 日本武道館 -2021-」特設サイトはこちら


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」