8月17日(火)に逝去された笑福亭仁鶴に対し、笑福亭仁智・六代 桂文枝・西川きよし・中田カウスより追悼のコメントが届きました。

笑福亭仁智

亡くなる2日前に、2時間色々なお話をしたばかりなので、びっくりしました。
上方落語の存在を全国に知らしめたパイオニアであり、功労者。弟子として少しでもその芸を継承し、功績を顕彰して行きたい。
まだまだ、相談したいことがあったので、悔しいです。今はゆっくり休んでいただきたいです。

六代 桂文枝

突然の急逝の報に接し大変驚いて、動転致しております。
私が学生の頃から親しくしていただき、吉本興業に入ってからも色々とご指導いただきました。
テレビ番組もたくさんご一緒させていただきました。
映画「男三匹やったるでぇ!」で共演をさせていただき、思い出はつきません。
全く突然の悲報で私自身心の整理もつきません。
心よりご冥福をお祈りするとともに、ご生前のご厚情に心より感謝致します。
どうか、どうか、安らかにお眠りくださいませ。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
いまはそれしか言葉が見つかりません。

西川きよし

ラジオでは機関銃のようにしゃべり、テレビでは爆笑に次ぐ爆笑。
そして劇場では天井がぬけるほどの笑いの波、
その後、やすしきよしが出るのです。
いつも相棒と仁鶴さんに追いつけ追い越せで頑張ってまいりましたが、
ついに追い越すことはできませんでした。
仁鶴さんの時からです。ヘリコプターやセスナ機で仕事をかけもちするようになったのは。
四角い仁鶴さんがまるくかわいい隆子姫(奥様)にもうすぐお会いできますね。
本当におつかれさまでございました。ごゆっくりお休みください。ご冥福をお祈り申し上げます。

中田カウス

1970年の大阪万博の現場では何度もご一緒しましたが、仁鶴師匠の回りにはいつも人だかりができ、万博よりも人気があったすごい人でした。
劇場の出番が終わると、深夜ラジオ番組やご自宅に伺ってはたくさんのことを学ばせていただきました。
夫婦そろってヨーロッパ旅行にご一緒させてもらうなど、若い頃から、本当にかわいがっていただきました。
今日まで、泣き言を言うことも、お酒で崩れることも一切みせたことがなく、「笑福亭仁鶴」という看板をずっと大事にされていたことと思います。
見事な仕舞い方だったと思います。本当にお疲れ様でした。