愛する6歳の息子のゆうしくんに、“突然〇〇したらどんな反応を見せるか?”を撮影し、SNS に投稿する「息子に突然シリーズ」が、子育てに奮闘する幅広い世代のお父さん・お母さんの間で話題のパパ芸人、ホープマンズ・森川やるしかねぇ。
このたび、チャイルドコーチングマイスター資格とプロフェッショナルベビーシッター資格を取得し、
ますます親友(おやとも)関係構築に向けてパワーアップしました!
一体どうやったらこんなに仲良し親子になれるの?と気になる読者のために、
チャイルドコーチングやベビーシッターの資格も活かしつつ、

①親友に近い関係性を築く(これこそが“親友(おやとも)”!)
②育てるではなく共に成長する
③子供に負けないくらい楽しむ

というポリシーを掲げる彼の、笑いあふれる日々を4コマ写真と共にお届けします!
 

子どもの話を聞く事が、子育ての全て

今回は、チャイルドコーチングで1番大切と言われる「子どもの話を最後まで聞くこと」を紹介します。

子どもが何か話してるときは、最後まで子どもの話を聞きます。

どんなときでも何があっても、途中で口を挟んではいけません!

そうすることによって子供は親が共感してくれてると思い、親子の信頼関係を深めることができるのです。
 

簡単そうで難しい「子どもの話を聞く」

チャイルドコーチングとは、子どもに「自分で考える力」「周りと協働できる力」「自分の問題を自分で解決できる力」など 「自立する力」を身につけさせるコーチングスキルです。

チャイルドコーチングとは、基本的に6つの基本ステップで成り立っています。

①聞く(子供の話を最後までしっかり聞く)
②共感(穏やかな言葉で子どもの話を受け止めたことを表す)
③質問する(さらに深く自分を振り返るよう子どもを導く)
④承認する(人から承認されることで安心、勇気を得る)
⑤行動(問題解決のために何ができるか相手に結論させる)
⑥継続(自分で決めた目標を守れているかフォローする)

この6つのステップは、子供自身が自分で問題解決を考え、自分で行動していく手助けをするものです。

中でも1番大切なのが、①の「子供の話を最後まで聞く」です。
そこで今回は、子どもの話を最後まで聞くためのポイントを紹介していこうと思います。

子どもの話は、長くてまとまりがないので、途中で「それは違う」とついつい言ってしまうことがあるかと思います。

しかし、子どもは大人と違って話しながら考えをまとめていたり、理解しているケースが多いのです。

子どもは最後まで話すことで、ある程度問題を理解して「満足」するのです。

親が途中で口を挟んでしまうと、子どもは自分の中で考えや内容をまとめられず、自分自身でその問題解決できなくなってしまいます。

「子どもの話を最後まで聞く」最大のポイントは、「最後まで口を挟まない」ということなのです!

「そんなことか」と思うかもしれませんが、これが簡単なようでとても難しいので一度やってみてください。
普段どれだけ話を最後まで聞いてあげられていなかったか、きっとわかるはずです。

子どもの話をただ聞いてあげることが、何よりもその子の助けになっている。

口を挟まず、「私はあなたの話を聞いて共感していますよ」という姿勢を見せることが何よりも大切なメッセージになるのです。

是非、子どもの話をまずは最後まで口を挟まずに聞いてあげてみてください。
きっと新しい発見があると思います!

 

ホープマンズ 森川やるしかねぇ
1993年生まれ。2017年に相方の「樽見ありがてぇ」とお笑いコンビ“ホープマンズ”を結成。現在、「息子に突然シリーズ」など、息子のゆうしくんとのやり取りを記録した動画をSNSに投稿し始めたところ、Instagramのフォロワーが8ヵ月で10万人を突破するなど、幅広い世代のお父さんお母さんを中心に注目を浴びている(現在はSNSの総フォロワー数60万人を超える)

Instagramはこちらから

Twitterはこちらから

公式YouTubeチャンネルはこちらから

TikTokはこちらから


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」