6月8日(土)、東京・TOHOシネマズシャンテにて、映画『エリカ38』の劇場公開記念舞台挨拶が開催され、主演の浅田美代子、平岳大、窪塚俊介、南海キャンディーズ・しずちゃん、木内みどり、日比遊一監督、奥山和由プロデューサーが登壇しました。

60歳を過ぎてもなお、色香で男たちを惑わすだけでなく、同性である女たちを話術でたぶらかして金銭を巻き上げ、異国の地で逮捕された自称38歳の女、エリカこと渡部聡子を生々しく描いた衝撃作。実際の事件がモチーフとされており、昨年9月に他界した樹木希林さんによる最初で最後の企画作品としても公開前から話題を呼んでいる作品です。

公開を記念して行われた本日の舞台挨拶では、樹木さんとの思い出、撮影時のエピソードなどがたっぷりと語られました。

浅田、映画公開を墓前に報告「希林さんも喜んでくれているはず」

主人公・聡子を演じた浅田は「朝から観る映画ではなかったと思います(笑)」と切り出しながら、「一昨日、希林さんのお墓参りに行って『ありがとうございました。明日から初日です』と伝えました。きっと希林さんも喜んでくれていると思います」と挨拶します。

その後、「約2週間ちょっとで撮ったので、私は朝起きて夜遅く帰ってと毎日必死にやっていた感じがあったんですけど、共演者が優しくて楽しい現場でした」と撮影を回想しました。

しずちゃん、開口一番「どうも蒼井優です!」

聡子の家政婦・小島まさえを演じたしずちゃんが「どうも、蒼井優です!」と挨拶すると、客席からがドッと笑いが。その後も「この映画に少し出させていただきまして……恋のキューピット役として出ています」と相方・山里亮太の結婚会見にかけたボケを重ねて、笑いを誘います。

「樹木さんにお会いしたかったので、少しでも作品に関わらせていただけて嬉しい」と、出演への喜びを口にしたしずちゃん。「現場で、スタッフさんから渡されたバッグを持って何も考えずに演技しようとしてたら、シーンの前後を考えると(バッグを持っているのはおかしい)と、樹木さんから指摘されて。『前後で自分の役がどうしていたのかを、ちゃんと考えなさい』とアドバイスをいただきました」と振り返ります。

浅田が「希林さんとは『しずちゃんがあの役をやってくれてよかったねって。田舎に帰るシーンは特に。ほかの人だったら、東京でも仕事があるんじゃないかと思わせられたかもしれないけど……」と話すと、「…え、田舎くさいですか?」としずちゃんが切り替えし「誉めてるのよ!」と浅田が言い直す一幕も。
これにはしずちゃんも「ありがとうございます。田舎っぽくてよかったぁ!」とにっこり微笑みました。

浅田、しずちゃんに恋のキューピットをお願い!?

最後に浅田は「やっと初日を迎えられました。たくさんの人にこの作品を観ていただくことが、希林さんがいちばん喜んでくれること。映画館にどんどん観に来てもらえたらいいなと思います」と、改めて映画館への来場を呼びかけます。

また、「私はこれでひと段落ついたと思っていますし、この作品を機にしずちゃんとLINEの交換をしたので、恋のキューピットをお願いしたい」と突然の告白!
思いも寄らない言葉を投げかけられたしずちゃんは「えぇ!」とビックリしながら、「誰かいるかな? しょうもない芸人しかいないかも……」とポツリ。
浅田に「お願いします!」と力強く念を押されて、タジタジの様子でした。

映画『エリカ38』は、本日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか、全国の映画館で公開。樹木さんが「浅田美代子の代表作にしたい」と自ら企画した犯罪エンタテイメント・ムービー。
ぜひ映画館でご覧ください!

映画『エリカ38』

製作総指揮:奥山和由
監督・脚本:日比遊一
企画:樹木希林
出演:浅田美代子、平岳大、窪塚俊介、山崎一、山崎静代、小籔千豊、WORAPHOP KLAISANG、菜 葉 菜、鈴木美羽、佐伯日菜子、真瀬樹里、中村有志 黒田アーサー、岡本富士太、小松政夫、古谷一行(特別出演)、木内みどり、樹木希林
©吉本興業
公式サイト:http://erica38.official-movie.com/
配給:KATSU-do
TOHOシネマズ シャンテほか全国にてロードショー!