8月13日(金)、平成ノブシコブシ・吉村がInstagramを更新。とある申込書を公開したのですが、その内容にファンから爆笑の声が相次いでいます。

関連記事:ノブコブ吉村、“電気代節約”を報告もファンの注目は意外なところに?「まさか家からの…」

 

“赤ペン”にファンも大爆笑

吉村は今回、とある申込書を捉えた写真を投稿しました。

「はっ恥ずかしい 41才の提出物じゃないよ」とのコメントが添えてあり、その内容を見てみると……あらゆる部分に、赤文字で訂正指示が書き込んであります。「ほぼ全部間違えてる」と綴っている通り、申込日や生年月日、住所、家族の名前まで記載ミスをしていた模様です。

あまりの訂正箇所の多さに、「地元のヤンキー高校の入試でも 落ちるやつじゃん」「#41才夏の怪談話」と、本人も驚いてしまった様子。

ファンからは「もう訂正じゃなく新たに書き直した方がラク」「係の人と一緒に書いて(笑)」「こんなに間違えるなんて逆にすごい」など、ツッコミや笑いの声が多数集まりました。

“リレー企画”で謝罪…

そんな吉村は、SNSで“リレー企画”が流行した際の投稿が話題となったことも。

複数の芸能人からバトンを託されていたという吉村は、部屋に倒れ込む写真とともに「本当に申し訳ございません」と、リレーを繋げられなかったことを謝罪。

“スタート直前の転倒”や“メンタルケア”といった失敗の原因をあげると、ファンからは「演出が細かいw」「吉村さんのサービス精神はすばらしいと思いますw」など、爆笑の声が寄せられていました。

関連記事:ノブコブ吉村、数々の“リレー企画”の失敗を謝罪「バトンは勝手に持っていって…」

 

今回の投稿では「いつからだよ こんなポンコツになったのは」と綴った吉村。一方、ファンからは「でもこう言う書類って本当難しいですよね」「今度またやるときに間違えないようにすればいいことですよ!」といった声も寄せられていました。

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」