『キングオブコント2021』準々決勝を目前に控え、ラフマガでは、昨年のキングオブコント決勝で全国のお茶の間に鮮烈な印象を残したロングコートダディ(堂前透、兎)とニッポンの社長(辻、ケツ)を大フィーチャー。大阪を拠点にユニットライブやコント番組で切磋琢磨してきた“盟友”である2組が、あふれ出る“コント愛”をとことん語り尽くしました!

コントが楽しいからずっとやってる

──関西ではお笑いといえば「漫才」のイメージが強いですが、「コント」をメインにやっている理由は?

ロングコートダディ・兎 ツッコミができないっていうのが、いちばんの理由かもしれないですね。ツッコミできないんやったらコントのほうがやりやすいんかな、という感じの入りやった。まあ、堂前が「ネタ書くわ」って言ってコント作ってきたから、みたいな。

ロングコートダディ・堂前 いちばん最初にやり始めたのがコントで、そのまま楽しくてずっとやっている感じですね。

ニッポンの社長・辻 僕らは、漫才やるつもりやったら、こいつ(ケツ)と組んでないっていうか。僕もそこまでしゃべるの得意ちゃうし、もうコントする前提で組んでるって感じで。あとは、自由な笑いというか……漫才やったら縛りがある。漫才っていうなかで戦わなアカンのでね。

 発想勝負な感じしますよね、コントは。漫才はけっこう、技術が……。

堂前 コントも技術いると思うんですけど、漫才のほうがより(技術が)重視されるのかな。

ニッポンの社長・ケツ コントは、いろいろ自由な表現ができるっていうところが魅力ですかね。

 お前、別にコントやりたいわけじゃないやろ。

ケツ どっちも好きですよ。

 よそ行きのコメントすな(笑)。

──コントと漫才を比較して、それぞれのいいところを教えてください。

 コントは“作品”、作り物っていうところが好きですね。漫才って、作り物ではない場合が多いじゃないですか。言うてみたら、“辻とケツがしゃべってる”みたいな。でもコントは作品やから、僕らは役者をやってるだけで、映画作ってるのとあんまり変わらへんのかな、と。お客さんにも「これがホンマに起こったら……」っていう妄想をしてもらえる。

 だからコントは、「最悪、ウケなくても」みたいなところがあるよな。もちろんウケは必要なんですけど、そんなに爆笑をとらんでも、「このコント好きやなあ」があっていいと思う。漫才は、やっぱり笑いこそ正義というか。

 ウケてなんぼっていうね。

 客席の赤ちゃんの泣き声とか、急に鳴ったケータイの音とか、使えるもん全部使って……そういう意味では漫才のほうがアドリブ力、人間性が試されるとは思うんですけど。で、やっぱ漫才のほうが、かっさらっていく力はめっちゃ強いと思いますね。

 “漫才愛”を語ってますやん(笑)。

 いや、「漫才もいいものですよ」っていうね(笑)。

堂前 でも正直、漫才のほうが自由な面もあるんですよね。そこに何かがある体で、どんどん話を進めていける。時間なんかもすぐ移動できますし。

 変な設定はできへんのちゃう? ボケはできるかもしれんけど、理由がいるというか。コントは「そういう人がその世界におる」とすればオッケーやけど。

堂前 コントのほうがたぶん、お客さんのくみ取り能力がちょっと必要なんです。セリフとして出してないけど、雰囲気で読み取ってほしいっていう。で、読み取ってもらったときには、お客さんもきっと気持ちいいと思うんで。

岡山と福井にはツッコミ文化がない!?

──これまで影響を受けた芸人は?

ケツ 最初は、笑い飯さんとかフットボールアワーさんとか……テレビに映ってるのが漫才やったので、漫才ばっかりでしたね。お笑いをやる前ぐらいから、松本(人志)さんのDVDとか見始めて。

 僕は岡山出身で、NSC(吉本総合芸能学院)大阪には笑い飯さんとか知らずに来てるから。『M-1』も、たぶん見てないねん。僕が好きだったのは『内村プロデュース』(テレビ朝日系で放送されていたバラエティ番組)とか『リチャードホール』(フジテレビ系で放送されていたコント番組)とか。

 見てた! めっちゃ見てた!

 そういうのが大好きで憧れてましたね。(さまぁ〜ずの)三村マサカズさんになりたいって言ってたんで。でも、(NSCには)漫才やりたいと思って入りました。

 なんでやねん(笑)。

堂前 三村さんのテレビの感じが好きやったってこと?

 テレビで見せるツッコミの感じが好きやったから、キレキレのツッコミになろうと思って入ってきました。だけど、ふたを開けたらぜんぜん違う。ツッコミなんか何も出てこんし……そもそも岡山にはツッコミ文化がないから、やり方を知らんねん。

堂前 僕は福井ですけど、確かに誰かボケてもみんなで笑って終わる感じでした。

ケツ ボケることはボケるんですね。

 ボケるっていうか、おもろいこと言うって感じ。

堂前 アメリカンジョークに近いな(笑)。

 マジでそんな感じやで。

堂前 僕はラーメンズさん、バナナマンさんですね。

ケツ ビデオとかDVDで見てたんですか?

堂前 そう、ビデオを借りて。ビデオきっかけで、貸してくれた女の子と付き合ったりもした。

 なんで見ようと思ったん。

堂前 始まりはあんまり覚えてないけど……もしかしたら、その女の子にオススメしてもらったんかな。で、自然とコントのほうに行ったのかもしれないですね。お笑い自体が好きやったから、『M-1』もぜんぶ見てましたよ。

 僕は、小学校ぐらいのときに吉本新喜劇の内場(勝則)さんを見て、「めっちゃおもろいな」ってなって。だから新喜劇は、めっちゃ見てましたね。高校のときは、『内村プロデュース』と『リチャードホール』がホンマに好きで。目覚ましかけて深夜に起きて見て、ちょっと寝てから朝練行って、とか。録画もして、次の日にもまた見てました。

──では、いまおもしろいと思っている、憧れているコント師は?

 ずっとですけど、ジャルジャルさんはもう外せないっていうか、唯一無二感がすごいですよね。息が合ってて、たぶんあの2人でしか生まれんやろうなっていうコント。あと最近、めっちゃ好きになってきたのはシソンヌさん。ファンですね。

 僕もめっちゃたくさん憧れの芸人さんがおったんですけど、自分がコントをやるようになってから、なんかフラットに見てしまうようになって。これはいいとこでも悪いとこでもあると思うんですけど、「絶対、オレのネタのほうがおもろい」と思っちゃうんです(笑)。

 いや、いいとこちゃう?

 だから、めっちゃ腹抱えて笑ってたころが懐かしいです(笑)。

ケツ 僕が憧れてるのは、さらば(青春の光)さん。ネタはずっとおもしろいし、森田(哲矢)さんの笑いをとる力はめっちゃカッコいいなと思います。

堂前 僕もジャルジャルさんとシソンヌさん、どっちも好きですね。ただ、むかしは憧れ的なものもありましたけど、いまはなくなりました。あのルートはオレらには無理やから、自分らの新しい行き方を模索している段階ですね。

ネタに求めるのは“リアリティ”

──コントを作るうえで大事にしていることは何ですか?

 よくケツにも言うんですけど、「そこでそんな動きするヤツおらんから、やらんといてくれ」みたいな。「お笑い用の動きすんな」と。

ケツ ウソみたいなセリフとかね。

 笑いをとるためだけのセリフはマジで言わんといてほしい。ちょっと笑いが減ってでも、リアルなほうを行ってほしい。

堂前 僕らもリアリティですね。間とかも、無言でいいから、そのまま行ったりしますし。

 わけわからん設定でわけわからん人間でも、そいつが普通にやることをやってほしい、ふざけんといてほしいと。

堂前 ウケ狙いみたいなね。

 そう、ボケとかツッコミはないんですよね。そいつらのただの行動をやりたいんです。

──お互いのコントの魅力についても聞かせてください。

 ニッ社はもう、辻の発想じゃないですかね。ほかのコンビとは、“おもろい”のデカさが違う。

堂前 だいたいのネタに、何か危ない部分があるのがいいですね。で、ケツがやるから、なんかグロくならへんっていうのもある。ネタとして、ふつうに“色気”残したまま見せられる感じ。

 ケツは珍獣というか。

 見方が違いますよね、人間がやるのとケツがやるのでは。

ケツ 僕は人間界に含まれてないの?(笑)

 変なことやってもホンマにいそうに見えるし。
ロングさんは発想もそうですけど、上品なところがやっぱすごいな、と。で、演技力も高い。

ケツ 見てられる感がすごいあるというか。5分でも10分でも、ずっと見てられるし、見ときたいと思わせる魅力があると思います。

堂前 ニッ社は瞬間風速のデカいネタがけっこう多いけど、こっちはじわじわ、じわ〜じわ、みたいな(笑)。

 「炎」と「毒」みたいなね。炎タイプと毒タイプやのに、なんで仲いいねんっていう(笑)。

 逆に(笑いが)とられへんとき、僕らのネタは見てられないんかもしれないですよ。

 いや、それはお客さんに伝わってないとかハマってないだけで、全部おもろいけどな。

堂前 正直、毒がスベってるほうがエグいで(笑)。

ユニット参戦「そこで優勝できたらおいしい」

──『キングオブコント』についても聞きたいんですが……昨年は、揃って初めて決勝に進出しました。

 めっちゃうれしかったです。僕は、ホンマにどっちかが優勝すると思ってたんで。堂前さんに言ってましたもんね、「どっちかちゃう?」みたいなこと(笑)。

 (同時に決勝進出した)もう1組、滝音も仲よかったんで心強かったです。

  今年も揃って行きたいですね。

  行けたらいいね。

──昨年と比べて、『キングオブコント』に向かう気持ちに変化はありますか?

 いや、マジで去年とまったく一緒で「(決勝に)行かなアカン」っていう。

ケツ ただ、去年の決勝では、ネタをやるときにまったく緊張しなかったんですよ。「はよやらしてくれ!」っていう気持ちやったから、「あ、そんな感じなんや」というのは、ひとつわかったことですね。

堂前 去年は、(自分たちが)優勝するもんやと思ってたんです。決勝が近づくにつれて「違うかなあ」となったんですけど(笑)、けっこう前のめりやって。今年は、去年よりリラックスしてる気もしますね。

 去年は、いままででいちばん「行きたい」っていう感じが強かったかな。で、決勝が終わって(堂前と)話し合ったときに、「キングオブコントだけにガッとならんようにしよう」ってなったんで。

堂前 優勝ももちろんしたいねんけど、ガッとなりすぎると、長い目で見たときにネタの広がりがちょっと弱くなってしまうかなと思って。

 そもそも賞レースに向いてないんですよ、僕らのネタが。だから、それこそタイミングというか、「あ、もしかしてこれ賞レースいけるかもしれん!」っていうときに、ガッと気合が入るかもしれんね。「今年いくぞ!」ってときがあれば、また頑張りたいです。

 じゃあ、今年はないんや(笑)。

 いや、いまあるネタで、本気でぶつかっていくんですけど、去年よりは落ち着いてるかもしれない(笑)。

 落ち着いてるっていうのが、なんかニュアンスすぎて(笑)。

 去年より穏やかですね。

堂前 そう、穏やかやね。

──今回からユニットでのエントリーが可能になったことについては?

 めちゃくちゃいいと思います。いままではピン芸人とかも出られなかったもんね。

 『R-1ぐらんぷり』(今年から『R-1グランプリ』に改称して参加資格を変更)もなくなったし、それはいいねんけど……。

堂前 お祭り的な雰囲気になって、番組自体が盛り上がるのはいいかもしれないですけど、お祭り的になると、なんかちょっと恥ずかしいというか、照れが出てくるかもしれないですね。

 こっちはガチでコントやってるからね。

 そうっすね。ユニット組んでるような人ってわりと有名な人やし、初見やからお客さんもただただおもろいと思っちゃう。そこで負けるのは悔しいというか。

ケツ でも前向きに言えば、そこで優勝できたらおいしいっちゃおいしい。

 そうやね、盛り上がる大会でね。

夢はサーカスのように全国巡業!?

──改めて『キングオブコント2021』への意気込みをお願いします。

 めっちゃ楽しみなんですけど、準々決勝も準決勝も来てほしくない。唯一、来てほしいのは決勝だけ。なんやったら決勝の日まで記憶を飛ばしたいぐらい。もし決勝に行ってなかったら、まるごと2カ月ぐらい飛ばしたいです(笑)。

ケツ 去年は優勝できなかったですけど、じゃあ次は優勝したい、もっと笑いとりたいっていう気持ちは高まりましたし、今年も決勝でやりたいネタがあるんで、なんとかがんばりたいです。

 ユニットの方もいるし、どんな大会になるんだろう、という感覚ですね。で、僕らがもし今回、準決勝すら行けんかったとしても、もしかすると、いままでよりは落ち着いていられるんかなあって。「今年はダメやったな〜」って思えるんかなと。

堂前 僕はエゴも強いんで、もし決勝行けんかったら、大阪から誰も行ってほしくないです(笑)。

 僕もそうっすよ。大阪からというか、大会が中止になってほしい(笑)。

堂前 去年3組で行けてめちゃ楽しかったから、今年は去年を超える楽しさで行きたいですね。

 唯一イヤなパターンは、ニッ社、滝音、ビスケットブラザーズが行って僕らが行かんのはちょっと……なんか遠足にまじれなかったぐらいイヤですね。

 旅行やと思てるやん(笑)。

──最後の質問です。コントをやり続けた、その先にある野望は……?

 マジで目標が見つかってないんですよ。こないだもコント番組をやらせてもらって、ひとつ目標達成したって感じはあるけど……。

 それが終わりじゃないし。たぶん、いまできること、いまやりたいことをやっていくだけじゃないですかね。だから目標としては、やりたいことをずっとやれたらいいなあっていう感じ?

 あと、やりたくないことを、ぜんぶ断りたいですね(笑)。

 それが目標かもしれないですね。オレらはそっち方面、劇場で食べていきたいっていう。あと、ここ(ニッポンの社長)と一緒にずっとやっていきたいよな。

 そうっすね。滝音とかも一緒に。そこでもし番組がやれて、それがずっと続いたら、いちばんいいですよね。

堂前 めっちゃでっかい車借りて、サーカスみたいにみんなで各地を回るっていうのは? (笑)

 めっちゃ、いいやん!

堂前 旅芸人みたいに。

 トラックが家になってるヤツや(笑)。それ最高っすね。

『キングオブコント2021』準々決勝・概要

8月13日(金) きゅりあん 小ホール(東京)
1部:開場10:30 開演11:00
2部:開場13:30 開演14:00
3部:開場16:30 開演17:00

8月14日(土) きゅりあん 小ホール(東京)
1部:開場10:30 開演11:00
2部:開場13:30 開演14:00
3部:開場16:30 開演17:00

8月17日(火) YES THEATER (大阪)
1部:開場14:00 開演14:30
2部:開場17:00 開演17:30

【配信チケット
「キングオブコント2021」準々決勝
配信日時:8月20日(金) 配信開始20:00

「キングオブコント2021」準々決勝
配信日時:8月21日(土) 配信開始18:00

「キングオブコント2021」準々決勝
配信日時:8月22日(日) 配信開始18:00

「キングオブコント2021」準々決勝
配信日時:8月23日(月) 配信開始20:00

各チケット:2,400円(税込)

※GoToイベント適用価格
※生ライブ配信ではありません。
※決勝本戦を配慮して、準決勝進出者のネタは配信しません。
※音源・音楽等の諸事情で、出場者一部のネタを配信しない場合や映像の一部を無音にする場合があります。
※準々決勝8月13日(金)・14日(土)・17日(火)の各出場者を、8月20日(金)・21日(土)・22日(日)・23日(月)の配信コンテンツに振り分けるため、登場順などは公演と配信コンテンツで異なります。出演ラインナップは8月19日(木)ごろにチケット発売ページで発表します。

FANYオンラインチケットはこちらから。
「キングオブコント2021」公式サイトはこちらから。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」