「知らないなら詳しい人に訊けばいい。」と語る千原兄弟・千原せいじ。
赤の他人からマサイ族までと共感し合うせいじが、言語や文化の違いを越えた圧倒的なコミュニケーション術を紹介した「がさつ力」は2016年に発売され、大きな話題を呼びました。

今回、せいじはそのがさつ力を最大限に生かして疑問に思う事をその道の専門家に教えを乞い、ときには議論しながら、自分の頭でとことん考え、一冊の本にまとめました!

今さら聞けない…が詰まった一冊

「税金のクロヨンってなに?」
「それで結局、年金ってもらえるの?」
「日本ってアメリカの言いなりでしょ?」
「風邪薬が、風邪の治りを遅くする?」
「日本人って、なんで成功した人を叩くん?」
「カジノの何がダメなんですか?」……
この本を開いてせいじの質問を見てみると、「確かによく分かっていなかった」と感じる質問ばかりだと感じる方も多いようです。
「人と打ち解けるのに時間を使っている暇はない」「ズカズカ踏み込んでいったほうが、相手も本音で話すし、深いところまでわかり合える」と語るせいじだからこそ聞く事ができる質問の数々。
対する、本音でせいじの質問に向き合い議論したのは経済学者の高橋洋一氏、軍事アナリストの小川和久氏をはじめ、カジノ研究者、歯学博士、元官僚など、まさに第一線を走る専門家ばかり。
幅広いジャンルの専門家たちは何を考え、教え、議論したたのでしょうか。

あの漫画の著者とも議論!

裏社会の最新事情を直撃!と題し、「闇金ウシジマくん」の著者・真鍋昌平氏との対談も収録。
こちらもここでしか聞けない特別編です。

海外を回るせいじだからこそ見つけた、気付いた「日本の矛盾」をまとめ、専門家と真剣に議論した一冊。
今さら聞けない質問から、聞きたいけれどなかなか聞くことのできない質問まで、たくさんの「どうなん?」が詰まっています。

ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

書籍概要

プロに訊いたら驚いた!ニッポンどうなん?

著者:千原せいじ
発売日:2019年6月25日
価格:1300円+税
サイズ:四六判
ページ数:224p
発行元:ヨシモトブックス
発売元:株式会社ワニブックス

千原せいじ

1970年、京都府福知山市生まれ。1989年に弟である千原ジュニアとコンビ「千原兄弟」を結成。心斎橋筋2丁目劇場などで若者から支持を集め、1994年、ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞、上方漫才大賞新人賞を受賞。『世界の村で発見!こんなところに日本人』(朝日放送)などでアフリカを中心に多くの国を訪れ、現地の人とすぐに打ち解ける姿が話題を呼ぶ。『ノンストップ!』(フジテレビ)、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)、『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)、『あさパラ!』(読売テレビ)他、コメンテーターとしての出演も多数。著書に『がさつ力』(小学館よしもと新書)。メンタルケアカウンセラーの資格も持つ。