7月30日(金)、コロコロチキチキペッパーズがYouTube公式チャンネル『よろチキチャンネル』に動画をアップ。コロチキにとって“兄貴的存在”だという芸人の、知られざる一面を披露しました。

関連記事:コロチキ「やっべーぞ」が流行った2015年 本人が明かす“賛否両論”の背景とは

 

芸人300人を連れて…

今回の動画では、コロチキの2人が「大阪の若手全員の“兄貴的存在”」についてトークを展開しました。

その人物とは、ダブルアート・真べぇ。2人は食事に連れて行ってもらうなど、大阪時代からお世話になっていると言います。

とにかく後輩芸人を可愛がっているという真べぇ。それゆえに人望も厚いようで、真べぇが芸人300人を海に連れて行ったというエピソードも。これに参加したナダルと西野は、「今考えたらえげつない」と当時を振り返りました。

また真べぇが率いる軍団・パパ真キングダムには、なんと118人の芸人が所属。年末の宝くじを軍団で買うといった企画も行なっているようで、ナダルは「やっぱり(パパ真キングダムは)楽しい」と明かします。

そんな中、真べぇについて「おもろすぎる」とナダル。とくに楽屋での真べぇと見取り図・盛山の掛け合いが印象に残っているそうで、西野もこれに共感し「楽屋の風神・雷神」とその面白さを絶賛します。

一方で、舞台では一歩引いている部分もあるようで……。西野は「ああ見えてナイーブなところがある」と、真べぇの意外な一面を明かしました。

ナダルのヤバさもいち早く察知!?

また、西野は「ナダルの引き出し方がめっちゃうまい」と、様々な先輩がナダルをイジる中でも、真べぇがダントツだと話します。さらに「ナダルのヤバさ」にいち早く気付いたのも真べぇだと言い、ナダルは「真べぇさんに助けてもらった」と感謝の気持ちを述べました。

さらに大阪時代に尖っていたインディアンス・きむを、唯一可愛がっていたのも真べぇだったのだそう。当時からきむを掘り下げて、その面白さを見出していたと明かします。

西野は「真べぇさんが立たせるアンテナはめちゃめちゃ正しい」と、真べぇは芸人の面白いポイントを見つけることに長けていると説明しました。

■コロチキがダブルアート・真べぇを語る! 動画はこちら

 

ファンからは「ええ先輩やね」「こういうみんなから好かれる人ってめっちゃ優しいんだよな」など、真べぇの人柄を絶賛する声が。また「真べぇさんとコロチキのコラボ動画みてみたい!」「いつかコラボ楽しみにしています」と、コロチキとのコラボを熱望する人も続出しました。

YouTubeチャンネル「コロコロチキチキペッパーズの『よろチキチャンネル』」

チャンネルURL:https://www.youtube.com/watch?v=4Kjj6F2OyQo

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」