6月5日(水)、都内にて南海キャンディーズ・山里亮太と蒼井優の入籍発表会見が行なわれました。

会見に相方のしずちゃんが乱入!

司会は、山里軍団のGAG・宮戸洋行。まずは彼の質問より、2人のキューピットが相方の山崎静代(しずちゃん)であることが明かされます。

そこで2人を祝福するべく、しずちゃんが登場。なぜか手にはグローブがはめられており「お前か!ワシの大事な親友を奪ったのは!」と山里にパンチをお見舞い。山里は「こういうときに心臓をえぐるもんじゃない!」とツッコミを入れ、開始早々、会見は和やかなムードとなりました。

山里と結婚を決めた理由について問われた蒼井。結婚を前提に交際を始めたことを明かしたうえで「しんどいくらい笑わせてくれること」「感動することと許せないラインが一緒」「金銭感覚が似ていること」とコメントします。一方、山里はしずちゃんを介して会い、自然と2人で食事をするようになるにつれ「こんなに素敵で合う人は一生いない」と実感し、交際を申し込んだことを明かしました。

蒼井への両親の挨拶はまるでコント!?

蒼井の両親へ挨拶に行った際、山里は「お父さんがものすごく緊張されていた」と回顧。蒼井の父親としては緊張感を出したかったそうなのですが、玄関で好意的に受け入れてしまったため、作戦が失敗。蒼井父が「緊張感を出したかったなぁ」とつぶやいたと言います。

「一生かけて優さんを幸せにしますので、結婚を許してくれませんか」と申し出た場面では「こちらこそありがとう」と蒼井父が肩を抱いてくれたそう。全員が涙ぐむシーンでしたが、突然「いくつか(結婚の挨拶を受け入れる)パターンを用意したから全部やらせてくれ」と言われたのだとか。

「どこの馬の骨だか分からん奴に娘はやれん!」というパターンや、「君にお父さんと呼ばれる筋合いはない」と言った後「手塩にかけて育てた娘を貴様にやらん」と1回山里を殴りかけて母親が止め、蒼井が「やめてー!」と叫ぶという寸劇を演出していたというエピソードを語り、記者らを笑わせていました。

山里に対する蒼井の本音とは?

最後に蒼井は、「山里の仕事に対する姿勢を尊敬している」と吐露。「自分自身も、仕事になるととことん突き詰めるタイプなので、(山里を見ていると)“それで間違ってないんだ”と思えて、勇気が湧く」と語ります。そのうえで、山里は“仕事がないと生きていけない人”と言い「これからいただいた仕事は精いっぱいやって、出来る限り亮太さんを支えたいと思います」と挨拶しました。

山里は「いつもお世話になっているみなさんに、こういった形で報告できたことを嬉しく思っています。これからも皆さんに育てていただいて、最高に楽しい世界で生きていけるように……優さんが言ってくれたみたいに、仕事に全力で打ち込んでいる姿を一生見せられるように、これからも頑張ります」と宣言していました。

【芸人記事まとめ】
南海キャンディーズ・山里亮太 の関連記事をもっと読む

【関連記事】
かまいたち、くっきーが“イイ女”気取りの誠子にツッコミ「お前クラスは…」
【祝・結婚!】ジャンポケ・おたけが結婚発表!! お相手はこじるり似
菅田将暉の代役はまさかの…キム兄「緊張するなら僕が歌いますし」
松本人志も特別出演!約3年の歳月をかけたアニメ映画が5/24(金)公開
令和初のよしもと“学園祭キング”、EXITが有力候補!?