7月22日(木)、ハイヒール・モモコがYouTube公式チャンネル『モモコ新聞』に動画をアップ。番組の企画で特殊メイクに挑戦したモモコが、その感想を語りました。

関連記事:【メイクビフォーアフター】芸人たちの驚きのテクニックを紹介

 

鬼の特殊メイクに挑戦

『アインシュタインの愛シタイン』(MBSテレビ系)で、アインシュタイン・稲田とともに、鬼の特殊メイクに挑戦したモモコ。今回の動画では、特殊メイクの感想やドッキリ企画の裏側を明かしました。

モモコは約2時間半を費やした特殊メイクで、迫力満点の鬼に変身。はがす際には思わず「もったいないねぇ」とこぼします。

さらにこの特殊メイクの費用は約20〜30万円だと聞き、「ハロウィンでホンマにやりたいなと思ったけど、20〜30万は無理!」と驚いた様子でした。

特殊メイクの苦労を語る「まあ、大変よ!」

『アインシュタインの愛シタイン』では、特殊メイクで鬼に扮したモモコと稲田が、お化け屋敷イベントの宣伝という設定で登場。鬼の正体を知らない同期のトミーズ健、そしてアキナの2人にドッキリを仕掛けていくという企画を実施しました。

稲田にはすぐに気付いたアキナですが、特殊メイクの力で別人級に変貌を遂げたモモコには全く気づかず、“一般人”だと思い込んでいたのだそう。

一方のトミーズ健は、はじめは気づかなかったものの、モモコが地声で「どうもありがとう」と発した瞬間に察知。そしてモモコに蹴りを入れられたところで「この蹴り方はモモコや!」と確信していたと言い、その反応を見たモモコは「さすが同期やな」と同期の絆も感じたようです。

また特殊メイクについても「まあ、大変よ!」というモモコ。じっとして動けない状態での長時間のメイクや、顔の重たさを感じたことが大変だったと話します。

中でも一番困ったのは、マツエクが特殊メイクに引っ張られてしまい、企画の際に見えにくい状態になってしまったこと。さらに特殊な接着剤を使ってメイクを施すため、剥がすときにも時間がかかり、苦労したそう。

そんな様々な困難がありつつも、「いい経験ができました」と笑顔で振り返りました。

■特殊メイクで鬼に大変身! 動画はコチラ

 

今回の動画には「モモコさんの特殊メイクとか見たことないかも すごい技術やわ」「誰か全然わからへん!www」「ご苦労されて、体張って笑かしてくれてありがとうございました!」など、特殊メイクに挑んだモモコへの反響が相次ぎました。

『モモコ新聞』

チャンネルはコチラ


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」