千原ジュニアがMCを務めるお笑い番組“即興力No.1決定戦!”『千原ジュニアの座王』の女芸人スペシャルが、7月30日(金)深夜1:00~カンテレで放送されるというニュースが届きました。

今回は女芸人スペシャル!

出典: 関西テレビ

『座王~ざおう~』は、漫才やコント、ピン芸、歌ネタなど作り込んだネタではなく、即興ネタを競い合う、いわば“笑いの総合格闘技”。

プレイヤーは、番組初登場となる『女芸人No.1決定戦THE W2020』王者であり『R-1グランプリ2021』ファイナリストの吉住をはじめ、『THE W2020』準優勝の紅しょうが・熊元プロレス、『THE W2020』ファイナリストで初登場のAマッソ。またこちらも初登場の加藤綾子のモノマネでおなじみの駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリに、やさぐれ芸人の納言・薄幸とギャル芸人のエルフ・荒川。さらに座王になること3回のたんぽぽ・川村と、ともに芸歴33年目のかつみ♥さゆり・♥さゆりと島田珠代。審査委員長はザ・プラン9・お~い!久馬が務めます。

レジェンドの首を取って女芸人イチに!

出典: 関西テレビ

『THE W2020』で“笑いの女王”に輝いた吉住に座王初参戦への思いを聞くと「(収録に向かう)新幹線で2時間20分くらいあったので、自分が普段つけている“おもしろ単語帳”を開いたりして、いろいろ考えてきました」と準備に余念がない様子。

ライバルについては「『THE W』に出られていない上の世代の方、♥さゆりさんとかたんぽぽ・川村さんとか島田珠代さん」と3人の名前を挙げ、「レジェンドの首を取って女芸人イチって胸を張って言いたいですね」と意気込みを語ってくれました。

収録冒頭でも「(『THE W』の優勝賞金)1000万円を手にしているという心の余裕は誰よりもある」とタイトルホルダーとして心とお金のアドバンテージがあるとアピールしていました。

ちなみに収録スタジオが『R-1グランプリ』後に行われた配信番組『ファイナリスト全員集合! R-1グランプリ大反省会SP』と同じ会場とのことで、「ここですごく負けたのを味わってたなあと思って懐かしいです。また座王に何回か呼んでいただいて、慣れたあとに『R-1』で優勝して、ここに戻ってこれるように頑張りたい」と早くも来年の『R-1グランプリ』の抱負についても話してくれました。

ハイレベルすぎて審査が難航!?

出典: 関西テレビ

一方、審査委員長のお~い!久馬に収録を終えた感想を聞くと「本当めちゃくちゃおもしろかったですね。ほぼドローを出してしまって、なんか申し訳なかったです。ドローもね、どっちもあかんなっていうドローもありますけど、今日のはほんまに決めがたいっていう(レベルが)上のドローが多かった。いや本当に見ごたえありましたね」とこれまでドローが少なかった久馬も審査に苦労したことを明かしました。

また「僕らが若いころは女性の芸人さんが本当にあんまいなかったんでね。今は人数も多いしみんなおもしろいし、うかうかしてられへん。普通に“鬼”の笑い飯・西田が今回参加しててもどうなってたんやろなと思います」と改めてレベルの高かった大会を振り返りました。

さらに通常回の男芸人についても触れ「まずは“鬼”の西田を倒すことを目指してほしい。最近浅越ゴエも調子いいんでね。プラン9で全員出られるとかなったらうれしいですね」と去年6人組になった自らが率いるザ・プラン9のメンバーに奮起を促しました。

ポロリとかなくても見ごたえのある30分!?

出典: 関西テレビ

最後に2人に見どころを聞くと、久馬は「ほんとに見ごたえのある30分。2週に分けてもいいぐらいの見ごたえがありますね。ポロリとか期待しないでもね(笑)」と話し、吉住は「女芸人を女として見るような方もそうでもない方も、ちゃんとみんな芸でも競いあってるので、ぜひぜひ楽しみにしていただけたらと思います」とメッセージを寄せました。

今回はいつもと違う、丸ごとお笑い女芸人だらけの座王、ぜひご覧ください!

番組概要

『千原ジュニアの座王』~女芸人SP~

出典: 関西テレビ

放送日時:7月30日(金)深夜1:00~1:30 ※関西ローカル
MC:千原ジュニア
アシスタント:橋本和花子 (カンテレアナウンサー)
審査委員長:ザ・プラン9・お~い!久馬
プレイヤー:島田珠代、かつみ♥さゆり・♥さゆり、たんぽぽ・川村、Aマッソ・村上、Aマッソ・加納、納言・薄幸、紅しょうが・熊元プロレス、吉住、駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリ、エルフ・荒川


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」