2月9日(土)より、東京・BENOA銀座にて開幕する『THE EMPTY STAGE 2019 WINTER』。1回目の公演終了後の囲み取材に、霜降り明星、ギンナナ・菊池健一、ガリットチュウ・熊谷岳大、ロバート・山本博が出席しました。

『THE EMPTY STAGE』とは、“即興”をテーマとした「One-Man Talk Show(1人喋りショー)」と、アメリカ最大級のコメディ劇団『The Second City(セカンドシティ)』の即興コントメソッドを取りいれた「新ジャンルの即興コントショー」の2部構成で披露される、新型エンターテイメントショー。今シーズンは2月17日(日)まで東京の同会場にて、3月11日(月)から17日(日)まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA SSホールにて開催されます。

1回目の公演で「One-Man Talk Show」に出演した霜降り明星・粗品。同公演でもMCを務めたタケトに感想を求められると、「始まる前はどうなるかと思いましたけど、楽しかったです」と笑顔。「ある程度準備はしてきて、ストックにあるトークにどう繋げようかなとか構想を練っていたんですが、本番では、つい予定になかった話をしてしまいました」と振り返ります。

2回目の公演に出演する相方・せいやは「相方(粗品)のステージをモニターで観ていて、笑っちゃいました」とコメント。タケトに「粗品がウケてたから、プレッシャーを感じてるんじゃない?」と聞かれると、「音的にそんなに笑い声は聞こえてなかった」とバッサリ。粗品が「相方潰しやん!」と顔をしかめると、「モニターの音が小さかったからってこと。焦るな、お前! 俺、そんなん今まで言ったことなかったやん!」と必死で弁明して笑いを誘いました。

『THE EMPTY STAGE』の魅力について訊かれた菊池は、「ライブが終わったあと、銀座でブラブラできるのが魅力。こんな街なんだと、気づかない魅力を発見できるんですよねぇ」とひとボケ。「プロデューサーが苦笑いだよ!」(タケト)「銀座の話はいいんだよ!」(山本)など総ツッコミを受けます。

「素敵なツッコミありがとうございます!」と返しつつ、菊池は「“YES, AND”という精神は、言ったことに対しては全て乗っかって否定しないということ。コント中の会話のやりとりを見てもらえば、普段の会話もスムーズにいくんじゃないかなって思います。それに、お客さんも参加できるので、いろんな方面から楽しめます」と言葉を続け、真面目にアピールしました。

「僕は普段から行き当たりばったりの芸風」と自身を分析する熊谷は、「言われたことに乗っかるのは得意なので、『THE EMPTY STAGE』でブレイクしたい」と決意表明。

タケトに「(相方の)福島がいないのは不安?」と振られると、「福島くんの背中を少しでも掴めるよう、一生懸命頑張ります!」と大声で意気込むも、拍手したのはせいやだけ。さらに、レポーターから「福島さんとやっているときとどっちが楽しいですか?」と追い打ちをかけられると、「福島くんとのほうが楽しい」と返答。「どっちも楽しいでよくない?」(タケト)「え、やめるの?」(菊池)と声をかけられると、大慌てで「やめないです! 楽しさが違いますから!」と必死に返しました。

今回、初めてロング即興ショーに挑戦している山本は、「お客さんからのお題“遅い吉本坂46”で、40分くらいの即興芝居をやらないといけなかったんです」と苦労交じりに振り返ります。タケトが「最初、(芝居の中で)練習生のつもりで踊ってたのにね?」と訊くと、「けど、林(かたつむり)に秋元先生って声をかけられたんで、“YES, AND”だから乗っかって。貫禄がひとつもない秋元康先生をやりました」と続けました。

初めて『THE EMPTY STAGE』に触れたという粗品は、「ツッコんだらダメっていうのが、僕には考えられなかったというか。ツッコミなしで笑いが起きてるって、すごいことだなって」と感嘆。菊池に「『俺はできない。恥ずかしい』って言ってたじゃん!」とツッコまれると、「僕は向いてないっていうだけです!」と弁解します。

一方、即興コントの感想を求められたせいやは「音が全然聞こえなかったんで、あんまりわからなかった」とコメント。まさかの天然発言にドッと笑いが起き、山本が「音量上げて観ろよ!」とツッコみました。

即興の芝居とトークから毎日、新しい笑いが次々と生まれる『THE EMPTY STAGE 2019 WINTER』は、東京・大阪で公演予定。ぜひ足を運んでみては?

THE EMPTY STAGE(ジ・エンプティ・ステージ)2019 WINTTER

日時:2月9日(土)~17日(日)
平日:開演19:30 土・日・祝=1回目開演13:00 / 2回目開演 17:00
会場:『BENOA銀座店』(東京都中央区銀座6-13-16 パセラリゾーツ銀座店B3F)
チケット: 前売3,900円 / 当日4,300円
※飲食メニューあり(別途1オーダー制)
※整理番号付自由席
チケットは、チケットよしもと(http://yoshimoto.funity.jp)にて発売中!
主催:吉本興業株式会社/株式会社フジテレビジョン
公式サイト:http://the-empty-stage.jp/schedule/2019_winter/

【出演スケジュール】
9日(土) 1回目=粗品(霜降り明星)/ 2回目=せいや(霜降り明星) チームC+チームF
10日(日)1回目=河本準一(次長課長)/ 2回目=千原ジュニア(千原兄弟) チームB+チームE
11日(月・祝)1回目=川島(麒麟)) / 2回目=鰻(銀シャリ) チームA+チームE
12日(火)博多華丸(博多華丸・大吉) チームB+チームD
13日(水)小籔千豊 チームB+チームD
14日(木)石田明(NON STYLE) チームC+チームE
15日(金)川西賢志郎(和牛) チームC+チームD
16日(土)1回目=秋山竜次(ロバート) / 2回目=ナダル(コロコロチキチキペッパーズ) チームC+チームF
17日(日)1回目=ノブ(千鳥) / 2回目=RG(レイザーラモン) チームA+チームD

【出演者】
■ロング即興ショー
チームA:バッファロー吾郎・竹若 、ギンナナ・金成 、スパイク、サンシャイン
チームB:2丁拳銃・修士、ニブンノゴ!・森本、インポッシブル、アイロンヘッド
チームC:ギンナナ・菊池、ロバート・山本、かたつむり・林、ラフレクラン、3時のヒロイン・かなで

■ショート即興ショー
チームD:ダイノジ・大地、 セブンbyセブン・玉城、ボーイフレンド 、レインボー・池田、レインボー・実方
チームE:ニブンノゴ!・宮地 、ニブンノゴ!・大川、イチキップリン、EXIT、宮澤竹美
チームF:ガリットチュウ・熊谷、セブンbyセブン・宮平、バビロン、ロバータ