7月16日(金)、コロコロチキチキペッパーズがYouTube公式チャンネル『よろチキチャンネル』に動画をアップ。ナダルが思う“正直キツイ先輩”TOP4を発表。1位にはあのコンビがランクインし、意外なエピソードが披露されました。

関連記事:コロチキ「やっべーぞ」が流行った2015年 本人が明かす“賛否両論”の背景とは

 

“絡みづらい”先輩芸人を発表!

今回の動画では、ナダルが“絡みづらい”、“正直キツイ”と感じる先輩芸人をランキング形式で発表。

まず、第4位にはジャングルポケット・おたけがランクイン。ナダルはその理由について「会話が進まへん」と説明。どうやらおたけとのコミュニケーションに苦戦しているようで、「キツイというか心配!」と打ち明けると、西野も「変よな?」とナダルの意見に共感します。

続く第3位は同じくジャングルポケット・太田。なんでも、楽屋で会った際にナダルが挨拶をしようとしているのにも関わらず、「挨拶は?」と圧をかけてくるとのこと。ナダルは「礼儀正しいけど、厳しすぎておかしくなっている」と本音を漏らします。

さらに第2位には、大阪時代からの先輩である見取り図・盛山がランクイン。「めちゃくちゃ面白い。良い先輩」とのことですが、盛山の破天荒な一面が垣間見えるエピソードを明かしました。

大トニーの意外な一面を告白

そして第1位には、マテンロウがコンビでランクイン。ナダルはマテンロウ・アントニーについて「めちゃくちゃ面白い」とそのトークスキルを大絶賛する一方で、「主導権を握らせない。言葉巧みだから絶対にいじらせない」という一面があることを明かします。

対して、相方の大トニーは「闇属性」だと言うナダル。大トニーは「めっちゃ優しい。実害を被っているわけではない」と言うものの「透けて見える怖さがある」と、内心怯えていることを告白。

というのも、アントニーが大トニーに解散ドッキリを仕掛ける企画が行なわれた際、会話にナダルの名前も出たようで……。いつもは大らかな大トニーが「(ナダルを)ぶっ飛ばしてやろうか?」とブチギレたとのこと。

そんな大トニーを見たナダルは「ちゃんとキレるんや」と思ったそうで、そこから「一歩踏み込みづらい」と距離を保つようになったと明かしました。

■ナダルが“絡みづらい”先輩芸人を発表! 動画はこちら

 

今回の動画には「こういう企画のコロチキは強いww失礼言いまくり」「悪い話してるときの2人が活き活きしている」などの反響が。またナダルと先輩芸人たちのエピソードに「アントニーしっかりヤバくて笑った」など、爆笑する人が続出しました。

YouTubeチャンネル「コロコロチキチキペッパーズの『よろチキチャンネル』」

チャンネルURL:https://www.youtube.com/watch?v=4Kjj6F2OyQo

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」