7月15日(木)、ジャングルポケットがYouTube公式チャンネル『ジャンポケTV』に動画をアップ。コンビ結成から15年目を迎えるジャンポケですが、実は4度も“おたけをクビにする”という話が持ち上がっていたことを明かしました。

関連記事:ジャンポケおたけ、相方の投稿で“意外な肉体美”が発覚「仕上げててびっくり」

 

強運で“クビの危機”を回避

今回は『ジャンポケTV』のリニューアルを記念し、トリオの歴史を振り返る“ジャンポケ年表”を公開しました。

NSC時代は3人ともそれぞれ別のコンビを組んでいたものの、卒業間際に太田とおたけがコンビを組むことに。その噂を聞きつけた斉藤も加わって、トリオを結成したと言います。

そうして2007年にデビューを果たすものの、なんとその翌年には“第一回おたけをクビにしよう会議”を開催。

1年間一緒にいたことで、おたけを「態度だけ天才のただのチンピラ」だと気づいたという太田と斉藤は、おたけをクビにして「コンビで頑張っていこう」と決意。しかしその直後に『コンバットⅡ』(フジテレビ系)のレギュラー出演が決まり、「3人で頑張っていこう」と考え直したようです。

ところが、その4か月後には“第二回おたけをクビにしよう会議”を実施。

『コンバットⅡ』(フジテレビ系)の番組終了が決まったことに加え、放送作家から「売れたいなら、おたけを外せ!」と助言されたのこと。そうしておたけをクビにしようという流れになりますが、そのタイミングで人気番組『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)のオーディションに合格。またもやクビを回避したおたけについて、太田は「運を持っている」と振り返ります。

2013年にはバラエティ番組に加え、情報番組などのレギュラーにも抜擢。多数のチャンスに恵まれ勢いに乗る中で、“第三回おたけをクビにしよう会議”が行なわれたことを回顧します。

なんでも、太田と斉藤がライバル的存在であるパンサーの単独ライブを見たとのこと。その面白さに圧倒され、「このままでは(パンサーに)勝てない。そろそろコンビでやっていくか」と決心したと、当時を振り返っていました。

おたけ、実は研究生だった?

2015年には『キングオブコント』(TBS系)の決勝初進出を決めたジャンポケですが、その直前、またもやおたけにクビの危機が。

というのも、生活に余裕が出てきたことで飲みにいく機会が増え、そのせいでおたけは何度も遅刻を繰り返していたのだとか。その後お酒を断って反省し、「研究生という形で残す」という結論に落ち着いたのだそう。

斉藤は「今までそこから昇格したという報告は受けてない」と、未だにおたけが“研究生”であることを告白。「研究生が活躍してメンバーに入ることもある。自信を持って頑張ってほしい」と勇気づける場面もありました。

■ジャンポケの歴史を振り返る! 動画はこちら

 

今回の動画には、クビを免れ続けてきたおたけに「なぜか仕事を呼び寄せてクビをことごとく回避してきた強運おたけ」「おたけさん残ってくれててよかった」などのコメントが。

また、年表企画に「ジャンポケ好きだからジャンポケ年表まじで嬉しい」「ジャンポケさんの事知れて嬉しいです」などの反響も相次ぎました。

YouTubeチャンネル『ジャンポケTV』

チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCkhPBkw9YwfvyMABLvsCIXg

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」