今年の10月に開催予定の「京都国際映画祭」で、 “次世代を担う人材、才能”を発掘する公募型のプロジェクト「クリエイターズ・ファクトリー2021」が今年も実施されるというニュースが届きました。7月15日(木)から9月17日(金)まで「エンターテインメント映像部門」の作品の応募を受付けています。

“次世代を担う人材、才能”を!

「クリエイターズ・ファクトリー」では、毎年、映像部門とアート部門の2分野からクリエイターの作品を募集しており、本プロジェクトの実施を通して、映像、音楽、絵画、写真、アニメ、CG、ファッション、工芸など様々なジャンルのクリエイターが表現できる場を作り、才能あるクリエイターの発掘・育成を目指しています。

「エンターテインメント映像部門」は、劇映画、時代劇、アニメ、MV等、ジャンルは問わず、上映時間90分以内の作品で、今後映像業界および商業作品での活躍を強く希望されている方の映画・映像作品を募集しています。

ご応募いただいた作品の中から、京都国際映画祭期間中(2021年10月予定)に配信する受賞候補作品を事前に選考し、候補作品は映画祭の期間中に配信されます。候補作品の中から優秀賞、グランプリを選出。グランプリに輝いた方には、賞金100万円および商業映画やドラマ、アニメ製作など、プロの現場での活動をバックアップされます。
なお、「アート部門」、「子ども部門」の募集詳細に関しましては8月上旬に発表予定とのこと。

作品募集概要

京都国際映画祭 「クリエイターズ・ファクトリー2021」 エンターテインメント映像部門
応募受付期間:7月15日(木)〜9月17日(金) ※必着
受賞特典:エンターテインメント映像部門グランプリ1名 – 賞金100万円
応募受付:creators_factory@yoshimoto.co.jp

【応募条件】
1. 国内外で映像制作に関わる全ての個人、グループによるエンターテインメントを追求した作品
2. 3年以内(2018年7月以降)に制作された90分以内の作品
3. 1人1作品のみ応募可能 ※1
4. 日本語以外の言語で制作された作品は日本語字幕を必須とします。
5. その他応募規約に定める条件を満たした作品 ※2※3

※1
他の映画祭へ出品した作品、受賞済作品の応募も可能ですが、既に商業作品として配給会社を通じて映画館で興行または配信されている作品は応募不可。
※2
映像、音楽(音源、詩曲)等、第三者の権利物を利用して制作された作品については、応募及び映画祭における配信利用について必ず権利者の許諾を得た上でご応募下さい。
※3
映画祭のPR目的で、応募作品の一部を利用したPR素材の作成及び当該素材の放送、配信、WEBメディア等における利用を行う場合がございます。予めご了承ください。

【応募方法】
応募は電子メールにて受け付けます。本募集要項と応募規約に同意いただいた上で、①②を以下の宛先にお送りください。

①作品が視聴可能又はダウンロード可能なURL
YouTube等の動画共有サービスで限定公開設定をした作品のURL又はオンラインストレージサービス等で作品のファイルをDLすることができるURL(+パスワード)をお送りください。
※視聴期限、ダウンロード期限は長めに設定していただくようご注意ください。

②記入済のエントリーシート
エントリーシートは京都国際映画祭公式サイトよりダウンロード頂けます。

【応募宛先】
京都国際映画祭 実行委員会「クリエイターズ・ファクトリー エンターテインメント映像部門」事務局
creators_factory@yoshimoto.co.jp

※フィルム、DVD等による応募を希望される方は、上記のアドレスに個別にお問い合わせください。

【事前選考結果の通知について】
事前選考通過者に個別にご連絡いたします(2021年9月末日頃予定)
※事前選考通過者には、配信に必要な素材(作品のサムネイルや30秒以内の予告編など)をご提出いただきます。

【受賞候補作品の公開について】
事前選考通過者の受賞候補作品は、以下の概要で配信いたします。

配信期間:京都国際映画祭開催期間中 ※2021年10月開催予定
配信方法:ストリーミング配信予定
視聴料金:無料

※詳細は決定次第、当ホームページでお知らせいたします。
※英語字幕付で配信する場合がございます。その際は脚本データのご提出をお願いいたします。

【審査員】
春日太一(映画史研究家)審査委員長 他


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」