7月12日(月)、オズワルド・伊藤がTwitterを更新。投稿前日に、『第42回ABCお笑いグランプリ』(朝日放送テレビ)で優勝したオズワルド。大会を観ていたというオール巨人からの、とある一言に反響が集まっています。

関連記事:オズワルド伊藤が妹・伊藤沙莉とコント初共演! ルミネ初ライブで「とうとう呼んでしまいました」

 

「君はやっぱり」オール巨人の一言とは

出典: @ozwalditou

『第42回ABCお笑いグランプリ』では、見事優勝を果たしたオズワルド。今回、伊藤はその興奮も冷めやらぬうちに、大阪・なんばグランド花月にてオール巨人に会ったことを報告しました。

「昨日観ててやっぱり僕の思った通りやったわ」と話しかけられたという伊藤。巨人が審査員を務めた『M-1グランプリ』の話だと思ったとのことですが、そんな巨人が発したのは「君はやっぱりとんでもない詐欺師顔やな」という一言。これを受け、伊藤は「師匠、年末待っていてください」とツイートを締めくくりました。

この投稿に、ファンからは「愛あるなぁ、巨人師匠」「最高の褒め言葉」などと反響が寄せられていました。

悩んだ末に獲得したグランプリ

『第42回ABCお笑いグランプリ』決勝ファーストステージのAブロックでは、審査員全員が1位評価という快挙を叩き出したオズワルド。

昨年の雪辱を果たす形でのグランプリに、「めちゃくちゃ気持ちよかった」と笑顔を見せる一方で、「この1年間はむちゃくちゃ悩んだ」とのこと。昨年の『M-1グランプリ』にて、漫才のスタイルに対し審査員から言及された2人。伊藤は「どっちの意見もありがたかった。どうしたらいいのかって、ものすごくフワフワしてた」と言い、畠中も「いままでと違うツッコミにしてウケなくなったり、調整が難しくて」と『M-1グランプリ』以降の漫才を振り返りました。

関連記事:オズワルド伊藤、ABCお笑いグランプリ優勝で妹・伊藤沙莉の名を絶叫! 「少しだけお兄ちゃんに戻れたかな」

 

巨人とのエピソードを綴った伊藤。今回の投稿には「年末にはどんな詐欺師顔って言われるか楽しみですね」と、『M-1グランプリ』への期待を寄せるコメントも見られました。

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」