7月11日(日)締め切りとなる『マスター・モデル・ビルダー』デジタルコンテストのスペシャルサポーターに次世代ボーイズグループOWVが就任したというニュースが届きました。OWVは8月25日(水)のファイナルコンテストにも出演予定です。

世界に24人しかいない『マスター・モデル・ビルダー』

300万個を超えるレゴ®ブロックで飾られた屋内型エンターテインメント施設、レゴランド®・ディスカバリー・センター東京は、世界初となる『マスター・モデル・ビルダー』デジタルコンテストを開催中です。

『マスター・モデル・ビルダー』は世界に24人しかいない、レゴランド®・ディスカバリー・センターに在籍するトップレベルの技能を持つレゴ職人でお客様に夢や希望を与える、子どもたち憧れの職業です。

今回3代目となるレゴランド®・ディスカバリー・センター東京のマスター・モデル・ビルダーを募集するため、現在1次審査を受付中。締め切りは7月11日(日)です。

現在実施中の1次審査では、応募者の個性を尊重するため、自分だけのオリジナルレゴ作品の写真、および自己PRをオンラインにて受け付けており、本1次審査では、レゴ好き芸人のお笑いコンビ、ボーイフレンド・黒沼誠をはじめ、多岐にわたるジャンルの方が出場しています。

また、出場した方の中から各賞を選出し、最優秀作品賞に賞金10万円、優秀作品賞に5万円、特別賞に3万円をプレゼントされるそう。

2次審査では、あるテーマに沿った作品の写真を提出。そして8月25日(水)には、ファイナルコンテストを開催。レゴランド®・ディスカバリー・センター東京3代目のマスター・モデル・ビルダーが決定します。

OWVがスペシャルサポーター就任!

今回『マスター・モデル・ビルダー』デジタルコンテストの スペシャルサポーターとして、次世代・ボーイズグループ “OWV(オウブ)”が就任しました。OWVは8月25日(水)のファイナルコンテストにも出演します。

ファイナルコンテストでは、レゴビルドのスキルなど多角的な審査を行います。審査員には、 教育評論家の尾木直樹氏や放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏をはじめ、多彩な顔ぶれの出演が予定されているそう。

マーリン・エンターテイメンツ・ジャパン代表取締役社長 井上忠浩氏よりコメントが届いています。

マーリン・エンターテイメンツ・ジャパン代表取締役社長 井上忠浩氏から皆さんへ

マスター・モデル・ビルダーはレゴ作りを通して、お客様に感動や喜びを与えることのできる、レゴランド®・ディスカバリー・センターのみに存在する職業です。レゴランド®・ディスカバリー・センター東京の3代目を決める本コンテストでは、施設をさらにクリエイティブで胸躍る体験をお届する、情熱あふれる皆様のご応募をお待ちしています。

ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

コンテスト概要

レゴランド®・ディスカバリー・センター東京 『マスター・モデル・ビルダー』デジタルコンテスト

応募期間:1次審査: 7月11日(日)まで
応募資格:18歳以上 ※但し2003年4月1日以前に生まれた方

【デジタルコンテストスケジュール】
1次審査
日程:7月11日(日)23:59 (JST)まで
応募内容:自分だけのオリジナリティ作品の写真と自己PRを指定のメールアドレスまでお送りください。
※自己PRの形式は問いません

2次審査
日程:7月20日(火)0:00 ~8月8日(日)23:59 (JST)
応募内容:あるテーマに沿った作品と自己PRビデオを指定のメールアドレスまでお送りください。
※自己PRビデオの形式については1次審査通過者に追ってご連絡します
※面接を実施する場合もございます

ファイナルコンテスト
日程:8月25日(水)
審査方法:審査員の前でレゴ作品を制作していただきます。

※応募方法や応募規約等の詳細については、応募ページをご覧ください。
応募ページはこちら

レゴランド®・ディスカバリー・センター東京 『マスター・モデル・ビルダー』 とは

子供たちの遊びながら学ぶ楽しさや創造力を刺激する、レゴブロックをモチーフとした体験型アトラクション施設「レゴランド・ディスカバリー・センター」に在籍するトップレベルの技能を持つレゴ職人。アトラクションの全てのモデルのデザイン、制作、撤去、設置、修理を行います。東京の名所を160万個以上のレゴブロックで再現したミニチュアのジオラマ「ミニランド」のミニフィグや建物を独自のクリエイティビティを発揮して表現。また、「クリエイティブワークショップ」では、制作スキルを発揮しながらお客様の目の前でレゴの楽しさを伝えます。子供たちに夢や笑顔を与える、レゴランド・ディスカバリー・センターにしか存在しない職業です。

レゴランドⓇ・ディスカバリー・センターについて

レゴランドⓇ・ディスカバリー・センターは、レゴⓇブロック工場見学、レゴⓇ教室、小さいお子様も楽しく遊べるデュプロⓇのプレイグラウンド、東京や大阪の街並みを再現したミニランドなど、300万個を超えるレゴⓇブロックがいっぱいの屋内型施設です。
他にもシューティングゲームや、飛び出す映像にアッ!とおどろく仕掛けがついた4Dシネマなど多彩なアトラクションをご用意しており、3歳から10歳までのお子様とそのご家族が楽しんでいただけるコンテンツが盛りだくさんです。当施設は2007年にベルリンで初めて設けられてから、その後アメリカに6都市、カナダやイギリスなどにもオープン。現在日本国内では2か所で展開をしています。(2012年東京オープン、2015年大阪オープン)

レゴランドⓇ・ディスカバリー・センター東京

場所:東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール3F
営業時間:10:00~16:00
※当面の間、営業時間を短縮。毎週火曜・水曜を臨時休館
入場料金:当日オンラインチケット2,500円/人
※大人 (16歳以上) のみ、子供 (15歳以下) のみの入場はご遠慮いただいております。
※2歳以下のお子様は無料でご入場いただけます。
公式ウェブサイトはこちら

レゴランドⓇ・ディスカバリー・大阪

場所:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10天保山マーケットプレース3階
営業時間:10:00~16:00(ショップ11:00~16:00)
※当面の間、営業時間を短縮。毎週火曜・水曜を臨時休館
入場料金:当日オンラインチケット2,400円/人
※大人 (16歳以上) のみ、子供 (15歳以下) のみの入場はご遠慮いただいております。
※2歳以下のお子様は無料でご入場いただけます。
公式ウェブサイトはこちら

マーリン・エンターテイメンツ・グループについて

MERLIN ENTERTAINMENTS (マーリン・エンターテイメンツ)はレゴランド®・ディスカバリー・センター、レゴランド®、マダム・タッソー、SEALIFEなど、世界24ヵ国で130以上の屋内外アトラクション施設を展開する、世界第2位のエンターテイメント企業です(2021年3月時点)。日本においては6つの施設(レゴランドⓇ・ディスカバリー・センター東京、レゴランドⓇ・ディスカバリー・センター大阪、マダム・タッソー東京、レゴランドⓇジャパン、シーライフ名古屋、レゴランドⓇ・ジャパン・ホテル)を運営しており、世界中で年間およそ6,000万人のお客様にご利用いただいております。
公式HPはこちら


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」