愛する6歳の息子のゆうしくんに、“突然〇〇したらどんな反応を見せるか?”を撮影し、SNS に投稿する「息子に突然シリーズ」が、子育てに奮闘する幅広い世代のお父さん・お母さんの間で話題のパパ芸人、ホープマンズ・森川やるしかねぇ。
一体どうやったらこんなに仲良し親子になれるの?と気になる読者のために、

①親友に近い関係性を築く(これこそが“親友(おやとも)”!)
②育てるではなく共に成長する
③子供に負けないくらい楽しむ

というポリシーを掲げる彼の、笑いあふれる日々を4コマ写真と共にお届けします!
 

6歳ゆうしくんと出産に立ち合い!

この度、森川家の第二子である長女の出産にゆうしくんも立ち会わせることに!

生命が誕生する素晴らしさを教えてあげたくて2人で全力でサポート。

ママの腰をさすってあげる心優しいゆうしくん(涙)。

無事長女が産まれ、その瞬間、ゆうしくんもお兄ちゃんとなりました。
 

僕もこうして産まれてきたの?

我が家の第二子である、長女の出産にゆうしくんも立ち会わせることになりました!

夫婦で、ゆうしくんを立ち会わせるか立ち会わせないかを長い間話し合って、立ち会わせる方を選びました。

理由は「生命の誕生に触れられるいいきっかけになる」からです。

こうやって生命は誕生するんだということを知ってもらえればいいなぐらいに思っていたのですが、
出産が無事に終わって僕と2人で家に帰っている時にゆうしくんが言いました。

「僕もああやって産まれてきたの? ママ頑張って僕を産んでくれたんだね」

生命の誕生を見せたかっただけだったのですが、その瞬間を間近で目撃した6歳の男の子は

「自分の命の大切さと、母への感謝」

を感じてくれました。

子どもというのは、親の願いや考えを遥かに超えて、自分なりにしっかり、見て、感じて、生きているのだなと改めて勉強になりました。

やっぱり僕は、親という立場より、親友として同じ目線に立って、子ども達と同じ目線でものを見て、感じて、共に成長していきたいと、この出産を経て強く思いました。

P.S.
名前は『心絆』と書いてここなちゃんと名付けました。
何個か候補があり、最後はゆうしくんに選んでもらいました。妹ちゃんの名付け親は、ゆうしお兄ちゃん!

4人家族になりましたが変わらず何ごとも、子どもよりも楽しむことをモットーに楽しい子育てを発信していきますので、是非今後ともよろしくお願い致します!

出産に子どもを立ち会わせると、生命の大切さを知ることができるというメリットもありますが、
出産がトラウマになってしまう可能性があるというデメリットもありますので、
出産に立ち会わせるときは、しっかりお子さんの性格を見て判断してください。
 

ホープマンズ 森川やるしかねぇ
1993年生まれ。2017年に相方の「樽見ありがてぇ」とお笑いコンビ“ホープマンズ”を結成。現在、「息子に突然シリーズ」など、息子のゆうしくんとのやり取りを記録した動画をSNSに投稿し始めたところ、Instagramのフォロワーが8ヵ月で10万人を突破するなど、幅広い世代のお父さんお母さんを中心に注目を浴びている(現在はSNSの総フォロワー数60万人を超える)

Instagramはこちらから

Twitterはこちらから

公式YouTubeチャンネルはこちらから

TikTokはこちらから


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」