7月7日(水)、ひょっこりはんがInstagramを更新。自身が描いた息子の水彩画を披露し、その絵の才能に注目が集まっています。

関連記事:早稲田大出身のひょっこりはん、意外な“旧友”との2ショットに反響「いい笑顔」

 

水彩画に「天才すぎる」

出典: @hyokkorihan

今回、ひょっこりはんは「君の笑顔は僕のもの」と題し、息子の水彩画を披露しました。

この水彩画は息子の生後45日を記念して描いたものだそうで、息子のあどけない表情が、やさしいタッチで表現されています。

息子はもうすぐ1歳の誕生日を迎えるとのことですが、ひょっこりはんはハッシュタグで「#たまに笑うところを見たいがために #カメラむけて #ずっと眺めてたなぁ」と、当時の思い出を綴りました。

ファンからは「ひょっこりはん 絵の才能凄いね」「絵が上手すぎる〜 ベビひょこちゃんの記念になるね」「天才すぎる」とその腕前を絶賛する声が。中には「個展して欲しいです」など個展を開いてほしいといった声も寄せられていました。

子育てに奮闘する姿を公開

ひょっこりはんといえば、以前には子育てに奮闘する姿を投稿したことも。

「33才VS2ヶ月才」と題した動画で、生まれたばかりの息子に翻弄される様子を公開したひょっこりはん。そこにはぐずり始めた息子を抱きながらあやすも、息子は落ち着かない様子で手足をジタバタ。ひょっこりはんは何度もパンチされ、眼鏡を飛ばされ……結局泣かれてしまいます。

「育児は戦いだ。」というコメントの通り、新米パパとして奮闘するひょっこりはんに、「可愛い~」「ホッコリはん」などのコメントが集まっていました。

関連記事:「育児は戦いだ。」新米パパ・ひょっこりはんの奮闘ぶりに大反響

 

今回、息子の成長を水彩画で描いたひょっこりはん。その出来栄えに大きな反響が集まった投稿でした。


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」