吉本新喜劇発足62年の歴史のなかで初めて立ち上げられた、子どものためのファンクラブ「すんの会!」。その特典であるバックステージツアーが、7月3日(土)に大阪・なんばグランド花月(NGK)で初開催されました。記念すべき1回目の参加者は、大阪府内から来た小学校高学年の男の子。まずは、NGK1階のチケット売り場の前で記念撮影のあと、さっそくツアーがスタートしました!

5月に発足した吉本新喜劇こどもファンクラブ「すんの会!」は、小学1年生〜6年生が対象で「Aコース」(月額550円)、「Bコース」(月額1,650円)の2種類のコースがあります。今回のイベントはBコース会員限定のオプション企画として初開催され、多くの応募のなかから抽選で選ばれたファンクラブ会員のお子さまがNGKにやってきました。

ふだんは見ることのできないNGKの裏側へ

ツアーの最初は、NGK4階から。照明を調整する調光室、そして音響室を見学します。ここはステージ上を高い位置から見ることのできる、スタッフ以外は入れない貴重な場所です。

そのあとは3階の楽屋へ。ここは座員たちがくつろぐ、テレビでもよく映されているスペース。壁の張り紙などすべてが珍しく、少し緊張気味のところに、座員たちが次々に登場してきました。

スタッフに促されて、座長の川畑泰史や諸見里大介、吉田裕と挨拶しますが、やはりまだ緊張が取れない様子。続いて進行スタッフについて、3つの楽屋へ。「1ベル鳴りました、よろしくお願いします!」と声をかけていく役目を担当します。緊張した表情で一つひとつの楽屋を回っていくと、座員たちが「はーい」と声を返していました。

新喜劇本番の「幕」を上げる大役も!

その後、いよいよ舞台袖へ。このツアー最大の目玉企画、新喜劇本番の緞帳(どんちょう)を上げるという大役です。階段を降りて舞台袖に到着すると、スタッフからボタンを押すタイミングを聞いて、スタンバイ。まわりには本番を待つ座員たちもいます。

いよいよおなじみの吉本新喜劇のテーマ曲が流れ、ボタンをプッシュ! 見事に緞帳が上がると、会場の観客から拍手が起こり、公演がスタートしました。

大役を果たしたあとは、舞台袖でそのまま観劇。近くにあるモニターを見つつ、すぐ横の舞台ではその新喜劇が行われているという、なかなか味わえない状態を体験します。さらにお気に入りの座員である諸見里が横に来てくれたほか、舞台袖で出番を待つ座員といっしょにモニターを見るなど、バックステージツアーならではのスペシャルな体験が続きました。

そして舞台は無事に終了。最後は、こちらも嬉しいステージ上、セットの前で座員たちと記念撮影となりました。

貴重な体験ができる魅力満載のバックステージツアーは定期的に開催。7月分は好評につき受付終了となりましたが、8月以降も開催していくので、これを機に皆さん、ぜひ吉本新喜劇こどもファンクラブ「すんの会!」Bコースにご入会してみては!?

不思議な体験でした!

バックステージツアー終了後、記念すべき第1回に参加してくれた男の子に、この日の感想を聞きました。

――今日のツアーは、どうでしたか?

最初は緊張したけど、とても楽しかった(笑顔)。

――ファンクラブに入ったきっかけは?

バックステージツアーがいいと思って「Bコース」にしたんですが、コロナ禍で劇場も閉まっていて、なかなか機会がなくて。でも今回の募集があったので、慌てて応募しました。

――ファンクラブは何で知りましたか?

吉本新喜劇のテレビで知って、入会ができる日まで待っていて、初日にすぐ入りました。

――吉本新喜劇は毎週、見ていますか?

大好きで、ビデオも録っていつも見てます!

――好きな座員さんはいますか?

諸見里さんが大好きで、(島田)珠代さんも好きです。

――今日は、2人とも出演していたから応募したんですか?

出演者も見ずに応募したら、2人とも出演していて、とてもラッキーでした(笑)。

――これまで劇場で新喜劇を観たことはありますか?

今日が初めてです。モニターで見ながら、すぐそこの舞台で演じている人がいるっていうのが、不思議な体験でした。

――ファンクラブのサービスで楽しいコンテンツは何ですか?

毎週開催されてるファンミーティングもZoomで参加させてもらってますし、Bコース限定のオリジナル動画も楽しいです。この間のけん玉も面白かったですね。

――ファンミーティングでは、すっちーがみんなで芋掘りとかやりたいって言ってましたね。

実施されるなら、ぜひ参加してみたいです!

――最後に、今日の満足度は100点中何点ですか?

う〜ん、101点かな(笑)。大満足です!(笑)

【特典満載の「すんの会!」へウェルカム!】
「すんの会!」は、Aコースが月額550円。毎週末にオンラインで座員とチャットでコミュニケーションを取りながら、約40分間の生配信のミーテイング交流が開かれます。子どもたちの質問に答えたり、ゲームを楽しんだりするほか、チケット先行予約もあるなど盛りだくさんの内容。Bコースは月額1,650円で、Aコースの特典に加えて、今回のバックステージツアー、座員によるオリジナル動画配信、保護者サロンの開設、さらに12カ月間の入会で吉本新喜劇無料鑑賞券がプレゼントされるなど、より充実したラインナップとなっています。

公式サイトはこちらから。


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」