どうも。芸人ライターのヘッドライト・町田星児です。

吉本興業とサッカーJ1のセレッソ大阪が「エンタメパートナーシップ契約」を締結しました。大阪を拠点とする2社が協業することで、新たなシナジーを生み出し、2025年に開かれる大阪・関西万博、さらには2030年に設定された「SDGs(国連が掲げる持続可能な開発目標)」のゴールに向けて、スポーツと笑いの組み合わせによるさまざまな展開を打ち出していこう、という取り組みです。

7月2日(金)に開かれた発表会見では、その第1弾として吉本芸人による「セレッソ応援隊」が結成されました。今回は、その様子をレポートします!

応援隊のメンバーは!?

まずは、セレッソ大阪の森島寛晃社長のご挨拶。

「スポーツとエンターテインメントの業種の違った2社が一緒にキックオフをできたということがたいへん嬉しく、光栄にも思っています。新型コロナウイルスが流行しているなかで、大阪から元気と笑顔とエンターテインメントを発信していきたいです」

これは面白いことになりそう。2社がタッグを組み、セレッソ大阪の新規ファンの獲得や、エンタメ性あふれる企画を実行していくようです。

セレッソ応援隊のメンバーは、この11人。
・トミーズ・雅=応援隊名誉監督
・マルセイユ(別府貴之、津田康平)
・さや香(新山、石井)
・ネイビーズアフロ(みながわ、はじり)
・エルフ(荒川、はる)
・ダブルヒガシ・東良介
・アングリーメン・林咲斗

吉本は、この“イレブン”でセレッソ大阪を盛り上げていきます。SNSでのプロモーションや、ファン感謝祭での連携など、さまざまな活動を予定しているようです。

応援隊からも挨拶。まずは、名誉監督のトミーズ・雅さんから。

「おかえり、ご紹介にあずかりました……」

「ただいま、です!」

さや香・石井のツッコミというアシストもあって雅さんのボケがゴールに入り、さらに――。

「ただいま、ご紹介にあずかりました、わたブラシが……」

「わたクシ、です!」

その後もシュートを打ち過ぎて何点入ったのかわからなくなりましたが、最後は真面目に「長年、セレッソのファンをやっています。セレッソが盛り上がるように私の力を届けたいと思います」と意気込みを述べてくれました。

応援隊の芸人たちからも…

応援隊の芸人たちからも一言ずつ。

マルセイユ・別府は「マルセイユというコンビ名はヨーロッパのサッカーチームの名前なので、将来的にはセレッソというコンビ名に変えます」と宣言!?

さや香・新山からは、「勝てるかなぁ、じゃないねん! 強い気持ちで勝つねん! わかる?」と自身のギャグを使って力強いエールが。

ギャル芸人としてブレイク中のエルフ・荒川は、「SNSでファンの新規開拓をし、ギャルをスタジアムに連れてきたいと思います。スタジアムにギャル席を設けられたらいいな、と思っています」。実現したらスタジアムが、より華やかになりそうです。

さらに、ダブルヒガシ・東は「生まれたときから、セレッソの試合を見てきました。もうセレッソは体の一部です」とのこと。このなかで、いちばんファン歴が長いようです。

そしてアングリーメン・林は、「いちばんスケジュールが空いているので、なんかあったらいつでも行きます!」と自分を売り込でいました。頼りになります!

ゴールパフォーマンスを芸人が考案

新規ファンを増やす秘策として、ゴールを決めた選手の「パフォーマンス」を応援隊が考えてくれました。さや香・石井とマルセイユ・別府はそれぞれ得意のダンスを披露して、これを選手にやってほしいと提案。派手で盛り上がりそうですが、ダンスの経験がないとなかなか難しそうですね。

森島社長が特に気に入ったのは、選手と観客が同じポーズをとって、一緒に盛り上がる案。

ダブルヒガシ・東の「大阪なので、お客さんと一緒にたこ焼きのポーズをとる」、エルフ・荒川の「お客さんと一緒にハッシュタグのポーズをとって、ハッシュターグ!と叫ぶ」、という案がそれ。

一緒のポーズをとれば、選手と観客に一体感が生まれてゴールの喜びもひとしおでしょう。もしかしたら本当に試合で、「たこ焼き」や「ハッシュタグ」のポーズが見られるかも知れません。試合を観る楽しみが増えました!

生で試合を観てほしい

記者からの質問で、雅さんがセレッソのファンになったきっかけを語ってくれました。

「12年前にセレッソの選手たちとご飯を食べたんです。そこでスタジアムに誘われて、後日、スタジアムで観てみたらめちゃくちゃ面白くて……ファンになって、セレッソにハマっていきました」

さらに、こんな質問も。大阪の皆さんはプロ野球の阪神タイガースを応援している人が多いですが、そういう人たちにサッカーに振り向いてもらう方法は?

これに対する雅さんの答えは、「生で試合を観てください。生で観ると100倍ぐらい伝わるんじゃないかな」。

会見の間、雅さんは何度も「生で観てほしい」と言っていました。ぜひ、生で観戦してセレッソ大阪を応援してください。あと、セレッソ応援隊も応援してくださいね。

 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」