6月27日(日)、コロコロチキチキペッパーズのYouTube公式チャンネル『よろチキチャンネル』に動画がアップ。コロチキと先輩芸人・バンビーノには、かつて意外な関係性があったようで……当時バンビーノ・石山を恐れていたというナダルが、その真相を明かしました。

関連記事:コロチキ「やっべーぞ」が流行った2015年 本人が明かす“賛否両論”の背景とは

 

バンビーノをバカにしている?

実は楽屋でバンビーノのネタ・“ダンソン”を真似していることが多いというナダル。西野いわく、「(ナダルはバンビーノを)バカにしている」とのことで、そんなナダルをこらしめるべくドッキリ企画が行なわれました。

今回のドッキリは、偽企画でナダルがネタを真似していると、突如バンビーノ本人が現れるというもの。

さっそく、ナダルがモノマネを極めるという偽企画がスタート。西野がバンビーノのモノマネを振ると、ナダルは「怒られるもん……」と本音を漏らします。

しかし西野に「楽屋でモノマネしていて(動画で)披露したくない、はヤバすぎる」とたしなめられ、ナダルはしぶしぶモノマネを披露します。

すると動きこそ寄せているものの、「しっしっ」などと謎のフレーズが飛び出すなど、本家からは程遠い仕上がりに。たまらず西野も「全然ちゃうやん。バカにしまくってるやん?」とツッコミを入れます。

その後もオリジナルのバンビーノのモノマネをし続けるナダル。そんななか、背後にバンビーノが現れます。

はじめは気づかずモノマネを継続するナダルでしたが、ふと後ろを見た瞬間にバンビーノの2人が目に入り……驚きのあまり腰を抜かし、「もうええて!」と大絶叫します。

「やってくれたな!」と怒りをあらわにする石山に、すかさずナダルは「すんません!」と謝罪。さらにこの一連の流れがドッキリだったと気づき、ナダルは「西野、ゆったやろうがっ!」と西野にクレームを入れます。

バンビーノに土下座謝罪

気を取り直して、コロチキとバンビーノでトーク企画を実施。冒頭、突如「ほんま申し訳ございません」とバンビーノに土下座をして謝るナダル。

西野が「土下座とかそんなに簡単にする人でしたっけ?」と驚くと、ナダルは憔悴しきった様子で「バンビーノさんは別格やから」とポツリ。さらに「バンビーノさんをバカにすんのは一番アカンねんて……」と怯えた様子で話します。

実は大阪時代から、かれこれ8年以上の付き合いだというコロチキとバンビーノ。ナダルにとって石山は“怖い先輩”だったようで、多忙なバンビーノを労うためマッサージをしていたものの、その背景には「石山さんに怒られたくなかった」という思いがあったと打ち明けます。

一方、石山には「(当時)劇的に痛かったナダルを改心させたい」という思いがあったそう。先輩からの評価が下がらないよう教育していたとのことで、ナダルは「めっちゃ教えていただいて今に至る」と石山への感謝を明かします。

ところが、石山への感謝の気持ちを述べるナダルに、西野から「(机に)肘をついているのはおかしい」と指摘が。それにナダルが「無理やねん! お前がこんなこと(動きが激しい“ダンソン”をさせること)したからやろ!」と逆ギレする場面もありました。

また石山は、現在のナダルを見て「すごく化けた」とその変化に言及。というのも、テレビ番組に出演したり、劇場でネタがウケたりしても「もうコロチキは終わりです……」とナダルが自信をなくしていた時期があったのだとか。石山は「その時から考えたら、そんな大きい声を出せているのがうれしいよ」と感慨深そうに明かしました。

■コロチキのモノマネにバンビーノ激怒!? 動画はこちら

 

今回明かされた2組の意外な関係性に、ファンからは「いい先輩に恵まれたな」「意外なつながり。いろいろな先輩に助けられてるな」といった反響が寄せられました。

YouTubeチャンネル「コロコロチキチキペッパーズの『よろチキチャンネル』」

チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCYQ-KobYn4cxCB2T_n05zEw

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」