若手芸人たちの魅力をお届けするウェブマガジン『月刊芸人』はソーシャルメディアプラットフォーム「note」にて毎週コンテンツを配信中。
毎週読み応えのあるインタビューやコラムが配信されています。

出典: 月刊芸人

7月号の『月刊芸人TOKYO』では、7月2日(金)に単独ライブ『ダイタクの60分漫才~2021 夏~』を控えるダイタクを特集。7月7日(水)には、ヨシモト∞ホールと神保町よしもと漫才劇場に所属する芸人の願い事をまとめた七夕特集を予定しています。

さらに『月刊芸人KANSAI』では、2018年『R-1ぐらんぷり』の16代王者となった濱田祐太郎を特集。座談会企画では、「超能力戦士ドリアン」と先月、対バンライブを無観客配信した、ニッポンの社長・辻やロングコートダディ・堂前達による、「ジュースごくごく倶楽部」というバンドメンバー全員でのトークを展開。メンバーそれぞれの名前やバンド名、過去のエピソードなどを赤裸々に語ります。

ダイタクの語る美学とは―

出典: 月刊芸人

もはやダイタクの代名詞的企画となった「60分漫才」。今夏開催される2年ぶりの単独ライブでも60分漫才を披露します。なぜダイタクはこのチャレンジをライフワークとするようになったのでしょうかか? その根っこには、駆け出しの頃に見た先輩たちへの憧れが詰まっています。「努力見せるとか、ダサいでしょ」と言い切る二人の美学とは――。

ピン芸人・濱田祐太郎の現在

出典: 月刊芸人

2018年『R-1ぐらんぷり』の16代王者となった濱田祐太郎。先天性緑内障のため、幼少の頃より盲目ではあるけれど、それゆえにこれまで経験、体験してきたことを漫談スタイルで笑いに転化しオンリーワンの“笑ってもいい”ネタを繰り広げています。
最近は時事ネタも取り入れ、さらにYouTubeやTwitterといったSNSでも表現の場を広げている彼に“現在”を聞いてみました。

『月刊芸人』7月号をぜひ、チェックしてみて下さいね!

コンテンツ概要

月刊芸人TOKYO

出典: 月刊芸人

【WEEK1】
配信日:7月1日(木)
特集:ダイタク
詳しくはこちらからチェック!

【WEEK2】
配信日:7月7日(水)
ヨシモト∞ホール&神保町よしもと漫才劇場 七夕特集

月刊芸人KANSAI

出典: 月刊芸人

【WEEK1】
配信日:7月1日(木)
特集:濱田祐太郎
詳しくはこちらからチェック!

「月刊芸人」とは

吉本興業に所属する若手芸人の魅力をお届けする「月刊芸人」はnoteにて展開。毎週読み応えのあるインタビュー やコラムが配信されています。
月刊芸人はこちらからチェック! 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」