AMFによる「2020年上半期の流行語大賞」でINIと『PRODUCE101 JAPAN SEASON2』がランクインしたというニュースが届きました。

現役女子中高生が本気で調査

出典: AMF

女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFは、トレンドのリサーチが得意な全国の女子中高生からなるマーケティング集団“JCJK調査隊”の精鋭メンバーの選考結果をもとに、2021年1月〜6月までのトレンドをまとめた「2020年上半期の流行語大賞」を、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて発表しました。

INIは【ヒト部門】2位にランクイン!

本流行語大賞でモノ部門にてオーディション番組『PRODUCE101 JAPAN SEASON2』が選出され、 JO1の弟分として誕生したINIがヒト部門でもランクインしました。「早くデビューしてほしい」と女子中高生から多くの期待が寄せられています。

INIから受賞コメントが届いています。

INIから皆さんへ

出典: ©LAPONE ENTERTAINMENT

はじめまして! INIです!
今回は「JCJK流行語大賞2021上半期」ヒト部門2位の選出ありがとうございます!

まだデビュー前の僕たちが、このような順位をいただけたのは、応援してくれているファンの皆様のおかげです。

まだINIを知らないという方もこれを機会に知っていただければ嬉しいです。
これからも11人で、デビューへ向けてさらに頑張っていきます!
それまで是非楽しみにしていてください!!

『PRODUCE101 JAPAN SEASON2』は【モノ部門】4位!

本流行語大賞のヒト部門2位にランクインした「INI」を生んだオーディション番組が4位にランクイン。
「自分の推しがデビューできるように友達にも投票を頼んだ」という女子中高生の意見が多く見受けられました。ファンがTikTokやYouTubeで布教動画を配信するなど新たなオーディション番組の楽しみ方を見せています。


INI ファンクラブはこちら
INI公式twitterはこちら


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」