西武ライオンズが7月13日(火)~8月29日(日)の期間にメットライフドームで開催する『ライオンズフェスティバルズ2021』の限定イベントとして、吉本興業所属の総勢16組の人気お笑い芸人による、SDGsをテーマにしたトークイベントやクイズ、小学生までのお子さまを対象にしたワークショップなどが実施されるというニュースが届きました。各イベントに参加することで、日常生活から実践できる身近なSDGsアクションを学べます。

ワークショップやイベントが盛りだくさん!

出典: 西武ライオンズ

試合前やイニング間には、各お笑い芸人がSDGsの理解につながるトークイベントや漫才を披露するほか、SDGsに関するクイズを出題し、野球を観戦しながらファンの皆さんにSDGsについて考えるきっかけを提供します。

8月14日(土)には段ボールを使ったネタでおなじみのもう中学生が来場し、ごみとして廃棄されてしまうダンボールをリサイクルし、一緒にアート作品を作るワークショップを開催。
また、8月28日(土)には、小中高と野球部に所属し、アスリート芸人として知られるおばたのお兄さんが、こどもの健康増進や運動が楽しくなることを目的とした運動神経アップ教室などを開きます。
8月29日(日)には、次長課長の河本準一さんと黒ラブ教授が、夏休みの学習にもぴったりな実験教室を実施します。

また、場内のグリーンフォレスト デリ&カフェでは、埼玉県産の食材を使用した地産地消メニューが販売されるほか、トレイン広場では西武グループの造園・緑地事業を担う西武造園の協力のもと、環境について楽しく体験学習をすることができるSDGsワークショップが実施されます。

なお、初日の7月13日(火)には、大のライオンズファンである中川家・礼二と、山川穂高選手がホームランを打った時に披露していた 「調子乗っちゃって~」のギャグでおなじみのゆりやんレトリィバァの2人が来場する予定です。また、ゆりやんレトリィバァによる始球式を行なうことが新たに決定しました。

グラウンド内のトークイベントとワークショップを担当するもう中学生からコメントが届いています。

もう中学生から皆さんへ

今回僕はグラウンド内のトークイベントとワークショップの両方を担当させていただきます!
球場でネタをするのは初めてなので今から緊張していますが、皆さんに「ためになったねぇ~」と思っていただけるような、笑いを交えて楽しくSDGsを学んでいただけるネタを用意しています!
ワークショップでは、僕の相棒とも言える段ボールを使って、型にはまらない自由な発想で皆さんと一緒にアート作品を生み出せればと思います!
メットライフドームでお待ちしていま~す!

『ライオンズフェスティバルズ2021』について

出典: 西武ライオンズ

ライオンズフェスティバルズは、2016シーズンにスタートした夏恒例の大型シリーズ企画で、今年で5回目の開催です。今年のテーマは「SDGs」。プロ野球が子どもたちの夢であり続けるために、そして笑顔が絶えず、誰もが健康的でかつ安心して暮らせるサステナブルな社会の実現を目指して、ファンの皆さまと共に「SDGs」について考え、行動することを目的に開催されています。

※新型コロナウイルス感染症の今後の感染状況などにより、イベント内容や時間の変更または中止になる可能性がございます。

『ライオンズフェスティバルズ2021』 特設サイトはこちら

ライオンズフェスティバルズ2021期間中のゲスト来場予定


※ランパンプスと黒ラブ教授はワークショップのみの出演です。

SDGsワークショップ概要


※8月以降のチケット販売概要については、後日オフィシャルサイトなどでお知らせします。

ライオンズフェスティバルズ2021限定のグルメ

期間中、メットライフドーム3塁側の大型フードエリア、グリーンフォレスト デリ&カフェにて、ライオンズフェスティバルズ2021限定のグルメが販売されます。
埼玉県産の野菜やお肉を使用した、地産地消がテーマのデリプレートや、埼玉県産のフルーツトマトを使用したフレッシュジュースなど、SDGsへの関心を持っていただけるメニューのほか、期間中に選手たちが着用するカラフルな色合いの『彩(さい)虹(こう)ユニフォーム』にちなんだ『彩(さい)虹(こう)パンケーキ』などが用意されているそう。
※一部埼玉県産以外の食材も含まれます。また、仕入れ状況により産地が変更となる場合もございます。

西武造園のSDGsワークショップについて

西武造園株式会社協力のもと、森脇亮介投⼿、呉 念庭選⼿、エルネスト・メヒア選手おすすめの野菜の種を使った「野菜たねダンゴ作り」をはじめ、琵琶湖の流木を使った流木アートや、飯能・西武の森の間伐材を使ったコースターづくりが実施されます。お子さまからおとなまでどなたでも楽しく参加しながら、緑ある環境の大切さを知っていただくことができる体験学習プログラムです。

【エコ黒土で芽が出る!野菜たねダンゴ作り】

出典: 西武造園


河川や湖沼水の浄水処理過程で発生し、通常は廃棄処分されてしまう「浄⽔発⽣⼟」。これを特殊技術で再生させたリサイクル⼟壌『アクレ』を利用し、植物が育てられるたねダンゴを作成。選手おすすめの野菜の種を使い、植物を育てることで環境について考えるプログラムです。
開催日時:8/13(金)〜15(日)、24(火)〜29(日)開場後~試合開始時刻まで
場所:トレイン広場 ※変更になる可能性がございます。
対象・定員:なし
料金:無料
参加方法:特設ブースにて随時受付
※浄⽔発⽣⼟資源化技術(アクレ)についての詳細は、⻄武造園株式会社WEBサイトをご覧ください。
⻄武造園株式会社WEBサイトはこちら 

【流木アートに挑戦しよう!】

出典: 西武造園


⻄武造園が管理運営する「滋賀県営都市公園湖岸緑地(南湖東岸・湖東湖北地域)」が、琵琶湖岸に漂着した流木を再利用した材料で作品を制作。ごみ問題や環境問題について考えるプログラムです。
開催日時:8/14(土)、15(日)  開場後~試合開始時刻まで
場所:トレイン広場 ※変更になる可能性がございます。
対象・定員:各日先着30名程度の予定
料金:無料
参加方法:特設ブースにて整理券配布

【間伐材でコースターを作ろう】

出典: 西武造園


⻄武グループが管理する「飯能・⻄武の森」で、森を管理する際に発⽣した「間伐材」を使ってコースターを制作。⽊のぬくもりを感じ、森の⼤切さを知っていただくプログラムです。
開催日時:8/28(土)、29(日)  開場後~試合開始時刻まで
場所:トレイン広場 ※変更になる可能性がございます。
対象・定員:各日先着40名程度の予定
料金:無料
参加方法:特設ブースにて整理券配布

西武造園株式会社について


西武造園株式会社は、西武グループにおける「造園・緑地事業専門会社」として全国的に事業展開し、設計・施工・維持管理・運営までワンストップなサービスを提供するとともに、総合力をもって“人”と“みどり”の環境創造サービス企業として、より豊かなまちづくりを目指しています。
各種事業のノウハウを活かし、地域の自然や地球環境をテーマにした環境教育プログラム事業や、浄水発生土資源化技術(アクレ)を活かした資源循環など、SDGsの達成に向けた取り組みを実施しています。

西武造園株式会社WEBサイトはこちら 

西武ライオンズのSDGsの取組みについて

西武ライオンズでは、2018年3月に「L-FRIENDS」と称した地域コミュニティ活動を埼玉県内に展開し始めました。「野球振興」、「こども支援」、「地域活性」、「環境支援」の4つを柱として、よりすこやかな社会、のびやかな未来を目指しさまざまな活動を行っています。L-FRIENDSのロゴは、地域・ファン・選手・スタッフを、個性的な形を持つハートで表現し、それらが集まり、心がつながって未来へ向けて花開くプロジェクトであることをデザインしています。このハートの一つひとつは、LIONSの「L」も表現しています。
変化や課題に正面から向きあい、解決を目指すために、これからもL-FRIENDS活動を中心にSDGsの達成に向け取り組んでいきます。

<参考:西武グループのサステナビリティアクションについて>

出典: 西武ライオンズ

西武グループでは、グループの経営理念であるグループビジョンに基づき、SDGsへの貢献を意識し、持続可能な社会の実現に向けた取組みを「サステナビリティアクション」として積極的に実施しています。また、当グループでは、SDGsで示された17の国際目標に対し、特に取り組むべき4領域(安全、環境、社会、会社文化)、12項目のアジェンダ(重要テーマ)を設定し、持続的、積極的かつ体系的に取り組みを進めています。
詳細はこちら

吉本興業が取り組むSDGs活動について

「笑顔につなげる活動を通じて、より良い国際社会の実現に貢献・応援」をコンセプトに、SDGsの普及活動を積極的に行っています。国連とタッグを組み、話題の芸人たちが多数出演するSDGs啓発コラボ動画や、SDGsをネタに盛り込んで競う「SDGs-1グランプリ」の開催など、SDGsに関心を持って頂く活動に取組んでいます。


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」