6月27日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、つるの剛士、三浦瑠麗、EXIT・兼近大樹を迎えました。

兼近がYouTuberファンの心理を分析

YouTuber31人が、新型コロナウイルスにおける緊急事態宣言下に、深夜までパーティーをしていたことがニュースに。

本話題について兼近は「これが現状。“逆に何を騒いでいるんだ”という話で」と、今回のYouTuberの行動から、若者の意識が判明したと言います。

昨年からステイホームが続き、一部の若者に我慢の限界がきている。同ニュースになったYouTuberが人気ということは、ファンにとって「(テレビなどで)自粛をしましょう」と言う人たちは“おもんない”存在だと兼近。「今は、普段からそういう生き方、そういう感性を持っている人たちが“面白い”とされている世の中なんですよ」と訴えます。

 出典: フジテレビ

つまり、やることが激しかったり、テレビで見られないことをしたりと、“つまらないことを言わない人たち”だからこそ、YouTuberが人気があるのだと分析しました。

もちろん、彼ら彼女たちのファンの中には一部悲しむ声があるとしながらも、大半はチャンネルを見続けるとコメント。その一方で、YouTubeを観ていない視聴者層が、YouTuberに嫌悪感を持ち「どんどんと若者との分断が進むのが残念」と話しました。

若者に“呼びかけ”をしてほしい!

それぞれが意見を述べる中、松本は「日本の偉い人たちが『日本はオリンピックができるくらい安心・安全』って言っちゃっていますからね。我々も顔真っ赤かにして怒ることもできないというか……」とポツリ。「ただ、31人はダメやと思いますよ。やりすぎです」とコメントします。

 出典: フジテレビ

松本の意見を受けて、東野が「僕らって意外とルール守るじゃないですか。でも、守っているのがアホらしくなってくる」と苦笑いを浮かべると「お笑い芸人さんって本当真面目ですよね」と兼近。続けて「芸能人の方・芸人さんの徹底したやり方、本当に勉強になります」と述べました。

番組では、そんな兼近が、希望をこめてコメントする一幕も。「こういう層(YouTuber)が、おもんなくても『気をつけましょう』って話をしていけば、若者にも上の世代の声が届く。本当は、こういう人たちこそ、めちゃめちゃちゃんとしてほしい」と語っていました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00~
公式サイトはこちら



【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」