引越しを考えている人にとって、悩ましいのが“引越し業者選び”。多くの引越し業者から、自分の希望に沿った会社を選ぶのは簡単ではありません。さらにはなるべく費用を抑えたいという本音もあるはず。

たかくら引越センターは、そんな引越し業者の社長として活躍する芸人です。今回はたかくら引越センター直伝の、引越し業者の選び方や費用を抑えるコツなどをご紹介します。

  1. 引越し業者を選ぶポイント3つ
    (1)知り合いから引越し業者を探す
    (2)口コミから引越し業者を探す
    (3)近所の引越し業者2社で見積もりを出す
  2. 引越し料金を安くするポイント5つ
    (1)繁忙期を避ける
    (2)1か月前までには準備する
    (3)フリー便にする
    (4)荷物の取捨選択をする
    (5)引越し作業での不備に気をつける
  3. 引越し準備で気をつけたいポイント6つ
    (1)あちこちに手をつけない
    (2)荷物は縦入れにする
    (3)段ボールは十字貼りにする
    (4)引越しに適した段ボールを使う
    (5)家具の扱いに注意する
    (6)隠れスペースを確認する

1.引越し業者を選ぶポイント3つ

まずは引越し業者の選び方をご紹介します。たかくらいわく、引越し業者を選ぶポイントは3つ存在するとのこと。引越し業者に依頼する際、ぜひ参考にして納得のいく業者選びをしてみてください。

(1)知り合いから引越し業者を探す

1つ目のポイントは、知り合いに引越し業者がいないか探すこと。引越し作業というのは、自分の知らない人間がプライベート空間である家に入って行なうものです。プライベートな場所に踏み入れられることに抵抗がある方は、知り合いに引越し業者がいないか、一度探してみてはいかがでしょうか。

(2)評判の良い引越し業者を探す

引越し業者選びでは、口コミや周囲の人からの情報を集めたほうが良いと語るたかくら。「正直、大手も中小会社もサービスってあまり変わらなくて、ほぼアルバイトなんですよ」とのこと。引越し業者の内情を知るたかくらいわく、“大手だから良い”、“小さい会社だから良くない”という発想に捉われないほうが良いと説明します。

サイトなどの口コミを参考にしたり、最近引越しをした周囲の人に担当した業者について聞いたり……ユーザーの生の情報をもとに探すことで、良い引越し業者に巡り合える可能性が上がります。

(3)近所の引越し業者2社で見積もりを出す

引越し業者を選ぶにあたって、なるべく安く済ませてくれるところが良いという人も多いと思います。そんな人に、たかくらは「近所(半径5~10km以内)にある、引越し業者の大手事業所と中小2社で見積もりを出すのがちょうど良いと思います」とアドバイス。

近くにある引越し業者を選ぶことで、業者にとっては作業場所に向かいやすいというメリットが。それゆえ引越し料金を安く見積もってくれる可能性も高いと、引越し業者ならではのポイントを明かしました。

2.引越し料金を安くするポイント5つ

引越し業者選びとともに、引越し料金に頭を悩ませる人も多いはず。引越し料金を抑える5つのポイントについても、たかくらが引越し業者目線で解説してくれました。

(1)繁忙期を避ける

まずは、繁忙期を避けることが料金を抑えるポイント。子どもが休みになる春・夏・冬はどうしても引越し業者への依頼が集中してしまうのだそう。閑散期である6月や10月に引越しを行なうことで、料金が半額になることもあると話します。引越し時期を柔軟に決められる人は、閑散期に引越し業者に依頼すると良いでしょう。

(2)1か月前までには準備する

たかくらが運営する引越し業者にも、「1、2週間前のギリギリになって電話をしてくる方もいる」のだそう。依頼の電話をしたときが引越し予定日に近いほど、料金も高くなってしまうと明かします。

最低でも1か月前までには引越し業者に連絡することで、金額を抑えられる可能性があるとのこと。転居が決まったら、なるべく早く予約を入れると良いようです。

(3)フリー便にする

引越しの時間指定に関して、フリー便にすると安くなるときがあるのだとか。たかくらいわく、午前便に予約が集まる傾向があるそう。午後フリー便で安くなるかどうか、引越し業者に確認してみるのが良いようです。

(4)荷物の取捨選択をする

運ぶ荷物が多いと料金が高くなることもあるので、不要なものはあらかじめ捨てておくのがおすすめです。

また引越し業者の作業員は、荷物を関連度が高い場所に運んでくれます。「食器」「服」など段ボールの中身をメモすることで、荷物の運び先を家主に確認する手間がなくなり、作業時間を削減できます。ぜひ忘れずに書いておきましょう。

(5)引越し作業で不備が出ないようにする

5つ目のポイントとして、引越し作業で不備が出ないように気をつけることが大事だと説明します。荷造りが不完全のまま当日を迎え、引越し業者が梱包作業を手伝うことになると、追加料金が発生する可能性も。

さらに引越し業者に対して、荷物を少なく申告することで困るケースもあると語ります。物干し竿や自転車の申告を忘れる人が多く、特に自転車はスペースをとるため、トラックに乗らず運べない事態もあるのだとか。これらの不備には、迷惑料として引越し業者から追加料金をとられる場合があるとのこと。不備がないか、注意して引越しの準備を行ないましょう。

また、善意で当日の引越し作業を手伝ってくれる依頼主もいるとのことですが、かえって作業が遅くなるケースがあるとのこと。運搬はなるべく引越し業者に任せたほうが良いようです。

3.引越し準備で気をつけたいポイント6つ

引越し業者やプランが決まったら、当日に備えて荷造りを進めていきましょう。荷造りの進め方や梱包のコツ、意外と見落としがちなポイントについて、たかくらが説明します。

(1)あちこちに手をつけない

荷造りをする際、食器に漫画、洋服……とあちこちに手をつけてしまう人もいるのではないでしょうか? 最初は張り切って進められるかもしれませんが、この方法だと途中で集中力が切れてしまうこともあると思います。

例えば玄関から窓側の動線部分にかけて行なうなど、場所を区切って荷造りするのがおすすめです。また2週間前はこのスペース、1週間はこのスペース……と時期で区切ることによって、集中力も保ちやすくなります。1日で一気に済ませようとせず、前もって計画的に進めておくことが大切です。

(2)荷物は縦入れにする

たかくらいわく段ボールに荷物を入れるときは、基本的に“縦入れ”がおすすめなのだそう。

例えば食器の場合、縦にすることで隙間を有効活用して入れることができると話すたかくら。また段ボールを落としてしまったときも、縦入れにした場合は当たる面が少なく、衝撃が分散されるため割れにくくなるのだとか。実際に、食器を新聞に包んで横入れする人を見かけるそうで、落としたときに重ねたお皿が全部割れてしまったケースもあったと言います。

(3)段ボールは十字貼りにする

段ボールを閉じるとき、ガムテープで両端と開閉口をふさぐ“H貼り”をしている人もいると思います。しかし、たかくらによれば「強度があって隙間を防ぐ利点があるんですけど、分解・片付けするのがめちゃくちゃ大変」とのこと。代わりに、分解のしやすさと強度を兼ね備えた“十字貼り”を推奨しています。

また、ガムテープの種類については“紙”素材のものが好ましいのだそう。布テープで貼ると、引越し業者がトラックに段ボールを乗せるときに、摩擦の抵抗で引っかかるとケースがあると言います。

(4)引越しに適した段ボールを使う

4つ目のポイントは、引越しに適した段ボールを使用すること。荷物が入れば問題ないという考えから、ペットボトルが入っていた段ボールなどを使ったことはありませんか? 穴が開いている分持ちやすい一方で、小さくてあまり荷物が入らず、運搬する際に往復回数が増えてしまうことも。

引越し業者からすると、適度な大きさと強度を持った段ボールのほうが効率的に仕事を進められるそう。作業時間の短縮や荷物の無事につながることを考えると、段ボール選びも重要になってくるようです。

(5)家具の扱いに注意する

お気に入りの家具は、引越し先でも変わらず使いたいもの。しかし、なかには引越し業者にとっても分解しづらい家具もあるそうです。

分解しないと外に出せなかったり、再度組み立てるのが難しかったり……といった理由から、引越し業者によってはそれらの家具を運ばない会社もあると言います。

可能であれば、あらかじめ自分で分解しておいたほうが、当日運べないという事態を避けられるようです。

(6)隠れスペースを確認する

洗濯機の裏やベッドの下のような“隠れスペース”に、ものが落ちてしまった経験はありませんか? とるのを忘れて、そのまま放置していることもあるでしょう。

たかくらいわく「女性に多いんですけど、洗濯機の後ろやベッドの下に下着が落ちている方がいます。80%の確率で落ちているので、気まずくなります……」とのこと。プライバシーを守るためにも、よく確認しておきましょう。

たかくら引越センターが教える、引越し業者選びや料金を抑える方法についてご紹介しました。

関連記事:引越しシーズンに役立つ! たかくら引越センターが教える“安くなる&効率アップする”方法

たかくら引越センター

芸人兼「たかくら引越センター」社長。会社に所属する作業員は全員社員で構成されており、スピーディーな引越し作業を得意としている。2021年3月には100件以上の案件を受注し、芸人からアイドル、一般人まで幅広い顧客の引越しを手掛ける。

個人Twitter:https://twitter.com/takakurahikkos
公式HP:http://www.tmc4514.com/


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」