本日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より、いよいよ1か月後に迫ったTOKYO 2020の公式ビート“Make The Beat!”を盛り上げるMake The Beat!アワードの開催が発表されました。
Make The Beat!は、TOKYO 2020の公式ビートで、聞けば思わず手拍子したくなる応援ビートです。

果たして優勝するのは誰か!?

#2020beat はSNSを通じて世界中の人が参加できるユニバーサルな応援スタイル!
「Make The Beat!アワード」はこの応援ビートを使って、よしもとタレントがInstagramでリール動画を投稿し、豪華審査員による選考後、1名が公認アンバサダーに選ばれるというプロジェクトです。
豪華審査員には、板尾創路、お笑い好きで知られオリンピアンでもある大林素子が既に決定しており、ここに東京2020組織委員会メンバー、ダンス目線の人選も追加される予定です。

既に横澤夏子とおばたのお兄さんが先行して“Make The Beat!”公認アンバサダーに就任しており、ここに合流してTOKYO 2020公式ビートMake The Beat!を盛り上げます!
今日から「#2020beat」「#MTBアワード」をつけたよしもとタレントのリール動画がinsragramにアップされていきます。

横澤夏子とおばたのお兄さんからコメントが届いています。

横澤夏子から皆さんへ


どんなBeatが刻めるかまだまだ未知ですが、キラキラした爽やかなBeatを刻めるように頑張ります! 

おばたのお兄さんから皆さんへ


聖火ランナーも務めさせて頂き、オリンピックの盛り上げにまた関わらせて頂けてとても嬉しいです。僕自身スポーツに何度となく救われて来たので、たくさんの勇気が世界中に届くように僕も発信していきまーきのっ

更に、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会MTBアワード担当者からもコメントが寄せられています。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会MTBアワード担当者よりメッセージ

この度先行してMake The Beat!公認アンバサダーになって頂いた、横澤さんもおばたさんも聖火ランナーとして東京オリンピック・パラリンピックに既に関わってくれています。
そんなお二人に続くのは誰なのか、どんなリールが投稿されるのか楽しみで仕方ありません。
2021年7月23日から開催される東京オリンピック・パラリンピックは歴史上類を見ないスポーツの祭典となります。
今回だからこそ出来る応援の仕方があります。世界中からMake The Beat!に賛同いただいた応援メッセージが発信されます。
皆さんも2020beatにのって東京オリンピック・パラリンピックに参加してください! 

結果は7月15日オンライン発表

結果発表は7月15日(木)を予定しています。

皆さんも動画を見ながら是非「#2020beat」の動画をアップしてくださいね!

Make The Beat!アワード概要

Make The Beat!アワード

投稿期間:6月25日(金)~7月4日(日)
アワード結果発表:7月15日(木)
MC:陣内智則
公認アンバサダー:アワード受賞者1名、横澤夏子、おばたのお兄さん
審査員:板尾創路(審査委員長)、大林素子(オリンピアン)、東京2020組織委員会メンバー他


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」