最近コワーキングスペースを使って人とコミュニケーションを取りながら仕事をしたい!という人も増えています。
そんな中、新たなコミュニティ型Co-Creating&Co-Workingスペース「Laugh Out(以下ラフアウト)」が東京・渋谷には2019年7月、大阪・中津には2019年8月にオープン!

渋谷のラフアウトはどんな場所?

渋谷のラフアウトは、渋谷公会堂向かいの昨年閉店した老舗ドレス店「Dress Black(ドレスブラック)」の跡地と、誰もが分かりやすいスポットにあります。

フロアは1階~3階の3フロアと屋上の計4フロア。

1階は、カフェやラウンジのように「自由自在に働くフロア」として、フリーアドレス席と売店があり、2階は固定席フロア、3階はミーティングルームやスタジオフロア、フリーアドレス席となっています。
ウッドデッキを設ける屋上は、カジュアルなミーティングや休憩場所、イベントスペースとして使うことができるとのことで、クリエイターたちのワクワクを刺激してくれます!

「ラフアウト」は「CREATE TOGETHER. Work,Create,Eenjoy!」をコンセプトに、働くだけでなく、創作活動が可能な新しいコミュニティ型Co-Creating&Co-Workingスペース。
日本を動かすユニークな人材がここに集うことは間違いありません。

新たな時代と街を創る人材を

「Laugh Out」とは英語で「笑い飛ばせ!」という意味。
笑い飛ばすぐらい、楽しいモノ、コンテンツや仕事づくりをする場というメッセージが込められており、コワーキングをはじめ、よしもと芸人が施設のコミュニティーに参加し、コミュニティーラジオでオリジナル放送局も開設するなどクリエイティブな拠点になるようです。
独自のラジオ放送局では、「創る」をテーマに情報を発信。
動画配信スタジオやグラフィック制作機材も備え、メンターが定期的にユーザーの活動をサポートしてくれるのだとか。
セミナーやイベントにも対応し、創作活動をするよしもと芸人らがコミュニティーに参加していくとあって、こちらにも注目が集まります。
渋谷の施設は、100年に1度の再開発を行う渋谷区と連携し、新たな時代と街を創る人材を発掘、育成を目指します。
ドリップコーヒーやクラフトビールの企画、販売も実施予定。こちらは会員の方だけでなく一般販売も予定しています。

大阪ラフアウトにはキッチンも!

大阪の注目エリア、中津では、キッチンを設備し料理人も参画可能!
恒常的にアート展示販売も行い、中津の街との連携した企画を随時展開します。

運営するのは、GRID永田町や表参道Commune 2nd内で展開している人とのマッチングとソリューションで新たなCo-Workingのスタイルを形成した『みどり荘』。
「創る」「働く」を実現する場に様々なコラボレーションやイノベーションを提案していく場所となりそうですね。

施設概要

住所:東京都渋谷区神南1-7-8
メンバー会員契約(渋谷)
固定デスク…自分だけのデスクを持つプラン:80,000円/月(税別)
フリーデスク…その日の気分で場所を選ぶプラン:40,000円/月(税別)

施設内覧:7月1日(月)開始