ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)とファッションブランド「ZUCCa」による、お笑いとファッションの融合が実現した限定コレクション『ジャルジャル×ZUCCa』が発売されるというニュースが届きました。さらに、発売に伴い、東京・渋谷PARCO4階 「CABANE de ZUCCa」スペース内にて、『ズッカでジャルってんじゃねぇよ @CABANE de ZUCCa SHIBUYA PARCO』が7月9日(金)から期間限定で開催されます。

“おしゃれなコント衣装”がテーマ!

今回のコレクションは、ジャルジャルのネタ帳に書き留めたネタになる前のアイデア『ネタのタネ』をYouTubeチャンネル「ジャルジャルタワー JARUJARU TOWER」にて毎日投稿していることから衣装に着目して、“おしゃれなコント衣装”をテーマに全10点のアイテムが展開されます。

コント気分で日常に笑いと豊かさをプラスできるような商品となっており、黒とベージュを基本スタイルとするジャルジャルがどうおしゃれになっているのか注目です。

『ズッカでジャルってんじゃねぇよ @CABANE de ZUCCa SHIBUYA PARCO』では、撮影風景を収めた限定ムービーを公開。フォトスポットも設置予定だそう。

PARCO ONLINE STOREでは、受注予約を6月10日(木)から開始しています。

本イベントは政府ならびに関係諸機関により策定された新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインにもとづき、感染拡大防止対策を講じて開催いたします。

ジャルジャルからコメントが届いています。

ジャルジャルから皆さんへ

後藤淳平
まさかZUCCaさんとのコラボレーションが実現するとは思っていなかったので、自分のマインド的にも非常に嬉しく、興奮しています。ZUCCaさんのエッジの効いたインスピレーションをリプロダクトすることによってベストなラインナップをアナウンスできたと思います。皆さんが今回のプロダクトをピックアップすることによって、ZUCCaさん及びジャルジャルへのエンゲージメントを高めていただけたらベリーハッピーです。
福徳秀介
カッチョよくて、おもろい服! まさかの、オシャレな学ランもあります!ZUCCaとジャルジャルで、ZUTToジャル!

気になるラインナップは…?

ラフマガでは商品の一部をご紹介します。


【オンライン・店舗販売】
『コラボロゴTシャツ①・②』 価格:8,800円(税込)
『ロゴパンツ ショート』  価格:25,300円(税込)


【オンライン・店舗販売】
『ロゴパンツ ロング』 価格:29,700円(税込)
『学ラン風 ジャケット』 価格:45,100円(税込)


【店舗限定販売】 
『ドッキングTシャツ』 価格:16,500円(税込)


【オンライン・店舗販売】 
『ショップコート』 価格:45,100円(税込)
【店舗限定販売】
『コラボスニーカー』 価格:23,100円(税込)

ぜひチェックしてみてくださいね。

概要

『ジャルジャル×ZUCCa』
発売:7月9日(金)
商品:ジャケット、コート、パンツ、シャツ、T シャツ、スニーカー、バッグ
黒とベージュを基本スタイルとするジャルジャルカラーとコントの衣装で使われるチノパンや学ラン、白衣などを掛け合わせ、ファッションに昇華させた限定コレクションは、ジャケット、コート、パンツ、シャツ、T シャツ、スニーカー、バッグなど、全 10 アイテムをラインナップ。

『ズッカでジャルってんじゃねぇよ @CABANE de ZUCCa SHIBUYA PARCO』
日時:7月9日(金)~期間限定
営業時間:11:00~20:00
場所:渋谷PARCO4F 「CABANE de ZUCCa」 内(住所:東京都渋谷区宇田川町15-1)
ホームページはこちら

【注意事項】
※ご来場の際は必ずマスク着用と、入場時に手指の消毒のご協力をお願いします。
※ご来場ご出発前に検温をお願いいたします。発熱がある場合は、ご来場をお控えくださいますようお願いいたします。
※営業時間は施設で定める営業時間や休業期間に準じます。予めご了承ください。

PARCO ONLINE STORE
PARCO ONLINE STOREはこちら
期間:6月10日(木)~7月8日(木)
ドッキングTシャツ・スニーカーを除く商品を受注販売いたします。(6月10日時点、最新の情報はHPをご覧ください。)
※受注状況によっては打ち切る場合がございます。ご了承ください。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」