6月20日(日)は「父の日」ということで、吉本きっての仲良し親子芸人によるスペシャル対談をお届けします。今回、登場するのは、漫才コンビ・ケツカッチンとして活動しながら、作家としても注目を集めている高山トモヒロと、その娘で、吉本坂46でアイドルとしても活躍するピン芸人の光永(ひなた)。ともに芸人の父と娘は、お互いのことをどう見ているのか。ホンネ全開の親子トークが繰り広げられました!

出典: 本人提供

改めて2人の最近の活動を紹介しておくと、父・高山は、和泉修とのコンビ・ケツカッチンで舞台、テレビなどに出演する傍ら、作家として『ベイブルース 25歳と364日』『手のひらの赤ちゃん─超低出生体重児・奈乃羽ちゃんのNICU成長記録』(いずれもヨシモトブックス)などを上梓、さらに自著の映画化に際しては監督業に挑戦するなどマルチに活躍しています。片や娘・光永も、本業であるピン芸人に加え、吉本坂46のメンバー、ファッションブランド「so.C.hu」プロデューサーと、多彩な顔を持っています。そんな2人が、大阪と東京をリモートでつなぎ、改めて語り合った内容とは!?

「光永には連絡しにくい…」

──高山さんは大阪、光永さんは東京で生活していますが、コロナ禍でなかなか会えないんじゃないですか?

高山 直接、顔を合わせたのは、去年の正月に(大阪へ)帰ってきたときが最後かな?

光永 そうやね。そのあと2月に仕事で帰る予定やったけど、コロナでぜんぶ中止になっちゃって。

高山 光永が吉本坂46に入ったら、全国いろんなところに行くやろうから、関西にも帰ってくると思って、ちょっと広いマンションに引っ越したんですよ。ところが、コロナ禍で帰ってこられなくなってしまって……だから光永は新しい実家を知らないんです。

光永 早く帰りたいです。

高山 あ、光永が使う予定の部屋な、いまママが寝てるわ(笑)。

光永 いや、ええけど別に(笑)。

──では、会えないぶん、連絡はこまめに取り合ったりしているんですか?

高山 ちょっと電話して声を聞いたり、LINEするぐらいかな。なんか、光永には連絡しにくいねん。

光永 え、そう?

高山 光永は3人姉妹の次女なんですけど、長女と末娘には用事がなくても連絡しやすい。この子はやっぱり芸人やから、ツッコんできたりするねん。「パパ、酔った勢いで電話してるやろ」とか言われるので、遠慮してしまうのかもしれないですね(笑)。

光永 (笑)。

出典: 本人提供

娘の単独ライブ後に高山泥酔!?

──光永さんが芸人を目指したきっかけを教えてください。

光永 小学2年生ぐらいから、お父さんと仕事でロケに行かせてもらうようになって、「おいしいもん食べるだけでお金がもらえるなんて」と思ったのがきっかけかな(笑)。そのころから、(将来は)芸能関係の仕事をするんやろうなと思ってました。

高山 NSC(吉本総合芸能学院)大阪に入ったのは高校生のとき。光永は中3まで体操クラブに入ってたんですけど、高校になって体操をやめると言い出して、活発な子やし、遊び回るのも困るなあと思ってたところに、NSCの話が出たんですよ。
で、あそこに行ったらネタも考えなアカンし、努力するやろうから、不良にはならんなと(笑)。卒業後、芸人としてやっていくかどうかは彼女が決めたらええことやし、塾に行くみたいな感じでNSCに通ってもいいんちゃう?ぐらいの気持ちでしたね。

出典: 本人提供

光永 どこか事務所に入りたいと思っても、私は吉本しか入り方を知らなかったんです(笑)。あと、やりたいことがいっぱいあったんですけど、お父さんに「吉本やったら、それぜんぶできるで」と言われたのも大きかったですね。

高山 まだ未成年やから心配やし、まして東京の事務所とか言われたら……親としては「なんとか大阪で」という思いでした。

──でも、高校卒業後は日本大学芸術学部に進学して、結局、上京したんですよね。

高山 そうなんですよ。上京の日、家族で新大阪まで見送りに行ったんですけど、嫁さんが光永に抱きついて泣いてたのを覚えてます。その2週間後には、仕事で帰ってきたんですけど(笑)。

光永 けっこう帰ってたよね。

高山 うん。しょっちゅう家で寝てるやんって思ってたもん(笑)。

──そのころ親子で共演することはありましたか?

高山 大阪で親子イベントをやりましたね。光永はもう大学生になってて、あ、子どもの光永と仕事してるんじゃないんやと実感しました。親子で漫才してるときは、ネタ中に涙ぐんだ記憶があります(笑)。

──お互いの舞台を見に行くこともあるんですか?

高山 2年前、(東京・渋谷の)ヨシモト∞ホールに光永の単独ライブを見に行きました。でも、「失敗すんなよ」とか「お客さん笑ってるやろか?」とか、ネタ以外のことが気になって、すっかり“お父さん”になってましたね。光永の芸人仲間があいさつしに来てくれても、「娘を今後もよろしくお願いします!」みたいな(笑)。

光永 ライブの後、一緒にゴハン食べて、うち(東京の光永の自宅)に泊まったんですけど、その夜のお父さんのお酒は長かったですよ〜(笑)。

高山 最後はトイレで寝たもんな(笑)。いやあ、うれしかったですね〜。ホテルとかじゃなくて、光永が一人暮らししてる部屋なので、さらにテンション上がりました(笑)。

小学生の光永が変えてくれた

──光永さんにとって、お父さんはどんな人ですか?

光永 「お父さん」というより「パパ」って感じ。お父さんっていうと威厳があって怖い感じがするじゃないですか。それより、もうちょっと友だちっぽいというか。

──では、高山さんからみて光永さんは?

高山 おそらく気ぃ使いやろなと思いますね。自分がヘコんでるときでも、家族の前では明るく振る舞うとか。
あと、要領がいいのかもしれない。姉妹ゲンカとか、お母さんとちょっと口ゲンカみたいになったら、長女も末娘もぶつかり合うのに、光永の場合は相手に吐き出させるっていうか。最後まで話を聞いて、姉妹なりお母さんなりがスッキリするタイミングを待ってるんですよ。そのときは、反省してる顔して反省してないと思います。

光永 当たってる。占い師かと思いました(笑)。

高山 でも、えらいなと思いますね。ケンカになったら数日は引きずるけど、それを最小限に抑えてくれるのはこの子かなって。

──高山さんが、光永さんに教えられたなと思ったことはありますか?

高山 さっき光永が話したように、30代前半で一緒にロケに行くようになったんです。それまでは、ツッコミやからツッコんでいかなアカンとか、ミスをしたらアカンとか、スキのない芸人にならなアカンとか思ってたんですけど、そのロケで小学生の娘に「パパどんくさいなあ!」とか「しっかりしいや!」とツッコまれるようになって……それを見たスタッフが笑ってくれて、「あ、こういうのもええんや」と。
あのとき光永がロケに行ってくれてなかったら、「スキを作ったらアカン」っていう生き方のままで、いまの僕はなかったかもしれないですね。

──高山さんの芸人人生において、意味深い出来事だったんですね。

高山 年を取るごとに、“かわいげ”が出てきたらええなと思えるようになった。失敗しても「テヘッ」って言うたらまわりが笑ってくれたりすること、あるじゃないですか。師匠方を見てても、そういう“かわいげ”みたいなのがある。それにいちばん最初に気づかせてくれたのは、小学生のときの光永やったなあ。

お互いの思いがクイズで明らかに!?

ここで、2人がどれだけお互いのことを理解しているかを探るべく、以心伝心クイズに挑戦してもらいました!

【第1問】高山さんが、光永さんについていちばん心配なのは?

光永 普通の親ならやっぱり心配するかなと。

高山 ほぼ同じですね。小っちゃく書いてる“お金”は、コロナ禍やから大変やろうなと思って。この子は困っても言うてけえへんからね。長女と末娘はいろいろ言うてくるけど、光永は自分で乗り越えようとするから心配。ぜんぜん甘えてくれてええのに。

【第2問】2人の思い出といえば?

高山 ロケという部分は合ってるね。いままで2人でいろいろロケに行ったんですけど、海外ロケが1回だけあって……グアムやったかな? あのときは、中部国際空港集合やのに、僕が間違えて小牧空港(県営名古屋空港)に行ってしまったんですよ。なんとか間に合いましたが、娘の前でディレクターにめっちゃ怒られました(笑)。

光永 キャンプロケは、たしか名古屋の山やったと思います。テントで寝泊まりするのが夢やったので、むちゃくちゃ楽しかった。

高山 行ったね〜、キャンプ。僕がテントの杭を打ってたら、小学生の光永に「おい、指やんなよ!(ケガするなよ)」って言われたん覚えてるわ(笑)。

【第3問】光永さんが高山さんに直してほしいと思っていることは?

光永 酒癖と、もちろん酒量もですね。こないだ酔っぱらってご機嫌なお父さんから電話があったんですけど、妹に代わってもらって「お父さん、なに飲んでるの?」って聞いたら、「ストロング缶、キメてる」って(笑)。どんだけ手っ取り早く酔いたいねんと。

高山 年取って量は減りましたけどね。

光永 酒癖は絶対直らへん(笑)。

高山 今日も、リモートやけど久しぶりに光永の顔見てしゃべれたから、ええ“ストロング”キメられると思うわ〜(笑)。

【第4問】光永さんが高山さんにいちばん感謝していることは?

高山 あのとき僕が「アカン」って言ってたら、いまの光永はないもんなあ。

光永 それも、ぜんぶひっくるめての“優しさ”なんです。否定しないというか。

高山 たしかに、否定は絶対しないんですよ。光永のネタを見て、「こうしたほうがええんちゃうか」とか、そんなん言うたことないもん。光永は光永が面白いと思うものをやったらええ。僕は芸人の先輩やけど、お父さんでもあるので、やっぱり言われるのはイヤやと思うし。

「光永は結婚とか考えてんの?」

──せっかくの機会なので、お互い気になっていたけど聞けなかったことや、ずっと言いたかったことなどがあれば、ぶつけ合ってください!

光永 じゃあ私から。もうちょっとオシャレしてほしいと思います。お父さんはここ15年ぐらい(ファッションが)止まってる。新しい服を買ってるはずなんですけど、どこへタイムスリップして買いに行ってるのかという感じで(笑)。

高山 年齢とともに、冒険できへんようなってきてるんです。自分で選んでミスするのが怖くて、つい保守的になってしまうねん。

光永 あと、今日はキャップをかぶってるんですけど、(高校時代に在籍していた大阪市立)桜宮高校野球部の名残りが何十年も続いてて、絶対つばを折るんですよね〜(笑)。

高山 そやな。若い子はまっすぐやけど、それができない(笑)。

──高山さんからは?

高山 結婚とか考えてんのかな? 長女と末娘は「好きな子できてん」とか、いろいろ教えてくれるんですよ。でも、光永の場合はまったく情報がなくて。

光永 私は、そういうことを誰にも言わないタイプ。恥ずかしがりなんですよね。恋愛も、自分からコクって振られるのが怖いとか、めっちゃあって。まあ結婚は、とりあえずいまの目標を達成してからやと思ってます。

高山 父親としては、いつかは誰かいい人を見つけてほしいと思うんですけどね。浮き沈みが激しい芸人よりは、吉本の社員で出世するような人を選んで結婚してほしいなあ(笑)。

光永 えーっ!? 親も自分も結婚相手も吉本なんて、濃い、濃い!(笑)

──では、光永さんにとってお父さんはどんな存在ですか?

光永 ヒーローです!

高山 お〜、うれしい。うれしいけど、「やろ?」とは言いにくい(笑)。

光永 これで帰省したとき、おこづかいがもらえます(笑)。

高山 あげるわ〜(笑)。

──高山さんにとって光永さんは?

高山 月並みで申し訳ないけど、永遠の子ども。もう20代後半やけど、僕のなかでは小学校時代と変わらんままなんです。

出典: 本人提供

──ありがとうございました。最後に、お互いにメッセージをお願いします。

光永 心配させてるかもしれませんが、いい報告ができるように、東京で引き続きがんばります。

高山 大変な時代やし、女芸人としてがんばってることも、もちろんわかってます。自分でなんとか乗り越えなアカンって思ってるやろうけど、苦しいときは苦しいって言うて甘えてください。ほかの姉妹はそうしてるし、むしろそのほうがパパはうれしいから。

光永 はい!


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」