ハリウッドを代表する映画監督、ザック・スナイダーとロバート・秋山扮する人気キャラ“天才子役”上杉みちの緊急対談が実現したというニュースが届きました!

この春注目の国内外2作品!

出典: Netflix 映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』 Netflix オリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供する Netflix は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)、『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』(21)などを手掛けてきたザック・スナイダーが監督・脚本・製作を務め、デイヴ・バウティスタ、真田広之ら出演で贈るゾンビ映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』を5月21日(金)より独占配信中。

そして、ロバートの秋山竜次が様々なクリエイターに扮し、絶妙なクリエイター選びと何故か本物と思わせる台詞や仕草、謎のプロフェッショナル感が話題の「クリエイターズ・ファイル」と Netflixが組んだ、『クリエイターズ・ファイルGOLD』が全世界独占配信されています。

誰も予想だにしないスペシャル対談!

Netflixが贈るこの春注目の国内外2作品のクリエイター、ザック・スナイダー監督と、監督の妻であり本作のプロデューサーも務めるデボラ・スナイダー、ロバート・秋山扮する天才子役“上杉みち”による、誰も予想だにしない究極のスペシャル対談映像が解禁されました!

ある日ゾンビが大量発生した世界を舞台にした『アーミー・オブ・ザ・デッド』は、ゾンビに支配されたラスベガスの巨大金庫を狙い、傭兵たちが「史上最大の強盗」に挑む物語。クセ者ぞろいの傭兵集団と、屈強な肉体と高い知能を併せ持つ“進化型ゾンビ軍団”との、“究極の一攫千金”を巡る壮絶な戦いが描かれます。

そして『クリエイターズ・ファイル GOLD』は、2015年にYouTube「クリエイターズ・ファイル」チャンネルにて配信され話題沸騰、今やチャンネル登録者数は60万人目前(2021年5月現在)の人気コンテンツとNetflix が組んだ特別版。全世界配信となるNetflixでの今作は、大人気俳優・横浜流星、安達祐実、永野芽郁、オダギリジョーなどGOLD級のゲストらが続々と登場、各ゲストとどんな化学反応を起こすのか目が離せません。

勢いがありすぎる「6 years old!」

そして、今回実現した緊急対談の特別映像は、両者の軽快なやり取りにより、終始クリエイティブで爆笑必至のやりとりに満ちています。
冒頭から、「みちはどこだい?」とノリノリなスナイダー夫妻の前に現れたのは、秋山扮する天才子役 ・上杉みち。通訳のお姉さんよりも一回り小さく見えるみちの姿や、勢いがありすぎる「6 years old!」という自己紹介を仕掛けるみちに、スナイダー夫妻も満面の笑顔!

みちに対し「学校に行かなくていいの?」、「(本作は)R指定の映画だけど大丈夫?」と興味津々に質問するスナイダー夫妻に、思わず“遠近法を駆使する42歳”という真実を明かしてしまう場面も。さらに、デボラ・スナイダーに対して「すごくキレイだな~」と、お金と権力を持っていそうな“プロデューサー”の肩書きに擦り寄る一幕も。

少年の夢を壊しかけてしまう監督!?

質問コーナーではゾンビ映画の撮影の裏側について質問。「ゾンビにはどうやって演技指導したんですか?」という役者として真っ直ぐな問いかけをするみちに対し、「メイクもしているし言うことを聞いてくれるんだ……」と正直に答え、少年の夢を壊しかけてしまう一方で、「キングゾンビ“ゼウス”のメイクは5時間もかかった」と、ゾンビに対する徹底したこだわりも垣間見せます。

“迫真のゾンビ演技”に続編オファー!?

インタビューの終盤では、子供とは思えない迫真のゾンビ演技を披露するみちに対し、スナイダー夫妻は「素晴らしいよ、即起用決定だね」と笑いつつ大絶賛し、まさかの続編への出演オファーを獲得!?

秋山扮するみちに対するノリの良さを発揮しつつ、“ゾンビ”に対する飽くなきこだわりも覗かせたスナイダー夫妻が手掛ける『アーミー・オブ・ザ・デッド』と、そんなスナイダー監督さえも夢中にさせるクリエイターぶりを発揮した秋山が贈る『クリエイターズ・ファイル GOLD』の両作品にご注目ください!

特別映像はこちら 

『アーミー・オブ・ザ・デッド』とは?

ある日突如ゾンビが大量発生、多くの犠牲を払いながらも、ラスベガスにゾンビを隔離することに成功した人類。ゾンビとの死闘の後、静かに暮らしていた主人公スコット(デイヴ・バウティスタ)は、謎の男(真田広之)の依頼によって、ラスベガス地下の巨大金庫に眠る大金を狙うべく、ゾンビだらけの超危険エリアへ侵入するという「史上最大の強盗計画」に挑むことに。そんな傭兵たちの前に現れたのは、屍だけにゆっくりと徘徊するゾンビ……。

……ではなく、スピーディーで機敏な動きを見せるゾンビ! 傭兵と対等に渡り合う体術さえ繰り出すゾンビを倒す方法は!? さらに、ゾンビ軍団を統率して率いる、屈強な肉体と高い知能を併せ持った“ゼウス”と呼ばれる首領ゾンビや、奇抜な見た目をした“クイーン”、そしてゾンビと化したトラの“ゾンビタイガー”など、インパクト抜群の進化型ゾンビも続々登場。果たして、凄腕のクセ者たちを集めたスコットたち傭兵集団は、ラスベガスを埋め尽くすゾンビ軍団を倒し、究極の一攫千金を掴むことはできるのでしょうか!?

ぜひチェックしてみてくださいね。

作品概要

Netflix 映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』
監督・脚本・製作:ザック・スナイダー
キャスト:デイヴ・バウティスタ、エラ・パーネル、真田広之、マティアス・シュヴァイクホファー、ギャレット・ディラハント、アナ・デ・ラ・レゲラ、サマンサ・ウィン、オマリ・ハードウィック、ラウル・カスティーリョ、ノラ・アルネゼデール、テオ・ロッシ、ヒューマ・クレシ、ティグ・ノタロ

Netflix オリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』

出典: YDクリエイション

企画:秋山竜次
エグゼクティブ・プロデューサー:神夏磯秀(吉本興業)、水越悠輔(YDクリエイション)、坂本和隆(Netflix)
ゼネラルプロデューサー:三枝亮介 (CTB)
プロデューサー:中曽根広樹 (GEEK PICTURES)、寺田悠馬(CTB)、三須百合子 (CTB)、肥後篤人(吉本興業)
制作協力:GEEK PICTURES
制作プロダクション: CTB
制作:CTB、吉本興業
制作著作: YDクリエイション

クリエイターズ・ファイルとは?

ロバート・秋山竜次がさまざまなクリエイターに扮する連載企画「クリエイターズ・ファイル」。2015年4月より連載開始。同時に、YouTube「クリエイターズ・ファイル」チャンネルにて動画の配信も始める。YouTubeの再生回数は1億3千万回、チャンネル登録者数は60万人を目前にしている(2021年5月時点)。そして、今回 Netflix オリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイルGOLD』と題し、Netflix というグローバルな動画配信プラットフォーム上で日本を代表するクリエイター、さらには、各ジャンルのスターと共演する、全8話の究極のクリエイターズ・ファイル。世界水準の制作スタッフが集結し、まさに集大成となる本シリーズ。2021年、破格のスケールで全世界に“本物の”モキュメンタリーが解き放たれます!

公式サイトはコチラからチェック!
YouTubeはコチラからチェック!

Netflixとは

Netflixは、190ヵ国以上で2億800万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。

【NetflixJapan公式アカウント】
公式サイトはこちら
Twitterはこちら(@NetflixJP)
アニメTwitter(@NetflixJP_Anime)はこちら
Facebookはこちら
Instagramはこちら
YouTubeはこちら
配信:6月3日(木)、Netflixにて全世界独占配信予定
クリエイターズファイルGOLD公式はコチラからチェック! 


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」