2021年4月から吉本興業所属となった女子プロサーファー前田マヒナ選手の東京オリンピック出場が決定したというニュースが届きました!

前田は、昨年の「第2回ジャパンオープンオブサーフィン」で、予選から決勝まですべて1位の完全優勝を果たし、東京五輪の日本代表にもっとも近いと言われていましたが、今回サーフィンの東京五輪最終予選を兼ねて中米エルサルバドルにて行われている「2021 ISAワールドサーフィンゲームス」に日本代表として出場、コンテスト7日目(現地時間6月5日)に女子8強入りを果たし見事五輪出場権を獲得しました。

前田からはコメントが届いています。

前田マヒナから皆さんへ

皆さん応援ありがとうございます。
私の願いであるオリンピック代表になれました。
今はまだ世界選手権中
なので最後までベストを尽くします。
オリンピックでも応援宜しくお願いします。

五輪出場を決めたよしもと所属のプロサーファー「前田マヒナ」ってどんな人?

前田は、1998年日本人の両親のもと、ハワイ・オアフ島で生まれました。
4歳からサーフィンを始め、2013年にISA(国際サーフィン連盟)、WSL(世界プロサーフィン連盟)のジュニアタイトルをダブルで獲得。
2015年に挑戦したポルトガル・ナザレでのサーフはBILLABONG主催「XXL Big Wave Awards」のBillabong Ride of the Yearにノミネートされ、前田はこのナザレのビッグウェーブをライドした初の日本人女性サーファーとなりました。
2020年の第2回JAPAN OPENでは優勝、Women’s WQS Rank世界ランキング14位(2020年時点)です。

 

東京2020オリンピックのサーフィン競技は2021年7月25日(日)~8月1日(日)千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸サーフィンビーチにて行われます。
オリンピックでの活躍にご期待ください!