若手芸人たちの魅力をお届けするウェブマガジン『月刊芸人』はソーシャルメディアプラットフォーム「note」にて毎週コンテンツを配信中。
毎週読み応えのあるインタビューやコラムが配信されています。

6月号の『月刊芸人TOKYO』では、今年5月よりリニューアルオープンし、勢いのある神保町よしもと漫才劇場から9番街レトロを特集。
6月9日(水)には、泥水すすり隊のネイチャーバーガー卒業&サンタモニカ加入のインタビューと、ムゲンダイレギュラー連載企画『芸人が語る「お笑いライブ」の醍醐味』ではそいつどいつが執筆します。

『月刊芸人KANSAI』では、プリマ旦那から現在のコンビ名に改名して3年目の令和喜多みな実が登場。
また、毎週月曜日掲載の座談会企画、今月はルームシェア芸人をピックアップし、私生活の中での暗黙のルールなどを深堀していきます。

いちばん仲のいい先輩後輩から相方へ

出典: 月刊芸人

今回TOKYO版では9番街レトロを特集。
2019年にコンビ結成後、ヨシモト∞ホールから拠点を同劇場へ移して3回目のネタバトルで、当時のランキングシステム最上位へ。
コンビ結成と同時に開設したYouTubeチャンネルも上々な彼らのインタビューを、前後編に分けてお届けします。

前編は、撮影コンビ結成のいきさつや当時の状況、先輩と後輩から相方という平等な関係に変わったことで起こったことについて掲載。
東京・浅草にある「花やしき」で撮影された素晴らしい写真とともに、ぜひ楽しんでください!

コロナ禍での舞台と笑い

出典: 月刊芸人

KANSAI版では今年15年目を迎えた令和喜多みな実を特集。
2019年5月1日にそれまで長らく付き合ってきた“プリマ旦那”というコンビ名を現在の“令和喜多みな実”に改名した彼ら。
それは漫才というものにしっかり向き合って、地に足をつけて頑張って行く決意の表れでもありました。
そんな彼らに改めて改名後の状況、そして自分たちが対峙する漫才、さらにコロナ禍での笑いについて聞いてみました。

『月刊芸人』6月号をぜひ、チェックしてみて下さいね!

コンテンツ概要

月刊芸人TOKYO

出典: 月刊芸人

配信日:6月2日(水)
特集:9番街レトロ
詳しくはこちらからチェック!

月刊芸人KANSAI

出典: 月刊芸人

配信日:6月1日(火)
特集:令和喜多みな実
詳しくはこちらからチェック!

「月刊芸人」とは

吉本興業に所属する若手芸人の魅力をお届けする「月刊芸人」はnoteにて展開。毎週読み応えのあるインタビューやコラムが配信されています。
月刊芸人はこちらからチェック! 


【関連記事】
【写真】なかやまきんに君への違和感の正体
【暴露】パンサー向井が「ロケ弁を食べない理由」
【衝撃】ミルクボーイ内海の“角刈りじゃない”過去の姿
【驚愕】ですよ。の意外な“前職”
【話題】尼神インター誠子「カップル写真」のお相手
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」