5月25日(火)、ニューヨークのYouTube公式チャンネル『ニューヨーク Official Channel』に動画がアップ。2016年と2021年のとある1週間のスケジュールを比較したところ、意外な事実が判明しました。

関連記事:なぜか“似てる”…ニューヨーク嶋佐の最新「インスタものまね」が話題に

 

5年前と現在のスケジュールを比較

今回の動画では「ニューヨークの5年前と現在 スケジュールくらべてみたら意外な結果が出た」と題し、2016年3月と2021年3月の同じ週のスケジュールを見比べてみることに。

まずは月曜日から。ガールズイベントのMCとトーク番組の収録があった2016年に対し、2021年はラジオのレギュラー番組と特番の収録があったのだそう。

これまでは、若手芸人が大勢集まる特番に呼ばれることが多かったというニューヨーク。最近では“少数精鋭”の番組に出演できる機会もあるそうで、嶋佐は「それが嬉しい」と感慨深そうに話します。

続いて5年前の火曜日は都内でBSの番組収録をしたのち、大阪に移動して寄席に出演。一方の2021年は、終日番組のVTR撮影だったとのこと。改めてスケジュールを見比べ、嶋佐は「2016年の方が働いているやん、本数は」と驚いた様子です。

2016年はライブが目白押し

また5年前の水曜日は、ルミネtheよしもとに3回出演したあと下北沢でライブに臨み、その後単独ライブの打ち合わせと多忙な1日。木曜日も朝から晩までライブ尽くしで、さらに深夜には『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送)の初回放送が始まるなど、なんともハードなスケジュールであることがわかります。

対して2021年は番組収録やYouTube撮影などが多く、木曜日には、ニューヨークが曜日レギュラーに抜擢された朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS)の初回放送に参加。また金曜日は冠番組『NEWニューヨーク』(テレビ朝日)の打ち合わせがあり、土曜日は大阪での劇場出演といった仕事をこなしたようです。

1週間のスケジュールを比較してみると、「文字面だけ見たらこっち(2016年)の方が忙しいやん」と屋敷。5年前はライブメインの生活を送っていたため、仕事の本数は現在よりも多かったようです。

本数で判断すると余裕があるように見える現在のスケジュールですが、屋敷いわく、早朝からの稼働が多い現在のスケジュールの方がハードとのことでした。

■動画はコチラ

 

5年前のスケジュールには、ファンから「5年前もこんなに忙しかったんだ」「5年前もエグいくらい働いてたんや」「5年前も地道に一生懸命頑張ってたから、今があるんですね」など驚きの声が。

さらに「地上波の番組が圧倒的に増えたね!」「今すごい出てますよねー!」というコメントも寄せられ、5年前からの仕事内容の変化にも注目が集まりました。

『ニューヨーク Official Channel』

チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCS17iKEInkBuHkxtEcCnTTQ

【芸人記事まとめ】

【関連記事】
【写真】怖すぎ…ネギ先端に現れた“物体の正体”
【減量】吉本新喜劇・五十嵐サキが86kgから驚きの姿へ
【動揺】NON STYLE石田、妻のブログに“衝撃の事実”
【反響】元はんにゃ川島に相方から「16年ぶりの頼み事」
【悲痛】ゆいPが明かした「オカリナがためらう理由」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」