5月26日(水)、プラス・マイナス・岩橋がTwitterを投稿。英文のみが記載された投稿には、意外な真相が隠されていたようで……?

関連記事:プラマイ岩橋、愛娘2人の“王子”に?ごっこ遊びの様子に反響「コレが幸せと言うやつですね」

 

“のっとり被害”?その真相とは

出典: @maeeeeen

この日、岩橋は久しぶりに会った姪の成長ぶりに感動したことを投稿。自分との血のつながりを感じてますます愛情が深まった様子ですが、なぜ英語で投稿したのか疑問が残るところ。

実は、岩橋の英語投稿は5月9日(日)から始まっていました。

初日は、連続して英文を投稿していた岩橋。突然始まった英語投稿に、ファンからは「アカ乗っ取り…ですか?」「乗っとりですよね?」などの声が寄せられていました。

出典: @maeeeeen

どうやら他にも心配の連絡やコメントがあった様子で、その後岩橋は、英語投稿の理由を説明。「英語を勉強して海外の人とも交流するためで、ちゃんと自分がツイートしている」との旨を、やはり英語で投稿しました。

突然始まった投稿の真相に、ファンからは「良かったです」「乗っ取りやないならOKっす」など、安堵の声が届いていました。

「M-1」への強い想い明かす

ラフマガでは『ルミネ通信』を連載しているプラス・マイナス。先日『上方漫才大賞』で奨励賞を受賞した際には“セルフインタビュー”を実施し、漫才への想いを語りました。

『M-1グランプリ』で一度も決勝に行けなかったことに、ずっと悔しさを抱いてきたという2人。岩橋は「色んな登り方があるから」と思いつつも、「『M-1』行ってないけどね」という気持ちをぬぐい切れなかったそう。そんな中での奨励賞受賞とあって、相方の兼光も「感慨深いなぁ」と明かしていました。

関連記事:祝・漫才大賞奨励賞! オファー殺到中のプラスマイナスがセルフインタビュー!【ルミネ通信特別編】

 

英語投稿の真相を明かした岩橋には、「I always support you」「Keep up the good work!」など、英語での激励コメントも多く寄せられていました。

【芸人記事まとめ】

 


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」