丸亀製麺初のYouTubeドラマ『麺と千尋の並行世界』が5月27日(木)より、丸亀製麺公式YouTubeチャンネルにて配信されるというニュースが届きました。前田敦子が主演を務め、塚本高史、トレンディエンジェル斎藤司ら豪華キャストが丸亀製麺の社員を熱演します。

丸亀製麺初のYouTubeドラマはSF!?

出典: 丸亀製麺

第1話・第2話は5月27日(木)、第3話は6月3日(木)、第4話は6月10日(木)それぞれ19:00より配信予定です。また、ドラマ本予告動画、および柳英里紗が監督・撮影・編集を手掛けた特別ドキュメンタリー動画が、5月20日(木)より配信されます。

今回のYouTubeドラマは、常に新しいことに取り組んできた丸亀製麺の新たな挑戦となります。丸亀製麺を中核事業とするトリドールグループはグループミッションとして“Finding New Value. Simply For Your Pleasure.” を掲げ、これまでお客さまに食体験を通じた感動を提供してきました。手づくり・できたてのうどんで日本を元気にしたいという想いから、2021年1月より始動した「うどんで日本を元気にプロジェクト」。

YouTubeドラマ『麺と千尋の並行世界』では、その第一弾企画として2月より実施された、全国から“最高の食いっぷり”を発掘する「食いっプリ!グランプリ!」を題材としています。プロジェクトの成功に向け、丸亀製麺の社員が奮闘する様子を描くことで、ドラマとしての面白さだけでなく、お客さまのよろこびのために新しい価値を探求し続ける企業姿勢を伝えたいとのこと。

斬新なキャスティング、業界の垣根を超えた制作陣、実際の企業活動との連動など、新たな枠組みで手掛けた作品になっており、元の世界とは異なる状況の並行世界に迷い込んだ主人公・千尋の活躍をSFドラマとしてファンタジーかつリアルに描いています。

出典: 丸亀製麺

主演はアイドル、女優と常に新しいスタイルを自ら切り開いてきた前田敦子。トリドールホールディングス・マーケティング統括部で丸亀製麺を担当する萩尾千尋を演じます。
千尋の上司で経営戦略本部本部長の伊丹雅治役は塚本高史、対立相手の営業部部長の中本豪介役はトレンディエンジェル・斎藤司が演じるほか、渡部豪太、柳英里紗、Niki、ゆうたろう、ドランクドラゴン・鈴木拓、キンタロー。、プラン計画・府中ふみえ、プラン計画・斉藤ハルエ、いとうせいこうなど、豪華キャストも目白押し。17歳の千尋役は、丸亀製麺「食いっプリ!グランプリ!」で初代グランプリとなった西山こころさんが演じ、ドラマの中でも最高の食いっぷりを披露しました。

監督には、映画界で経験を積んだ木村好克、脚本にはTV番組で数々の構成作家を務めたアサダアツシ、その編集仕上げを行うのは、YouTuberが所属するクリエーター集団UUUMが担当します。また、注目のシンガーソングライター・川崎鷹也が本ドラマのために新曲『ヘイコウセカイ』、『僕と僕』の2曲を書き下ろし。ドラマをさらに盛り上げる楽曲となっています。

※本撮影は、新型コロナウィルス感染拡大に十分な対策をとった上で実施されました。

前田敦子からコメントが届いています。

前田敦子から皆さんへ

YouTubeのドラマへの出演は初めてだったので、お話をいただきとても嬉しかったです。YouTubeならではのスパイスが入った新しい感覚で観られる演出、リアルをもとにしたSFという魅力的なストーリーなど、皆さんに楽しんでいただける作品になったと思います。「食いっプリ!グランプリ!」の成功に向けて動く千尋を演じて、丸亀製麺さんの一員になった気持ちです。実際に行われているプロジェクトをリアルに演じた、キャストみんなの活躍をお楽しみください。

前田敦子スペシャルインタビュー

※インタビュアーは共演者の柳英里紗が務めました。

――作品の中で注目してもらいたいポイントは?

今回はYouTubeのドラマなので、YouTubeを編集している方たちが最後に特殊加工を入れてくれるということで、監督と未知数だけどそれを想定して作品を撮っている部分もあります。なので、話的には会社の上下関係だったりと大人が共感できる内容だと思うんですけど、小さい子たちが観ても楽しめるような、YouTubeならではのスパイスが入った新しい感覚のドラマになれば良いなって思ってます。

――今回の役「萩尾千尋」のことをどう思っていますか?

すごい共感できます。仕事だからこそ自分にも厳しく、みんなにも厳しいというよりかは、みんなで一つになって進んでいこうぜっていう感覚を千尋はすごい持っている子だと思います。ちょっと気が強いところも自分では重々理解しているっていうのも私は共感できます。

――敵対相手役のトレンディエンジェル・斎藤司との共演エピソードは?

斎藤さんが意味わかんないくらい緊張していました。可愛かったです(笑)。 斎藤さんは同い年の子供がいたりとか、何年も前から知っている人だったから嬉しかったし、楽しいですね、そういう人と一緒にお仕事するのは。

トレンディエンジェル・斎藤司スペシャルインタビュー

出典: 丸亀製麺

――作品の中で注目してもらいたいポイントは?

演技自体が久しぶりだったので、序盤すごく不安で。最初のシーンが2~3回甘噛みでOK出てたんで、そこもぜひ作品の中でチェックしてほしいですね。

――今回の役「中本豪介」と自分が似ていると感じたポイントは?

心の中で頑固な部分というか、本当はみんなと分かち合いたかったりとか、そういう素直になれない部分みたいなところとか結構似ているなと思いましたね。

――今回の役「中本豪介」を演じるうえで心掛けていたポイントは?

人に普段怒るということがあんまりなくて、すこし自分の中で苦労したんですよね。最初の始まりが、いかにもなんとかだなみたいな口調なんですけれども、人生で初めて言ったぐらいの感じだったので、そこがちょっと難しかったですね。でもあっちゃんの顔を見ていたら、だんだん腹が立ってきましたね。なので怒れました(笑)。

出典: 丸亀製麺

――撮影で大変だったこと、楽しかったことは?

みんなすごく優しい人たちばかりで、蹴ったりする人とかあんまりいなかったので、本当に楽しかったです。撮影の合間も(ドラマSNS用の)TikTokを撮ったり、我々を暇にさせないようなエンターテインメントが散りばめられていて、丸亀製麺の精神にも言えるなと思いました。

――和気あいあいとした現場だったとのことですが、印象的なエピソードは?

途中で(今回楽曲を書き下ろす)川崎鷹也さんがいらっしゃって、一緒にコラボして歌えたというのはびっくりしましたね。あとは演者6人でワイワイしてたのも、印象に残っていますね。

――主演の前田敦子さんとの撮影時のエピソードは?

あっちゃんは前にもドラマで仲良くしてもらってたので、今日もそこは本当に不安はなかったっていうのが一番なんですけど。僕がうまく笑えないときとか、僕の顔見て笑顔が下手だなみたいな目で訴えてきたりするところがあったりとか、とにかく僕をいじってくれたというところが数えきれないです。

前田敦子特別ドキュメンタリー動画公開

赤穂妙子役として出演中の柳英里紗自らが監督、撮影、編集を手掛けた特別ドキュメンタリー動画(前編・後編)も配信されます。前編は5月20日(木)、後編は5月26日(水)それぞれ19:00より、丸亀製麺公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。親交の深い柳だからこそ撮影・表現できた前田敦子の素顔にぜひご注目ください。

撮影エピソード

天候にも恵まれた4月某日、撮影が行われました。前代未聞の企業活動自体をドラマにした『ジョブドラマ』ということで、丸亀製麺の実際の店舗、トリドールホールディングス本社に前田敦子をはじめ、キャストが集結、温かい雰囲気で撮影がスタートしました。
今回、前田敦子は社員役としてリアルでシビアな内容に挑戦し、本編では喜怒哀楽をはじめ緊張感のあるシーンもある一方、初共演のキャストが多いにも関わらず和気あいあいとSNS用の投稿撮影に沢山挑戦していました。前田敦子にとっても初のYouTubeドラマ、初のTikTok等、初挑戦ながら、もちまえの明るさで終始楽しんでいました。ここでしか観られないキャストらの掛け合いはもちろんうどんを食べるシーンも必見です。

『麺と千尋の並行世界』あらすじ

コロナ禍の現在。沈みがちな世の中をうどんで元気に!と丸亀製麺初の試み「食いっプリ!グランプリ!」を開催することに。トリドールホールディングス・マーケティング統括部で丸亀製麺を担当する萩尾千尋は、企画発案者の伊丹からプロジェクトリーダーに任命され、渋々営業部部長の中本や現場のエリアマネージャーの元へ企画を理解してもらうために奔走する。だが、「こんな時にやる必要ある?」と、わかってもらえない。意気消沈した千尋は思わず「あ~、コロナのない世界に行きたいっ!」と叫びうどんをすすった後、いつも通り仕事に戻るとなんとそこはコロナのない世界だった。千尋は果たして元の世界に戻れるのか? そしてなぜ千尋は並行世界に来たのか……?

登場人物と出演者は?

萩尾 千尋(はぎお ちひろ) / 前田敦子
株式会社トリドールホールディングス マーケティング統括部所属。
27 歳の時にトリドールに中途入社。丸亀製麺の店舗で店長を経てから、29 歳の時より本社マーケティング部で丸亀製麺を担当。中高とバレーボール部に所属していたこともあり実は勝ち気で負けず嫌い。前職が外資系企業だったため相手が目上でも上司でもスイッチが入ると言いたいことをダイレクトに言ってしまう。趣味はカラオケでの熱唱。

伊丹 雅治(いたみ まさはる) / 塚本高史
株式会社トリドールホールディングス 経営戦略本部本部長。
大学時代から好奇心旺盛で探検部に所属。ベンチャー精神溢れるトリドールに入社。仕事も人間としても隙がなく次々と斬新な企画を打ち出す。千尋とも頻繁に衝突するが、現場にいた千尋を本社に引っ張ってきてプロジェクトリーダーに任命するなど気にかけている。

斑目 守(まだらめ まもる) / 渡部豪太
株式会社トリドールホールディングス マーケティング統括部部長。
バランス感覚に優れていてどんな部署でも不可欠な存在として非常に評価が高い。社内では真面目な人物で通っているが、高校時代からアイドルにハマっている一面も。今回進行しているCM出演者をオーディションで決める企画はまさにツボでノリノリ。

赤穂 妙子(あかほ たえこ) / 柳英里紗
株式会社トリドールホールディングス マーケティング統括部所属。
大学卒業後、某テーマパーク運営会社勤務を経てトリドールに入社。マーケティングの仕事は何もない場所に「夢と魔法」で花を咲かせること、をモットーに日夜仕事に没頭。良きお姉さんとして千尋に慕われている。

三田 有紗(みた ありさ) / Niki
株式会社トリドールホールディングス マーケティング統括部所属。
大学時代にミスコンに出場する生粋のシティガール。卒業後はフリーアナウンサーの事務所に所属していたが将来の自分が気になって転職を決意。常に誰に対しても愛想が良く、自分の意見をはっきり言う千尋に対して尊敬と憧れを持っている。

塚口 翼(つかぐち つばさ) / ゆうたろう
株式会社トリドールホールディングス マーケティング統括部所属。
高校時代はアニメにハマって声優を目指すがうまくいかず、大学時代はYouTuber をやるもうまくいかず、全部無かったことにしてトリドールに入社。「そつなく無理せず粛々と」をモットーに日夜マーケティング部で頑張っている。

中本 豪介(なかもと ごうすけ) / 斎藤司(トレンディエンジェル)

出典: 丸亀製麺


株式会社丸亀製麺 営業部部長。
現場たたき上げの部長。理想より現実、常にお客さまと現場を大切にするため、度々マーケティング部と衝突する。

菊地 淳一(きくち じゅんいち) / 鈴木拓(ドランクドラゴン)
株式会社丸亀製麺 エリアマネージャー
本社に不満を抱えながらもパートナースタッフを大切にして働いている。パートナースタッフからの信頼も厚い。

淡路 貴明(あわじ たかあき) / いとうせいこう
株式会社トリドールホールディングス 社長兼CEO。
兵庫県出身。社員達を温かく見守るトリドールの創業者。どんな時も「お客さまに喜んでもらうためにはどうすればいいか」を考えている。そのためには過去の前例にとらわれず、常に新しい価値観を持つことを大事にしている。

芦屋(あしや)丸亀製麺店舗パートナースタッフ/キンタロー。
魚崎(うおざき)丸亀製麺店舗パートナースタッフ/プラン計画・府中ふみえ
住吉(すみよし)丸亀製麺店舗パートナースタッフ/プラン計画・斉藤ハルエ
高校時代の千尋 / 西山こころ (初代“食いっプリンセス”)

ぜひチェックしてみてくださいね。

ドラマ概要

麺と千尋の並行世界
配信先:丸亀製麺公式YouTubeチャンネル
配信回数:全4話
配信日:
5月27日(木)第1話・第2話
6月03日(木)第3話
6月10日(木)第4話
※すべて19:00配信開始予定。

スタッフリスト
脚本:アサダアツシ
音楽:川崎 鷹也
企画:木内 悠介
プロデュース: 岡林 修平 / 関 友彦
ラインプロデューサー:稲垣 隆治
キャスティング:河村 奈美
撮影:石垣 求
照明:宗 賢次郎
録音:下元 徹
装飾:前田 陽
スタイリスト:稲田 涼子
ヘアメイク:大原 佐智 / 河本 花葉
写真:轟 あずさ
ポスプロアドバイザー:高山 達夫
EED:星谷 渉太
オフライン:長瀬 万里
ポストプロダクショ:UUUM
制作プロダクション:cogitoworks
監督:木村 好克

丸亀製麺公式YouTubeチャンネルはこちら
ドラマ公式サイトURLはこちら
ドラマ公式Twitterアカウントはこちら
ドラマ公式インスタグラムアカウントはこちら
ドラマ公式TikTokアカウントはこちら

川崎鷹也 プロフィール

シンガーソングライター。1995年、栃木県生まれ。
2018年、アルバム「I believe in you」でシンガーソングライターとして本格的に音楽活動開始。
一度聴いたら忘れられないハスキーな歌声と美しいビブラート、癖になるメロディーラインが魅力。

新型コロナウイルス感染拡大抑制と予防に関する丸亀製麺の店舗での取り組みについて

丸亀製麺では、お客さまと従業員の安全を最優先に考え、安心な環境で「できたて」のお食事が提供できるよう、以下の対応を全国の店舗で日々取り組んでおります。

< 従業員の感染予防策 >
1.勤務時のマスク等着用の徹底
2.毎日の出勤前の検温
3.こまめな手洗い(最低1時間に1回)

< 店内の感染予防策 >
1.入口に消毒剤の設置
お客さま用の消毒剤(アルコールなど)の設置
2.消毒の強化
テーブル・備品など接触が多い箇所の消毒剤(アルコールなど)によるふき取り強化
3.店内の換気
店内の空気は、5分ごとに入れ替わっています。
※法定の7.5倍の換気システムにて、概ね5分で店内が換気される計算です。
※一部店舗は店舗立地条件にて、当換気システム・換気時間が異なります。
4.取り箸の設置
天ぷら、おむすび、いなりをお取りいただく際の「新しい割りばし」のご用意

< ご購入時に接触を軽減する取り組み >
1.モバイルオーダーの導入
スマホで事前に注文することで、列に並ばずに商品を購入することができ、人混みや混雑を避けることができます。
2.キャッシュレス決済の導入
キャッシュレス決済を導入しております(一部店舗を除く)。ご購入時のお客さまと従業員の接触を軽減することができます。
3.お持ち帰り商品の販売
うどん、丼、天ぷらなどおひとつからお持ち帰りいただけます。ご家庭でゆっくりと丸亀製麺のおいしさをお楽しみください。

(引用元:丸亀製麺)

―ここのうどんは、生きている―
「おいしいうどん」は、徹底的に鮮度にこだわりぬいた「生きている」状態で提供されて初めて実現できる、と丸亀製麺は信じています。丸亀製麺がお届けするうどんは、国内 850 を超えるすべての店で一軒、一軒、手間を惜しまず、毎日、100%国産の小麦粉から打っています。打ち立てのうどんにこだわり、その場で切って、茹でて、作りたてをお客さまに提供しているからこそ、もちもちでおいしい独自の“丸亀食感”をお届けできています。

(引用元:丸亀製麺)


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」