どーもきょんにちわ!!!

負けないコットン
投げ出さないコットン
逃げ出さないコットン
信じ抜くコットン

話したいコットンがあります!

なんかコットンコットンうるさいね。

ほんともめん(木綿)ね。

さぁさぁ!
今日紹介したいコンビはこいつらだ!!
今や『M-1』ファイナリストの常連、唯一無二の空気感
ネオ東京漫才師!!

オズワルド

まずは紹介だ!!

畠中悠(はたなかゆう)(以下、畠中ちゃん)
性別:男性
生年月日:1987年12月07日
出身地:北海道
趣味:タバコ
特技:Tシャツを300枚売る事

伊藤俊介(いとうしゅんすけ)(以下、伊藤ちゃん)
性別:男性
生年月日:1989年08月08日
出身地:千葉県
趣味:タバコ
特技:キャバ嬢への対応

僕的には、NSC時代、伊藤ちゃんも畠中ちゃんも同じクラスではなく、なかなか話す機会がなかった!! ここ最近仲良くなれてほんと嬉しい!
伊藤ちゃんにおいては昔すごく尖っていたから怖かったなぁ~。
畠中ちゃんはずっとおじいちゃんだと思っていました。

いや~オズワルド凄すぎるよ。頼もしい同期すぎるよ。まずは同期でいてくれてありがとう!! 最近では寄席出番とか一緒になってきて本当に嬉しい!!
ぶっちゃけ言うけど、僕らは早めに寄席だとか色んな劇場に有難いことに行かせてもらってました!
しかし、同期はいなくて先輩ばかりの現場が多く、先輩達の同期トークとか同期のノリに羨ましいなぁ~と思う日々が何年も続きました!!
しかし、最近では、オズワルドとも一緒の出番が増えて本当に本当に嬉しいよ。

早くコロナが終わってみんなでBBQやろうな!
みんなで川行こうな!

まあまあ僕の個人的感情はさておき、
いま東京代表若手漫才師といっても過言ではないオズワルドに迫ります!!

オズワルドを組んだきっかけ

伊藤ちゃん、畠中ちゃんは同じクラスの1組で出会った。
2人ともNSC時代は他の同期となかなか打ち解けられなかった。
そんな中、伊藤ちゃんと畠中ちゃんはよく話をする間柄だった。

デビューして3年。
伊藤ちゃんが組んでいた『バッカス』が解散。

当時は僕もあまり話したことがなかった。
人を睨みつけるように歩いててすごく怖かったからだ。
あの時勇気を振り絞って話しかけてみればよかった。

一方、畠中ちゃんは、『畠中ゆう』という本名でピンで活動していた。
その時は月1回2分ネタをしていただけ。
なかなか上にも上がれず、不安が続く日々。

伊藤ちゃんはバッカスを解散し、次の相方を探すために劇場に足を運んで色んな芸人をみた。自分にはどんな人があっているのだろうか。何日も何日も無限大ホールに足を運んだ。

そこにいたのが、畠中ちゃんだ。

さっきも言ったがNSC時代、畠中ちゃんとは仲が良く、伊藤ちゃんからコンビを組みたいと誘った。

「2人ともあんまり友達がいなかったから俺しかいなかったんじゃない? 今よりマイナスになることはないし自分も何かを変えたいという気持ちで組んだ」と畠中ちゃんは当時を語る。

伊藤ちゃんが口を開く。
「いや、違うよ。俺がバッカスを解散した時、次はボケをやりたかったからワラバランスの宮崎の元相方・森も誘おうと思ったけど、あいつ辞めそうだったし、畠中はどんなことがあっても辞めなさそうだったから結局畠中にコンビを組もうって言った」

全くネオな2人だぜ。

お互いの好きなところ

伊藤ちゃん→畠中ちゃん

「いい曲を作る」

自粛期間にギター始めたにしてはなかなか上手。
単独ライブのエンディングで歌った。

『あたらしいとうきょう』という歌は本当に好き。

あと、Tシャツは300枚売るところ。

畠中ちゃん→伊藤ちゃん

「妹が女優なところ」

いろいろ仕事をさせてもらったり、単独ライブではユニットコントを一緒にさせてもらって話題になり、配信チケットが伸びた。

あと肌が綺麗なところ。

今年の目標

2人の共通する目標はもちろん

『M-1グランプリ』優勝

真っ先に伊藤ちゃんの口から出た言葉だ。

そりゃそうだ! 今同期で1番『M-1』優勝に近い男たちだ!
オズワルドが初めて決勝を決めた時は悔しさよりもすげーーーー!!
よくやったーーーーーかっけぇーーーーー!!という喜びの方が強かった!

彼らは間違いなく今年もやってくれるだろう!!!

しかし、畠中ちゃんは、少し違った。

『M-1』ももちろん大切だけど、まずは1番近いところの賞レース

『T-1グランプリ』優勝

これの賞レースを獲って「『ABCお笑いグランプリ』、そして『M-1グランプリ』で優勝したい!」と語る。

そして伊藤ちゃんは「『M-1』で優勝して、しっかり売れたい。」そして
大好きな番組の『人志松本のすべらない話』に出たい」と語る。

そして「将来オズワルドの冠番組をやって、アナウンサーの位置に妹を置いて進行してもらい、親孝行がしたい」と語る。

時間がなかなかない中、オズワルドにインタビューさせてもらいました!!!
本当に面白い漫才師。僕も来世はこういった雰囲気のある人間になりたいです。
今年の『M-1』もオズワルドに期待だぜ!!!


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」