どうも、占い芸人ますかた一真です。
普段お笑いをやる傍ら、占いもやらせて頂いています。主にライブで他の芸人さんの運勢を占ったり、相性を見たりしています。
ありがたいことに、「当たった!」という口コミを広めて頂き、このようなお仕事を頂戴するまでに至りました。今では給料の割合は占いが9、お笑いが1になりました。なので正確には「占いをやる傍ら、お笑いもやっている」でした。

得意とするのは生年月日と生まれた時間で占う西洋占星術とカードで使ったタロット占いです。

今回僕がラフマガ企画で占ったのは“改名”です。
芸人の人生の分岐点となる“改名”、実はぼくも1度経験済みです。
もともとは本名の「舛方一真」で活動していたのですが、どうにも「舛方」が読みづらいのでひらがな表記にしようか迷っていたところ、他の占い芸人からも本業の占い師さんからも「ひらがなにするとご先祖様のパワーで仕事をもらえる」とアドバイスを頂き、改名しました。
確かにそれ以来お仕事は数倍になりました。まあそもそも改名前が月2回くらいしか仕事がなかったのですが……
今回、ゲームYouTuberとしても活躍中の裏切りマンキーコングの2人が「改名したい」とのことでアドバイスをさせて頂きました。

まずは関谷風次くんから。

風次くんは「苗字が浸透しておらず、風次としかよばれていないからいっそのこと」ということで、個人の芸名をフルネームの「関谷風次」から「風次」だけにしようかと考えていました。
風次くんの運勢を西洋占星術で見ると、来年の春まで30年に1度の「自分の基盤、家を見直す時期」でした。

丸で囲んである部分は風次くんにとって「基盤・ルーツ」を表すICと呼ばれる場所。ここに「見直し」を意味する土星(♄)が近づいています。
これはまさに「苗字」という自分のルーツを改める、考え直すという時期です。
なので、今の風次くんにとって苗字を省いて名前だけにする改名はぴったりでした。

さらに彼は表記を「風次」にするかひらがなの「ふうじ」にするかでも悩んでいました。
こういう時はタロットカードです。ピンポイントの質問にはタロットカードが向いています。
昔、付き合っていた彼女をタロットで占ったら「彼氏が浮気している」と出て、実際バリバリに浮気していたという経験を持つぼくのタロットカードは、当たるという評判を得ています。

漢字の「風次」に出たカードは『ワンド8』の逆位置。
これは一か八かのカードです。大ウケかどんズベリしかないカード。

対してひらがなの「ふうじ」に出たカードは『正義』の正位置。
これは自分の軸をブレさせない冷静なカードです。強いカードではありますが、現状を変えたい風次くんにとって冷静さはイマイチな意味。
ということで彼は迷わず「風次」を選びました。
今後彼は大ウケかどんズベリしかしなくなるでしょう。

続いて相方の西澤祐太朗くん。

元々は相方風次だけの改名予定でしたが、せっかくならと改名を決めた西澤くんは芸名を本名から「西澤がくえん」に変えようと考えていました。実際に大阪に『西沢学園』という学校が存在しており、出場したゲームの大会でノリで「にしざわがくえん!」と呼ばれたことからなんとなく定着してしまったという、これぞ!というあだ名のつけられ方。これに自分の芸人人生を賭けようという彼のギャンブルに乗りました。
彼も西洋占星術で占ったのですが、正直今は何かを変える時期ではありませんでした。
でも今年は彼の幸運は“高度な教育”にありました。

丸で囲ってある9の場所は“高度な教育・異文化・海外”を表すゾーンです。そこに幸運を表す木星(♃)が訪れているので、今の西澤くんのラッキーは上記の部分に秘められているということになります。

ラッキープレイスは『大学』。
大学? 芸名を謎に「西澤がくえん」にしようとしている彼にとってあまりにもピンポイントではないでしょうか?
ということで西澤くんの改名もOK!
彼も表記を「西澤がくえん」、「にしざわがくえん」、「にしざわ学園」の3パターンで迷っていました。
こんなときはタロットです。

「西澤がくえん」には『ワンド1』。これは新たな衝動を表すいいカードですが、まあ若干弱め。

「にしざわがくえん」には『ペンタクル ペイジ』。これは駆け出しの見習いみたいな意味で正直弱い。

そして「にしざわ学園」には『星』のカード! これは理想や才能、星のような輝きを表す素晴らしいカードです。
吉本初のプロゲーマー芸人として新しい世代の憧れを集める彼にとってぴったりのカードだし、なにより彼が愛する漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の主人公の空条承太郎のスタンド『スター・プラチナ』のモチーフになったカードです。
もはやこれしかない。ということで彼の芸名もすんなりと「にしざわ学園」に決定しました。

古代から西洋占星術では『ホロスコープ』と呼ばれる、その人が生まれた瞬間の星空の図を読むのですが、これは運勢だけではなくその人の基本的な性格をも表します。
西澤くんは『蠍座金星5ハウス』という星を持っていて、これは「ゲームやアニメにのめり込む」という性質を表します。まさにプロゲーマー芸人にはうってつけの星の持ち主です。さらに彼は『蟹座木星1ハウス』という星も持っています。これはなんと「お土産買いがち」という性質を表しているのですが、実際彼は奥さんに毎日のようにお土産を買って帰るらしいです。西洋占星術恐るべし。そして古代からお土産買う文化あったんかい。
さらにこぼれ話なのですが、風次くんは『射手座月2ハウス』という星を持っていて、これは「金髪外国人女性好き」という性質を表します。彼が国際結婚をしたらぼくの占いは大当たりということになります。ファンの方誰か紹介してあげてください。

ぼくの占いで、芸人人生を左右する大切な芸名を決めてしまうことに不安もありましたが、ここまですっきり決まるのならきっと大丈夫!
ぼくも関わらせて頂いた裏切りマンキーコングの「風次」くんと「にしざわ学園」くんを今後ともよろしくお願い致します。

でもこの2人、コンビ名に思いっきり“裏切り”って入ってるけどそれは改名しなくていいんかい……。

占い芸人・ますかた一真プロフィール

1983年8月4日生、A型。
『占い芸人育成プロジェクト』にて優勝。これまでに数多くの芸人を占い、マヂカルラブリー・野田クリスタルの『R-1グランプリ』優勝を的中。
現在、原宿の占い館「塔里木」(タリム)にて実際に占い師として鑑定中。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」