5月16日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、長嶋一茂、清塚信也、Aマッソ・加納を迎えました。

松本が浜田の特権に切り込む!?

番組初登場の加納。女性芸人の目線で「ジェンダーについて語ってほしい」と依頼されることが増えたと言います。

また、3時のヒロイン・福田麻貴が、同番組で容姿ネタを封印する経緯について語ったことを引き合いに「一緒に番組をやっているんですけど、そこで連絡を取るときに『麻貴ちゃんカワイイ』って誰かが言うと『この子に“カワイイ”って言うたらアカンのよ』って、いやーな笑いになっています」とコメント。直接的な容姿イジリはしなくなったものの、別の言葉で表現して笑いをとるようになったと明かしました。

出典: フジテレビ

彼女の言葉に、松本は「その一方、浜田(雅功)は、(番組で)女芸人に『ブタ』って言いまくってましたけどね。でも浜田は許されるみたいな。この空気もどうかと思うけどな!」と訴えます。

続けて「かたや『ダウンタウンはしゃーないやろ』って言われても『俺は言うてないし』っていうのもあるし、そのムカつきもあんねん」と吐露して笑いを誘いました。

松本「デメリットを超える何かが…」

日本医師会の中川俊男会長が「まん延防止等重点措置」期間中だった先月20日、自らが発起人となって100人規模の政治資金パーティーを開催していたことが発覚。

パーティーの感染防止対策として、「最大750人入る会場に100人の参加者」、「マスクや手指の消毒を徹底」、「飲食物の提供はなし」としたものの、このパーティーの翌日に中川会長は「自粛を基本とした対策ではもう限界に来ています」と発言していました。

出典: フジテレビ

飲食店や劇場などがコロナで身動きがとれない中でのこの騒動。各ゲストが怒りに震えながらコメントをする中、東野が「辞めないのがびっくり」と語ると、松本は「あえて嫌味ったらしく言うと、この人が身を持って会長の座を退いてでも『感染対策さえしていたら映画館や劇場は大丈夫ですよ』って言ってくれたようなもんなんですけどね。だから辞めないといけないんですよ」と言います。

こうした騒動は、世間に明らかになると分かったうえでの行動だと考える松本。緊急事態宣言のなか、地元・静岡で行われた浜松まつりに、片山さつき議員らが参加したことにも触れ「メリット・デメリットで言うと、バレるのは分かっているんです。きっと、バレてでもデメリットを超える何かがあるんですよ。そのメリットは何か分かりませんよ。片山さんは、もしかしたら我々が思っている以上に、(祭りで行われていた)たこ揚げが好きやったんかもしれない」と予想。

片山議員が出馬するのが静岡のため、東野から「選挙!」とツッコミが飛んでいました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00~
公式サイトはこちら


【関連記事】
【写真】怖すぎ…ネギ先端に現れた“物体の正体”
【減量】吉本新喜劇・五十嵐サキが86kgから驚きの姿へ
【動揺】NON STYLE石田、妻のブログに“衝撃の事実”
【反響】元はんにゃ川島に相方から「16年ぶりの頼み事」
【悲痛】ゆいPが明かした「オカリナがためらう理由」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」