兄弟漫才コンビ・ミキ(昴生、亜生)とNMB48の次世代エース・梅山恋和が、日本最大の高校華道コンクール『Ikenobo 花の甲子園2021』のアンバサダーに就任し、5月14日(金)に開かれたオンライン会見に登場しました。意外にも、地元京都でふだんから“花のある生活”を送ってきたというミキ。そして、大会の主役である高校生と同世代の梅山が、全国のいけばなを学ぶ高校生を応援するアンバサダーとして意気込みを語りました。

亜生は「IKENOBOYS」に加入!?

国内最古で最大規模の華道家元・池坊が開催する『Ikenobo 花の甲子園』は、2009年にスタートして今年で13回目となる、日本で唯一の高校生の華道大会です。池坊華道を学んでいる高校生が3人1組でチームを作り、作品制作とその思いを語るプレゼンテーションで日本一を競います。

会見では、まず一般財団法人「 池坊華道会」事務総長の池坊雅史氏があいさつ。大会について、若い世代が華道という日本の伝統や文化に触れて、モチベーションを高めたり、興味を持ったりしてもらうために始めたと説明しました。

そして、いよいよアンバサダー2組が登場!「お笑い界のヒヤシンス、ミキの昴生です」と切り出した昴生は、「両親ともお花が好きで、花に囲まれて生活してました」と、さっそくアピールします。

すると亜生も、自身の冠番組『ミキBASE』(MBS)で池坊の柿沢正一さんと共演した際、若い世代に華道の魅力を発信する華道男子グループ「IKENOBOYS(イケノボーイズ)」の予備軍になったと豪語。一方で、すでに正式メンバーである元お笑いコンビ・ひめころんの齊官昌伍を引き合いに、「齊官がなんでイケノボーイズに入ってるのか、納得できひん」と不満を漏らし、笑わせます。

リモート出演の梅山は、「たくさんの方にいけばなのよさを広めていければいいなと思っています」とニッコリ。「同世代ががんばってると思うと、自分もがんばろうという気持ちになります」と、出場者たちと同世代の17歳ならではのコメントで和ませました。

「決勝は甲子園で行われるんでしたっけ?」

MCを務める芸人のタケトから大会のルール説明が行われると、「決勝は甲子園で行われるんでしたっけ?」「負けたら泣きながら花を摘んでいくんですよね?」などとボケまくる昴生。タケトに「そんな、甲子園の砂みたいなことないですよ!」とツッコまれながらイベントは進みます。

昨年の大会では、男子生徒3人という珍しい構成の京都市立西京高校のチームが優勝。リモートで登場した3人について、池坊氏がこう評します。

「男子のチームは珍しいと思いますし、うれしかったです。彼らは、作品はもちろん、プレゼンテーションがすばらしかった」

現在は大学1年生になったという3人は、「受験勉強と両立して臨んだので、密度の濃い経験でした」と大会を振り返ります。

「僕らは中学からの付き合いですけど、価値観が少しずつ違うので、そこを合わせてひとつの作品を作り上げるのが難しかったです」

いまでも、ときどき集まっては一緒にいけばなを楽しむという彼らは、「後輩にもぜひ出場してほしい」と後進の活躍に期待を寄せていました。

きれいだけどちょっとトゲがある

質疑応答では、アンバサダー3人の「好きな花」が話題に。梅山が「紫のバラ。花言葉が“尊敬”なので」と答えると、亜生も「ヒマワリ。常に明るいほうに向く、まさに芸人にピッタリの花だから」と模範解答。

「やっぱり、バラが好きですね」と言う昴生は、「“きれいな花にはトゲがある”といいますが、まさにウチの奥さんもそう。きれいやけど、ちょっとトゲがあるんです」とつけ加え、“愛妻家”の一面を見せていました。

『Ikenobo 花の甲子園』の参加資格は、池坊華道会の実習校登録された高校で池坊華道を学ぶ高校生。各校の代表3人が1チームとなり、リモート開催される地区大会を経て、11月14日(日)の全国大会で日本一を目指します。エントリーの受付は、7月30日(金)まで。リモート地区大会は「私たちの大切なもの」をテーマに、全国大会は「花の力」をテーマに作品制作を行います。

詳細は公式サイトから。


【関連記事】
【写真】なかやまきんに君への違和感の正体
【暴露】パンサー向井が「ロケ弁を食べない理由」
【衝撃】ミルクボーイ内海の“角刈りじゃない”過去の姿
【驚愕】ですよ。の意外な“前職”
【話題】尼神インター誠子「カップル写真」のお相手
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」