5月15日(土)深夜0時5分~0時35分(関西ローカル)放送の『DRAGON CHEF2021』で、3人のスゴ腕男性シェフが、日本の海の幸“ホタテ”で対決するというニュースが届きました。

ファイナリストは現在11名!

出典: DRAGON CHEF 2021

優勝賞金1000万円! 夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが龍のごとく駆け上がる、若手料理人No.1決定戦『DRAGONCHEF2021』。エリア予選を勝ち抜いた16名の若き料理人たちが、総監督・須賀洋介シェフが出す課題に挑み、負けた料理人は脱落していくサバイバルラウンドがスタートしています。

16名のファイナリストはすでに5名が脱落し、現在11名。今夜は、現在暫定1位の山下泰史シェフ、10位の中井建シェフ、11位の本田孝幸シェフが、世界が注目する日本の海の幸“ホタテ”を使った料理で対決します。

ゲスト審査員は、歌舞伎俳優の尾上右近、東京日比谷にフレンチレストランを構える料理人・秋元さくら氏、岩手県でホタテ漁をする平子(たいこ)昌彦氏。

サバイバルラウンドでは、毎回暫定順位の最下位がバトルに参加。最下位のシェフは戦いたい相手2人を指名し、その3名で料理バトルを行ないます。試食の後、順位が決定。そこで1番成績の悪かった者が脱落。成績の良かった者が一番上の順位となります。毎回必ず脱落者が出て、下剋上もあるシステムです。

蕎麦に無限の可能性を与える男が戦いを挑んだのは?

出典: DRAGON CHEF 2021

今回、暫定11位、福島県代表のそば職人、本田孝幸が、戦いたい相手として選んだのは、元公邸料理人で暫定10位の中井建と、フレンチのミシュランシェフで暫定1位の山下泰史。

3人が戦うテーマは、いま世界から注目されている日本の海の幸“ホタテ”。今が旬のホタテは、海外への輸出額がダントツで1位というまさに日本を代表する食材。身だけでなく、貝柱やひもなど使い方次第で、どんな料理にもなりえます。

今回は、その可能性をどう引き出すのかが問われます。制限時間は45分。3人はどんな料理を見せてくれるのでしょうか?

暫定1位、福岡でミシュラン一つ星のフレンチレストランのオーナーシェフ、山下泰史が使うのは、ホタテの身。そこに合わせるのは地元九州の五島うどん。フレンチの山下は、ホタテとうどんで一体どんな料理を作るのでしょうか?

一方、現在最下位、そば職人の本田は、酒煎りしたホタテの肝を裏ごし。卵巣、貝柱などホタテの様々な部位も余すところなく使いたいと語ります。

そして暫定10位、元公邸料理人の中井建が用意したのは……ウニ。「ホタテとウニをごまじょうゆで和え、土鍋で焚いたご飯と一緒に召し上がって頂く」といいます。

まさに三者三様、はたしてどんな料理が出来上がるのでしょうか?

出典: DRAGON CHEF 2021

試食では、「香りがすごく楽しいですね! とってもおいしいです」と尾上右近。秋元さくら氏は「日本人としてホッとするところに着地した。本当にホタテの良さを感じました」などの賞賛コメントが相次いだ今回のホタテバトル。「センスのかたまりです! ピカイチですよね」と総監督・須賀を唸らせた料理人は、果たして誰なのでしょうか? そしてここで脱落してしまうのは……!?

『ザ・プレミアム・モルツプレゼンツ DRAGON CHEF 2021』は、夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが、優勝賞金1000万円とNo.1の称号を目指して龍のごとく駆け上がる“料理人の「M-1グランプリ」”。サバイバルラウンドは計10回にわたって放送されます。
そのすべてに勝ち残った料理人だけが次なるステージへ、さらに勝ち進めば決勝ラウンドへと進出できます。決勝ラウンドは、今夏、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット放送予定です。

ぜひチェックしてみてくださいね。

番組概要

ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツDRAGON CHEF 2021〜サバイバルラウンド〜

出典: DRAGON CHEF 2021

放送日時:5月15日(土)深夜0:05~0:35(関西ローカル)

MC:山里亮太
アシスタント:増田紗織 (ABCテレビ アナウンサー)
総監督:須賀洋介(SUGALABO Inc 代表)
ゲスト審査員:尾上右近、秋元さくら、平子昌彦(株式会社隆勝丸/ホタテ生産者)

現在残っているファイナリスト(順位は暫定順位)
1位 山下泰史(福岡)
2位 三和慎吾(山口)
3位 髙木祐輔(東京)
4位 花田洋平(大阪)
5位 井上豪希(東京)
6位 大野嬉々(三重)
7位 中川寛大(京都)
8位 下國伸(北海道)
9位 三島伴博(大阪)
10位 中井建(大阪)
11位 本田孝幸(福島)


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」