グローバルボーイズグループJO1が、ネスレ日本のチョコレート菓子「キットカット」ブランドの公式アンバサダーに就任し、5月12日(水)に開かれた記念イベントに登壇しました。さっそくメンバーたちは、さまざまな種類のキットカットの食レポに挑戦。流ちょうなレポートを披露しました。

「凍らせる派」か「そのまま派」か、さらに…

今回のアンバサダー就任について、JO1のリーダー・與那城奨がこう語ります。

「いままで食べていた『キットカット』の公式アンバサダーとして、JO1が起用されることにびっくりです。僕たちにとってもすごく嬉しいことなので、喜びを実感しながら、みなさんに『キットカット』の素晴らしさを伝えられたらなと思います」

長時間のレッスンや撮影などで「キットカット」が差し入れされることがあっても、たいてい夕方にはなくなってしまうと與那城。「足りないので、もうちょっとほしいですね」と本音をのぞかせて会場を笑いに包みました。

JO1は、日本最大級のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(現在はSEASON2が放送中)から誕生。メンバーは、101人の練習生のなかから視聴者の投票によって選ばれた11人(大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨)で構成されています。

4月28日(水)にリリースされた3RDシングル「CHALLENGER」は初週20万枚超えを記録し、オリコン週間シングルランキング1位(5月10日付)を獲得。デビューシングルから3作連続の初週売上20万枚突破は、史上12組目(男性アーティスト史上6組目)となり、日本を代表するグローバルボーイズグループへと成長し続けています。

イベントでは、メンバーたちがいろいろなフレーバーの「キットカット」の“食べくらべ”食レポに挑戦することに。

まずは、みんなで「キットカット」をパクリ。これからの季節にぴったりの冷凍版キットカットも登場し、メンバーたちが「凍らせる派? そのまま派?」についてトークするなかで、さらに割って食べる派か、割らずに食べる派か、話し合う一幕もありました。

「大人の僕にぴったり!」

ここから、メンバーたちの食レポを振り返ってみましょう。定番の「キットカット ミニ」を食べたのは、川西と豆原です。

川西
「むかしから食べていたので懐かしさも感じる味。冷凍したものは初めて食べたのですが、チョコがより甘く感じました。冷凍するほうも好きかもしれないです」

豆原
「チョコとウエハースの組み合わせが、ものすごく美味しいです。凍らせると、よりサクサク感が出て冷たいので、これからの季節にぴったり。ぜひ皆さんにも、凍らせて食べてほしいと思います」

チョコに黒ビスケットが練りこまれた「キットカット ミニ オトナの甘さ」は、川尻と金城が試食。

川尻
「僕は、わんぱくにガブっといっちゃうんですけど、大人の甘さなので(ちょうどいい)。ビターな大人の甘さがすごくしっかりしていて、いちばん好きな味です。大人の僕にぴったりです!」

金城
「僕は甘党でして、甘いのがめっちゃ好きなんですよ。初めてビターな味を食べたんですけど、めっちゃおいしかったです。最近、21歳になったので(5月6日が誕生日)、それもあるのかなと思って……。ちょっと大人になりました」

ジョリジョリした好きな食感

宇治抹茶を使用した「キットカット ミニ オトナの甘さ 濃い抹茶」を食べたのは、京都出身の大平です。

大平
「『濃い抹茶』と書いてあるので“ちょっと苦いのかな”と思ったんですけど、食べやすくて(世代問わず)幅広く食べていただける『キットカット』じゃないかなと思いました。京都で宇治抹茶を食べたことがあるんですけど、その味と一緒です。めちゃくちゃ美味しいです」

「キットカット ミニ 全粒粉ビスケットin」はその名の通り、全粒粉ビスケットを練り込んだタイプ。鶴房が独特な表現で、その食感を説明します。

鶴房
「全粒粉は体によくて、僕もめちゃくちゃ好き。(食感が)ジョリジョリしました。(周囲からツッコまれると)いや、これマジなんです。ザクザクはもともとあるんですけど、ビスケットでジョリジョリしてめっちゃ好きな食感でした。凍らせるとジョリジョリ感が増す。ガチガチに凍らせてみてもいいかもしれません」

夏はアイス感覚で食べたい

今月発売されたばかりの「キットカット ミニ ミント」は、木全と佐藤が食レポをします。

木全
「チョコレートって、食べたときに口に残るじゃないですか。でもこれは、ほどよく爽やかな味がきて、お口のなかもサッパリする。仕事中とか、ちょうどいいリフレッシュになる味で、糖分を摂取しながら、よしっ! と切り替えられるような『キットカット』でした」

佐藤
「凍らせると、チョコのひんやり感と、ミントの爽やか感を感じるので夏にぴったりですね。ミントのアイスが大好きな方は、本当に好きな味なんじゃないかなって思います」

河野と白岩は、6月14日(月)に発売される「キットカット ミニ 凍らせておいしい クッキー&クリーム」を試食。河野は食レポについて、「めちゃくちゃ得意です!」と自信をのぞかせていました。

白岩
「甘いものを食べたいなと思うときに、特におすすめです。凍らせると、より夏らしい味だなと思いました。ホワイトチョコレートとクッキーの相性がすごくよくて、食感も匂いも楽しめました」

河野
「チョコクッキーの粒が白いクリームのなかに入っていて、それが舌触りでわかるんですよ。それがめちゃくちゃ美味しい。凍らせたものは、サッパリとのどを通る感覚があって食べやすかったです。夏は冷凍庫にためておきたい。アイス感覚で食べたいですね」

そんな河野の流ちょうなレポートに、佐藤が「ちゃんとウマいやん!」とツッコミ。笑いが起こりました。

最後は與那城が、やはり6月14日(月)に発売予定の新商品「キットカット ミニ 常夏マンゴー」を試食。

與那城
「マンゴーの甘さと酸味が、いい感じにバランスとれています。夏といえばフルーツが食べたくなりますが、これはチョコと一緒に糖分をとりながら食べられるので、トレーニングのあとによさそうですね。個人的には、キンキンに凍らせた『常夏マンゴー』を持って、かじりながら海に行きたいです」

このほかメンバーには、サプライズで自分たちの顔が印刷されたオリジナル「キットカット」がプレゼント。世界に1つだけの特別なキットカットに、メンバーたちも大喜びでした。

 


【関連記事】
【写真】なかやまきんに君への違和感の正体
【暴露】パンサー向井が「ロケ弁を食べない理由」
【衝撃】ミルクボーイ内海の“角刈りじゃない”過去の姿
【驚愕】ですよ。の意外な“前職”
【話題】尼神インター誠子「カップル写真」のお相手
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」