毎週土曜日深夜0:05~0:35に放送されている『ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツDRAGON CHEF 2021〜サバイバルラウンド〜』。今回は5月8日(土)に放送された中華の花田シェフ、フレンチの三和シェフ、最年少の徳永シェフが“さつま地鶏の手羽”を使った料理で激突した様子をレポートします。

ファイナリストたちによる生き残りをかけた戦い!

出典: DRAGON CHEF2021

優勝賞金1000万円! 夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが龍のごとく駆け上がる、若手料理人No.1決定戦『DRAGONCHEF2021』。毎回、総監督・須賀洋介シェフが出す課題に挑み、負けた料理人は脱落していくサバイバルラウンドがスタートしています。

今回の料理テーマは“さつま地鶏の手羽”。制限時間は1時間。3人はどんな料理を作り上げるのでしょうか? まず暫定2位の中華・花田シェフは、コーラを使って手羽を煮込むという奇策を。一方、暫定4位の三和シェフはラビオリ。そして最下位12位の徳永は、ブラックチョコレートと手羽を使ったデザートを作るといいます。そんな中、仕上げに入った三和シェフは、40分かけて作ったソースの器を倒し、半分を失ってしまうハプニングも……。
今回、料理を試食するのは、須賀シェフ、ゲストの森泉、手羽を提供してくれた養鶏農家の笹峯大作氏の3人。

出典: DRAGON CHEF2021

まず1人目は、中華の花田洋平シェフ。ANAクラウンプラザホテル大阪のレストランで腕を振るう花田は、これまで20以上の大会で賞を総なめにしてきたコンクールキラー。そんな花田が作ったのは、一度揚げた手羽をコーラで水分が飛ぶまで煮詰めた料理「コーラジーチー」。骨の旨味コラーゲンをしっかり引き出し、中国料理独特の甘辛い味に仕上げました。
さらに花田は、飴細工を使い、缶から流れ出るコーラを皿の上に表現。見た目でも驚かせました。

ゲストの森泉は、「濃厚だけど辛みもあって、レモンが効いているからさっぱりしている」と賞賛。しかし須賀シェフからは、「1時間あってこれくらいしか出来なかったな、中華の巨匠・脇屋友詞だったら5品くらい作っていた。花田さんはそれくらいの勢いを見せられる方だと思う。あとコーラなので甘さが勝ってしまった」と厳しい意見が。

出典: DRAGON CHEF2021

続いては、暫定12位、最年少25歳の徳永未奈子シェフ。徳永は宮崎市の結婚式場に勤務し、料理を作っています。しかしコロナ禍により披露宴は激減。料理をすることの出来ない日々が続きますが、そんな中でもレシピの研究は続け、先輩や上司にアドバイスをもらいながら、ファイナリストに上り詰めました。そんな徳永が今回作った料理は、「手羽先のフォンダンショコラ〜タイムの香り〜」。ワインとフォンドヴォーを煮詰めたソースを甘いチョコレートケーキの中に入れて焼き上げたフォンダンショコラ。それに合わせる手羽は、柔らかく煮込んだものと、揚げたもの。食感の異なる2種類の手羽を甘酸っぱいフォンダンショコラをソースにして味わう、突き抜けた発想の一品です。

森泉は「唐揚げのジューシーさと、ちょっと酸っぱい感じ……色んな味がするけど、不思議とまとまっていてチョコレートと合う!」と、斬新な料理に驚いた様子。須賀シェフも「未奈子さんぽい柔らかい発想力」と評価しつつ、「でもこれは、甘さ、酸味などのバランスを完璧に仕上げるのが難しい料理。さつま地鶏を使っているので、その良さをもうちょっと……発想力だけではなく、食材へのリスペクト……ちょっと遊びが強くなっちゃったかな」と指摘しました。

出典: DRAGON CHEF2021

最後は、暫定4位の三和慎吾シェフ。パリで星を獲った日本人シェフとして名を馳せる吉武広樹シェフのもと、「Sora(ソラ)」で腕を磨いた三和は、帰国後、山口県の郊外に建つ古民家に移住。自らの手でコツコツ改装し、3年前、フレンチレストラン「mitsuwa」をオープン。夫婦で切り盛りする店では、広大な自家菜園で育てた野菜を出しています。そんな三和が作った料理は「mitsuwa 波瑠の香り」。山口名産のみかん「ゆめほっぺ」と山椒をはさんだパスタ生地に、やわらかく煮込んだ手羽を包んでラビオリに。さらに自家菜園で育てたフェンネルのソテーを手羽先の中に詰めて揚げました。決め手となるソースは、手羽の出汁にバター、生クリーム、山口県名産のみかん「ゆめほっぺ」の果汁を入れ、絶妙なバランスでしたが、終了間際に半分こぼしてしまう痛恨のトラブル。同じ材料をあわてて継ぎ足し、何とか間に合わせました。

「私の好きなものばかり入ってる。ソースも美味しいし、色んな食感が味わえるので食欲が増します」と、満足そうな森泉。須賀シェフは「センスいいですよね」と褒める一方、「ソースは強引に間に合わせた感がある。ゆめほっぺは糖度の高いみかんなので、果たして合うのかなという気がした。でも料理としては美味しかった」と評しました。

総監督・須賀シェフが審査結果を発表!

出典: DRAGON CHEF2021

森泉と笹峯氏の意見を参考に、最終的なジャッジを下すのは、総監督・須賀。審査結果は、1位が三和、2位が花田となり、最年少の徳永が脱落。4位の三和が2位に上がる下剋上が起きました。惜しくも敗れた徳永は、「1位をとって、お世話になっている人たちや家族に恩返しがしたかったので、すごく悔しいです」と、涙を流しました。

そしてMC山里が、最高の闘いを終えた敗者と一緒にザ・プレミアム・モルツで乾杯する「Last Skål(ラストスコール)」。山里から今の気持ちを聞かれた徳永は、「もっと勉強しないといけないなという気持ちが芽生えてきました。でも(年齢制限の39歳まで)あと16 回出られるので」と語り、山里も「結構いけるね!」とエールを送りました。

次回5月15日(土)は、日本が誇る海の幸、ホタテを使った料理バトル!
最下位の本田孝幸シェフ(福島県)が1位のシェフを引きずり出しますが、果たして下剋上はあるのでしょうか……!?

番組概要

ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツDRAGON CHEF 2021〜サバイバルラウンド〜
放送日時:毎週土曜日 深夜0:05~0:35(関西ローカル)
ABEMAでは放送と同時間帯に配信
TVer/ABEMAビデオで見逃し配信あり
ビデオページはこちらからチェック!
MC:山里亮太
アシスタント:増田紗織 (ABCテレビ アナウンサー)
総監督:須賀洋介(SUGALABO Inc 代表)
ゲスト:森泉、笹峯大作(とり肉 大作/鶏の手羽 生産者)

サバイバルラウンド進出シェフ(5月8日(土)終了後順位)
北海道・東北:本田孝幸(福島)(11位)、下國伸(北海道)(8位)
関東・甲信越:髙木祐輔(東京)(3位)、井上豪希(東京)(5位)
東海・北陸:大野嬉々(三重)(6位)
近畿:三島伴博(大阪)(9位)、花田洋平(大阪)(4位)、中井建(大阪)(10位)、中川寛大(京都)(7位)
中国・四国:三和慎吾(山口)(2位)
九州・沖縄:山下泰史(福岡)(1位)、徳永未奈子(宮崎)(脱落)


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」