5月8日(土)深夜0時5分~0時35分(関西ローカル)放送の『DRAGON CHEF2021』で、最下位シェフが上位シェフ2名を指名し、3人で戦う下剋上バトルが勃発します!

出典: DRAGON CHEF 2021

夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが龍のごとく駆け上がる、若手料理人No.1決定戦『DRAGONCHEF2021』。エリア予選を勝ち抜いた16名の若き料理人たちが、総監督・須賀洋介シェフが出す課題に挑み、負けた料理人は脱落していくサバイバルラウンドがスタートしています。

前回の放送で“農園バトル”が決着、4名が脱落し12名で、サバイバルラウンドの次なるステージがスタートしました。ここからは、毎回暫定最下位のシェフが戦いたい相手を2人指名し、その3名で料理バトルを行います。

5月8日(土)の放送では、ファイナリストの中では最年少の25歳、“料理界のあい2みょん”こと宮崎県代表の徳永未奈子、中華を極めるコンクールキラー・大阪府代表の花田洋平、料理維新をめざす古民家フレンチのシェフで、山口県代表の三和慎吾の3人が、テーマ食材の「鶏の手羽」で激突します!

現在最下位の徳永はチョコレート、現在2位の花田はコーラ、そして現在4位の三和は地元山口名産のみかん「ゆめほっぺ」などを使い、三者三様、驚きの創作料理を作り上げます。

MC山里が「味の想像がつかない」と興奮し、ゲスト審査員の森泉から「未知との遭遇!」という言葉まで飛び出した今回の料理バトル。果たして最下位徳永の下剋上は起きるのでしょうか? 脱落してしまうシェフは誰なのでしょうか…!?

下剋上バトルがスタート!

出典: DRAGON CHEF 2021

農園バトルを最下位の12位で通過した宮崎県代表、徳永未奈子。彼女が戦いたい相手として選んだのは、自分よりかなり上位の、現在暫定2位の大阪府代表、花田洋平と、現在暫定4位の山口県代表、三和慎吾。

MC山里から二人を指名した理由を訊かれた徳永は、「違うジャンルの人、同じジャンルの人と直接対決してみたかった」と話すが、受けた立つ二人は「はずれくじを引いたんじゃないですか」(花田)、「負ける気はないし、あわよくば2位になれる」(三和)と鼻息が荒い様子。

このバトルでは、3人の中で最も成績の悪かった者が脱落。残った2名は成績順に、3人のバトル前の順位枠に入ることができます。例えば、現在12位の徳永が今回のバトルで1位になり、2位の花田が脱落した場合、徳永が一気に2位に浮上。成績下位の者にとっては、まさに夢の下剋上システムです。

そんな3人が今回挑むテーマ食材は『鶏の手羽』。「皆さんの発想力を試すために、あえてありふれた食材を選んだ。大自然の中でのびのびと育った薩摩地鶏の良さを生かせるかが勝負のカギ」と語る須賀総監督。

貴重な薩摩地鶏を提供してくれた鹿児島県の養鶏農家、笹峯大作さんもゲストとして参加。自身が手間暇かけて大切に育てた地鶏が若き料理人の運命を左右するため、「責任重大」と語り、シェフたちに熱い視線を送ります。

チョコレートにコーラ…異次元の創作料理

出典: DRAGON CHEF 2021

スタジオに緊迫感が漂う中、いよいよ料理バトルがスタート。今回の調理時間は1時間。

まず一同の注目を集めたのは、いきなりコーラの缶を取り出した中華の花田洋平。「中国料理らしいパンチのある一品をつくりたい」と、鶏の手羽を一度揚げた後、コーラで丁寧に煮込んでいきます。さらにコーラの缶を使い、皿にオブジェのような飴細工も施していく花田。一体どんな料理が出来るのでしょうか?

一方、鶏の手羽を使う料理にも関わらず、チョコレートを溶かし、山里らを驚かせるのは、徳永未奈子。ブラックチョコレートでフランスのチョコレートケーキ・フォンダンショコラを作り、その中に赤ワインとフォンドボーを煮詰めたのち冷蔵庫で固めたものを投入。それをソースのように揚げた手羽先につけて食べるのだといいます。フレンチの巨匠・須賀総監督でさえ、「見たことがない」と語るまさに異次元の創作料理。山里も「味の想像がつかない!」と興味津々です。

そして鶏の手羽先の中に、たけのこ、山口名産のみかん「ゆめほっぺ」などを入れ、コンソメスープで煮込んでいくのは、山口代表の三和慎吾。そうして出来た鶏の手羽先を刻み、山椒、ゆめほっぺなどを練り込んだラビオリで包んでいきます。そこに、手羽先を煮たコンソメ、ゆめほっぺのジュース、バターなどを入れたソースをかけ、料理は完成するのですが……。制限時間が迫る中、仕上げでまさかのハプニングが……!

さらに今回番組では、料理番組に革命を起こすカメラアングルも採用。なんと包丁にカメラが付けられ、誰もみたことのないアングルからの映像で調理シーンが見られるように!

出典: DRAGON CHEF 2021

料理の試食では、ゲストの森泉や生産者の笹峯大作から「未知との遭遇」、「この味好きです」、「おいしいです」と好意的なコメントが相次ぎますが……。はたして須賀総監督の評価は? 最下位徳永の下剋上は起きるのでしょうか? そしてこのバトルで脱落してしまうのは誰なのでしょうか!? 3人の熱い戦いから目が離せません。

『ザ・プレミアム・モルツプレゼンツDRAGON CHEF 2021』は、夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが、優勝賞金1000万円とNo.1の称号を目指して龍のごとく駆け上がる“料理人の「M-1グランプリ」”。サバイバルラウンドは計10回にわたって放送されます。
そのすべてに勝ち残った料理人だけが次なるステージへ、さらに勝ち進めば決勝ラウンドへと進出できます。決勝ラウンドは、今夏、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット放送予定です。

ぜひチェックしてみてくださいね。

番組概要

ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツDRAGON CHEF 2021〜サバイバルラウンド〜

出典: DRAGON CHEF 2021

放送日時:5月8日(土)深夜0:05~0:35(関西ローカル)
毎週土曜日深夜0:05から放送
(ABEMAでは放送と同時間帯に配信。ABEMAビデオ・TVerで見逃し視聴あり。)
ビデオページはこちらからチェック!

MC:山里亮太
アシスタント:増田紗織 (ABCテレビ アナウンサー)
総監督:須賀洋介(SUGALABO Inc 代表)
ゲスト審査員:森泉、笹峯大作(とり肉大作/鶏の手羽生産者)

サバイバルラウンド進出シェフ(順位は暫定順位)
1位 山下泰史(福岡)
2位 花田洋平(大阪)
3位 髙木祐輔(東京)
4位 三和慎吾(山口)
5位 井上豪希(東京)
6位 大野嬉々(三重)
7位 中川寛大(京都)
8位 下國伸(北海道)
9位 三島伴博(大阪)
10位 中井建(大阪)
11位 本田孝幸(福島)
12位 徳永未奈子(宮崎)


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」