4月30日(金)、山梨県庁にて「よしもと山梨動画応援隊」発足会見が行われ、隊員として出席したロバート・馬場裕之、ダンビラムーチョ、世間知らズ、ナイチンゲールダンスに渡邊山梨県副知事より、任命状が授与されました。

「よしもと山梨動画応援隊」は、山梨の魅力を県内外の幅広い世代にPRする動画を配信していく活動を主な取り組みとしており、ニューヨーク(この日はメッセージ動画にて参加)を隊長に、ロバート・馬場裕之やダンビラムーチョ、世間知らズ、ナイチンゲールダンスなどの山梨にゆかりのある芸人やはいじぃ、鈴川絢子といった大人気YouTuber芸人が隊員を務める応援隊となっています。

「山梨県を存分にPRしてください」副知事から期待の声!

山梨県庁で行われた会見には多数のマスコミが集まり、「よしもと山梨動画応援隊」の注目の高さが伺えました。ロバート・馬場裕之、ダンビラムーチョ、世間知らズ、ナイチンゲールダンス登壇のあと早速、渡邊副知事より歓迎と激励のお言葉を頂き、その後、隊長のニューヨークのメッセージ動画が流れ、「これから隊長として僕らも頑張ります!」と熱い意気込みを語る様子が紹介されました。

ロバート馬場「山梨は芸歴1 年目からゆかりがあります」と驚きのエピソードを披露

渡邊副知事から芸人を代表して任命状を受け取ったロバート馬場は、「実は山梨には芸歴1年目の頃から来ていて、甲府にある山梨放送さんの外壁に鳩除けの柵を設置するというバイトを、相方の秋山とともに3日間した事があるんです!」と驚きのエピソードで会場を沸かせていました。

また3年前からセカンドハウスを山梨に構えたいと物件探しをしている事や、山梨の名産品のシャインマスカットを豚バラで巻いて焼いて食べるというアレンジレシピも披露。早速、「よしもと山梨動画応援隊」の隊員として、山梨好きをアピールしていました。

得意ジャンルを活かした動画を制作し山梨をPR

ナイチンゲールダンス・中野なかるてぃんは山梨県昭和町の出身。父・母ともに医者で、江戸時代から7代続く医者家系に生まれたという異色の経歴を持っています。「よしもと山梨動画応援隊」では、「医者家系ならではの動画を作ります。やまなしの医療は僕にお任せください!」と謎のボケで会場をザワつかせていました。

世間知らズ・椎木ゆうたは、ニューヨークの嶋佐と同じ富士吉田市の出身。高校生の頃は柔道で県のチャンピオンに輝き、国体にも出場経験があるそう。「よしもと山梨動画応援隊」では、椎木は柔道やスポーツに絡んだ動画を、お菓子作りが趣味の西田は、山梨のフルーツを使ってお菓子を作る動画をあげてみたいと、それぞれ得意ジャンルを活かした動画制作に意欲を見せていました。

ダンビラムーチョ・大原優一は甲府市の出身。相方・原田フニャオとともに山梨では、5年以上レギュラー番組をもっており、県内の知名度も抜群。二人とも元野球部という経歴を活かし、自身のYouTubeチャンネルでは野球部あるある動画を2013年からUPしています。「よしもと山梨動画応援隊」でも山梨の野球チームを訪問するなど野球に関連した動画も作ってみたいと熱い想いを語っていました。

山梨の魅力を日本中、そして世界中に紹介していくため「よしもと山梨動画応援隊」は、来年の3月まで様々な動画を配信していきます。

まずは5月7日(金)、今回の発足会見の舞台裏動画がUP予定。その後は、山梨の食や人、名所などを随時ご紹介していきますので、「よしもと山梨動画応援隊」の活動にぜひご注目ください。

山梨県庁公式YouTubeチャンネル「山梨チャンネル」はこちら

【関連記事】
【写真】怖すぎ…ネギ先端に現れた“物体の正体”
【減量】吉本新喜劇・五十嵐サキが86kgから驚きの姿へ
【動揺】NON STYLE石田、妻のブログに“衝撃の事実”
【反響】元はんにゃ川島に相方から「16年ぶりの頼み事」
【悲痛】ゆいPが明かした「オカリナがためらう理由」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」