5月2日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、寺島しのぶ、ロンドンブーツ1号2号・田村淳、ふぉ~ゆ~・辰巳雄大を迎えました。

バラエティーの急激な変化に困惑

イベント中に無理やりキスをされたとして、岡本夏生が1円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁がふかわりょうに賠償を命じる判決を言い渡しました。

淳は、テレビでの企画では暗黙の了解でお互いの了承を得るが、今回はそれがうまくいかなかったケースだとコメント。昨今のバラエティーの潮目も変わっているようで「今後、そういうのが封じられていくのかなと思います。僕、散々人のことを落とし穴に落としているので……。『落とし穴に落ちたくなかったです』って言われたらそうだし、落とす前に『落とすよ』って言って落とすのも違うし」と語ります。

 出典: フジテレビ

一方、松本は「関係性ですよね。ふかわくんと岡本さんの関係がどうなっていたのか。今回はふかわくんが謝るしかないのかなと思う。“乗ってくれる人や”と、見誤ったんでしょうね」と述べます。

続けて、これからする話は、岡本とふかわのケースではないとした上で「たとえば、タレントのA子さんが話し出しました、それが全然面白くもなく、オチもなく、現場が悲惨な空気になった時に、(こちら側が)強くツッコんだら、結構ウケて、“良かった”ってなったんですけど、その日の夜にブログかTwitterで『すごく傷ついた。私はあんなことを言われたことがないし、悔しくて眠れません』って書かれたら、こちらは負けというか、少なからず、そちら側(A子)につく人がいますよね」と松本。

そうなった際、世間から「人を傷つける笑いは最低だ」「松本は考え直せ、潮時だ」と言われるだろうと推測。「完全に主導権は向こうにあって、こっちはそれを言われたら『すみません』しか言えないんですよ。すごく危ない仕事になっているなっていうのは感じます。ここを見誤ってはいけない」と、バラエティ番組に出る芸人として本音をこぼしました。

笑いを獲る方法もシフトチェンジ

松本は、タレントなどと共演した際、昔であれば、思いついた的確なワードをぶつけていたものの、最近では「(頭の中で)3つくらいあって、ソフトな方(ツッコミやワード)を選んでいる自分がすごく情けない。どんどんそうなってきているんですよ」とこぼします。

 出典: フジテレビ

容姿・体型イジリを極力避けているというのは淳。「『なんでそういうことをしちゃう精神状態なんですか?』みたいな……。イジリ方としては遠回りなイジリ方になっている」と言います。

このほか、番組にIKKOがゲストに来ていたものの、IKKOが笑いをとる姿を静観するような形になったという話になると「IKKOさんは(本人がヨシとしているので、イジっても)いいんじゃないんですか?」との声が。しかし、東野は「IKKOさんはいいけども、IKKOさんを通して観ている方が、不愉快に思うっていうパターンがある」と反応していました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00~
公式サイトはこちら



【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」