毎週土曜日深夜0:05~0:35に放送されている『ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツDRAGON CHEF 2021〜サバイバルラウンド〜』。今回は5月1日(土)に放送された“農園料理バトル”後半戦の様子をレポートします。

サバイバルラウンドスタート!

出典: ©DRAGON CHEF2021

優勝賞金1000万円! 夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが龍のごとく駆け上がる、若手料理人No.1決定戦『DRAGONCHEF2021』。毎回、総監督・須賀洋介シェフが出す課題に挑み、負けた料理人は脱落していくサバイバルラウンドがスタートしています。

5月1日(土)は、761人のエントリーから勝ち抜いたファイナリスト16名が、千葉・柴海農園の野菜を使って独創的な料理を作る“農園料理バトル”後半戦が放送されました。いよいよ須賀シェフから審査結果が発表され、4名が惜しくも脱落することに……!

“農園バトル”後半戦の結果は…!?

出典: ©DRAGON CHEF2021

イタリアン出身、ITベンチャーでメニュー開発を手がける野崎翠(35)が作ったのは、「大地が奏でる 根菜のカルテット」。薄くスライスしたビーツをラビオリ仕立てに。中にレモンや味噌で味付けしたリコッタチーズを包み、さらに里芋は細かくカットし、小麦粉で繋いで揚げました。自然や大地の香りを表現した一皿に、須賀シェフからは「世界観がきれい」という一方で「全体がちょっとドライ、もう少し春のみずみずしさが出れば……」という指摘が。

ファイナリスト最年少、宮崎県代表の徳永未奈子(25)が作ったのは、「キャロット アン クルート ド セル」。人参を山東菜に包み、塩釜焼きにし、柔らかくなった人参の中をくりぬき、人参と生クリームのムースを挿入。火入れに使った炭と塩釜の一部を使って枯山水に見立てました。須賀シェフは「皿の上にすごく作り込んでいるのは新鮮。見た瞬間につかまれた」と賞賛。

博多の破天荒ミシュランシェフ、山下泰史(35)が作ったのは、「カブと山東菜のマリネ」。黄色人参、蕪、山東菜など6種類の野菜をじっくり煮込み、かつお出汁を使ってスープを仕上げました。スープの真ん中には、薄くスライスした蕪と人参を重ね、塩とレモンでマリネし、山東菜で巻いたものを浮かべました。須賀シェフは「スープが優しくて、一番柴海農園の情景を表している」と高く評価しました。

惜しくも脱落した4名とは!?

出典: ©DRAGON CHEF2021

農園バトルから2週間後、16名のファイナリストが初めて足を踏み入れた「DRAGON CHEF」のスタジオ。シェフもMCの山里も驚く豪華なセットの前で、総監督・須賀洋介シェフから審査結果が発表されました!

1位は、野菜の旨味を凝縮させたスープで須賀を唸らせたフレンチの山下泰史(福岡県代表)。
2位は、飾り包丁で鳳凰を表現、技術の高さを見せつけた中華の花田洋平(大阪府代表)。
3位は、野菜の皮を餡にし、コンセプトの強い水餃子を作った中華の高木祐輔(東京都代表)。
4位は、低温で火を入れることで人参の甘さを極限まで追求したフレンチの三和慎吾(山口県代表)。
5位は井上豪希(東京都代表)、6位は大野嬉々(三重県代表)、7位は中川寛大(京都府代表)、8位は下國伸(北海道代表)、9位は三島伴博(大阪府代表)、10位は中井建(大阪府代表)、11位は本田孝幸(福島県代表)、12位は徳永未奈子(宮崎県代表)という結果に。

佐藤翔太(石川県代表)、野崎翠(東京都代表)、井原尚徳(高知県代表)、ポンポコ団キング(東京都代表)の4名は脱落となりました。

「もう少し戦いたかった……」と年齢制限で今回が最初で最後の挑戦だった佐藤、「地元の方が応援してくださっていて本当に悔しい」という井原、「すごい人たちと戦って、皆と絆ができた」という野崎に対し、芸人であるポンポコ団・キングは、「力及ばず……、でも僕には『M-1グランプリ』があるので」とさっそく気持ちを切り替えていました!?

生き残りをかけたバトルがスタート!

森泉をゲストに迎え、いよいよ次なるサバイバルラウンドのステージがスタート。ここからは、毎回暫定最下位のシェフが戦いたい相手を2人指名し、その3名で料理バトルを行ないます。

そして審査員が試食の後、総監督・須賀が順位を発表。ここで一番成績の悪かった者が脱落。残った2名は成績順に、戦った3人のバトル前の順位枠に入ることができます。毎回必ず脱落者が出て、さらに、上位者を指名して勝ち残れば一気に順位を上げることができる下剋上もあるシステムです。

出典: ©DRAGON CHEF2021

現在最下位の徳永未奈子が戦いたい相手として指名したのは、なんと自分よりかなり上位となる2位の花田洋平と4位の三和慎吾!
「勝てる自信がある」という最年少・徳永に対し、「(徳永シェフは)ハズレくじをひいたんじゃないですか」(2位の花田)、「負ける気はないです」(4位の三和)と闘争心を燃やします。

鹿児島県の養鶏農家、笹峯大作さんが提供してくれた「鶏の手羽」をテーマに、生き残りをかけたバトルが開始。これまで20以上のコンクールで入賞してきたコンクールキラー花田は、コーラで手羽を煮込むという驚きの料理を。一方、ギリギリ12位で通過の徳永は、ブラックチョコレートを使い、手羽を使ったデザートを。そして4位の三和は、なんとラビオリを作るといいます。

まさに三者三様。一体どんなものができるのでしょうか? そして脱落するのは!?
次回 5月8日(土)の放送で、驚きの手羽料理が審査員を唸らせます!!

ぜひチェックしてみてくださいね。

番組概要

ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツDRAGON CHEF 2021〜サバイバルラウンド〜
放送日時:毎週土曜日 深夜0:05~0:35(関西ローカル)
(ABEMAでは放送と同時間帯に配信
TVer/ABEMAビデオで見逃し配信あり
ビデオページはこちらからチェック!
MC:山里亮太
アシスタント:増田紗織 (ABCテレビ アナウンサー)
総監督:須賀洋介(SUGALABO Inc 代表)

サバイバルラウンド進出シェフ
北海道・東北:本田孝幸(福島)、下國伸(北海道)
関東・甲信越:野崎翠(東京)、髙木祐輔(東京)、井上豪希(東京)、ポンポコ団キング(東京)
東海・北陸:大野嬉々(三重)、佐藤翔太(石川)
近畿:三島伴博(大阪)、花田洋平(大阪)、中井建(大阪)、中川寛大(京都)
中国・四国:井原尚徳(高知)、三和慎吾(山口)
九州・沖縄:山下泰史(福岡)、徳永未奈子(宮崎)


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」