5月23日(木)、東京・六本木ミッドタウンにて開催された『ミズノフットボール新シューズ「REBULA 3」発表会』に、ブランドアンバサダーの吉田麻也選手(プレミアリーグ・サウサンプトン)、フェルナンド・トーレス選手(Jリーグ・サガン鳥栖)が登壇。MCの平畠啓史とともに、シューズへのこだわりや、サッカー愛を中心に楽しいトークを繰り広げました。

2017年1月に登場した『REBULA(レビュラ)』は、“決定的なプレーを生み出すためのシューズ”をコンセプトにスピードとボールタッチの機能を追求したサッカーシューズ。今回、シリーズ3代目となるREBULA3のトップモデルとして、『REBULA3 JAPAN』がお披露目されました。

トーレスが白いシューズを愛用する理由とは?

控え室では、ミズノのスタッフを交えながらシューズについて意見を交わしていた吉田選手とトーレス選手。その様子を見ていた平畠が、吉田選手に「“僕からの意見だと通らないんで、トーレス選手お願いしますよ”って言うてましたやん」と切り込むと、吉田選手は「やっぱりトップダウンが一番だから!」と笑います。

ふたりともREBULA3の出来栄えに満足しているようで、トーレス選手は「細かい部分まで意見を言い合った結果、いいものができました。昨日(練習で)使ってみて、とてもいいなと思いました」と絶賛しました。

「選手同士で“いいスパイク履いてんじゃん!”みたいなやりとりってあるんですか?」という平畠の質問に、「セスク選手に“それ、なんてスパイク?”って言われたので、“ミズノ! メイドインジャパン!”って答えました」と吉田選手。「白いシューズが好き。軽くて走れるような気がするんですよ」との意見には、トーレス選手も「僕もです。自分のスパイクは白にしてくれっていつも言ってます」と同調します。

平畠から白がいいのか聞かれると、トーレス選手は「小さい頃、リヴァウド(バルセロナにかつて所属していた元ブラジル代表)が白いシューズを履いていたのを見て以来、ずっと白ですね」ときっかけを明かしました。

岡崎慎司選手からの質問に吉田選手「誘導してる!」

その後、SNSに寄せられた質問に答えていくふたりでしたが、同じくミズノを愛用する元日本代表の加地亮氏、そしてこの日発表された『キリンチャレンジカップ』の日本代表メンバーに選ばれた岡崎慎司選手からも質問が!

岡崎選手からの質問は「今までのサッカー人生で一番の親友は?」「マヤ、トーレス、サッカーは好きか?」と、サッカー漫画の金字塔である『キャプテン翼』と『シュート!』にちなんだもの。吉田選手は「これは誘導してる!」と苦笑します。

一方、トーレス選手は「サッカーは好きです。トレーニングも好きだし、試合も好きだし。勝つことはもっと好きだし、勝ってファンが喜んでくれることも好き。負けると悔しいですけど、翌日もうちょっとうまくなってやろうと思う気持ちも含めて、サッカーが好きです」と真摯にコメント。吉田選手と平畠は「100点の答え!」と絶賛しました。